はじめてでも簡単!綺麗に染まる白髪染めランキングTOP5

Pocket

129 views

白髪染めは長い期間ずっと使い続けるものなので、できたら手間いらずで簡単に使えるものがあればいいですよね!

美容室で染めてもらえばもちろん綺麗に染めてもらえますが、やっぱりコスト面を考えると、自宅で簡単に手早く染められる商品があるのはやっぱり嬉しいものです。

そこで今回は、自宅で簡単に染められるおすすめの白髪染めを紹介していきます。

当サイト「オンナの教科書」では、世間でも人気の白髪染めを8つ厳選し実際に試していますので、本当に使いやすかったもののみをランキング形式でお伝えしています!

ぜひ、商品選びの参考にしてくださいね♪

簡単に白髪染めができる商品一覧

当サイトでは髪・頭皮へのダメージやアレルギー発症のリスクを考慮して、ジアミンを含んでいないHC染料と塩基性染料で髪を染める塩基性カラー(ヘアカラートリートメント等)をおすすめしています。

実際に試した商品一覧がこちら!

利尻ヘアカラートリートメント 簡単・お手軽さ 成分 当サイト総合ランキング
利尻ヘアカラートリートメント

1位
素手でも染められます 要注意成分:ステアラミドプロピルジメチルアミン、PEG-40水添ヒマシ油 等 成分のやさしさ等の面から1位にランクイン
ヘアカラートリートメントの中では珍しく一部のドラッグストアで手に入る大人気商品で、成分がやさしいため素手で染めることもできます。
LpLpヘアカラートリートメント 簡単・お手軽さ 成分 当サイト総合ランキング
LpLp ヘアカラートリートメント

2位
素手でも染められます 要注意成分:ステアルトリモニウムブロミド、ステアラミドプロピルジメチルアミン 等 成分のやさしさ等の面から2位にランクイン
濡れた手で使用して使用後すぐに洗い流すなら素手で使うことができます。(基本的にメーカーは爪に付くため使用時手袋をすることを推奨しています)
LPLPヘアカラーフォーム 簡単・お手軽さ 成分 当サイト総合ランキング
LpLpヘアカラーフォーム

3位
泡なので髪全体に染料を広げやすいです 要注意成分:ベンジルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、イソプロパノール 等 泡タイプで使いやすいのでカラートリートメントに次いで3位にランクイン
泡状の商品なので白髪染めに慣れていなくても全体をムラなく染めることができます。ノンジアミンなので市販の泡カラーがかぶれる人でも使えます。
レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー 簡単・お手軽さ 成分 当サイト総合ランキング
レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

4位
別売りのポンプを使うとプッシュして使えます 要注意成分:セトリモニウムクロリド、オレイン酸グリセリル、イソプロパノール 等 ポンプ式で使いやすく濃い色に染まるので4位にランクイン
専用ポンプを本体に取り付けると、片手でもすぐにプッシュして染料を取り出すことができ、量も調整しやすいです。
POLAグローイングショット 簡単・お手軽さ 成分 当サイト総合ランキング
POLA グローイングショットカラートリートメント

5位
放置時間が5分で染まる商品です 要注意成分:ステアラミドプロピルジメチルアミン、イソステアロイル加水分解コラーゲン 等 たった5分で染まる利便性の高さで5位にランクイン
白髪染めの商品には5分で染まる商品はほとんどありませんが、グローイングショットカラートリートメントは5分でちゃんと色が入る商品です。
マイナチュレオールインワンカラートリートメント 簡単・お手軽さ 成分 当サイト総合ランキング
マイナチュレオールインワンカラートリートメント

成分がやさしく素手でも使えます 要注意成分:ステアルトリモニウムクロリド、イソプロパノール 等
付属の手袋はありますが、公式サイトに素手でも使えると記載されています。
利尻カラーシャンプー 簡単・お手軽さ 成分 当サイト総合ランキング
利尻カラーシャンプー

普段のシャンプーを置き換えるだけです 要注意成分:4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール
普通のシャンプーと同じように使えます。ヘアカラートリートメントと併用すると、より染まりやすくなります。
クロエベール 簡単・お手軽さ 成分 当サイト総合ランキング
クロエベール

泡なので髪全体に染料を広げやすいです 要注意成分:ステアルトリモニウムクロリド、イソプロパノール 等
泡状の商品なので白髪染めに慣れていなくても全体をムラなく染めることができます。ノンジアミンなので市販の泡カラーがかぶれる人でも使えます。

 

簡単で綺麗に染まる白髪染めランキング

クロエベール

泡だから乾いた髪にすぐ使えます

泡タイプの白髪染めカラーフォームの中では入っている成分が最も髪にやさしく、安心して使えます。乾いた髪に手軽に使用でき、お風呂に入る前に使えるので、使い忘れる心配もありません。容量が少ないのでコスパはさほど良くないですが、自分で簡単に白髪を染めたい方には最適な商品です。

価格 【定期購入】2,880円(税別)
【通常購入】3,200円(税別)
総合評価
美容成分 サクラン・9種の植物原料をはじめ30種のこだわり成分

【編集部のコメント】

コスト面でもう少し安ければ…とは思いますが、定期コースだと3,000円以下で安く購入できていいですね!上質感のあるパッケージとワンプッシュするだけで手のひらに泡が広がりすぐ使えるお手軽さ。手に取りやすく使いやすいので白髪染めが習慣化しやすく一度は試してみてほしい商品です。

LPLPヘアカラーフォーム

白髪染め初心者でも手早くキレイに染まる泡の白髪染め

泡タイプの商品で、白髪染めを使うのがはじめての人が使っても、3日連続して使うときちんと髪の色が染まります。全体染めする人におすすめです。

価格 【通常】3,780円(税込)
総合評価
美容成分 ガゴメエキス・グリセリン・ソルビトール・水添コメヌカ油・ヒアルロン酸Na・セラミド・グリシン
ルプルプ泡ヘアカラーフォームの使い方は? ルプルプ泡ヘアカラーフォームの中身は?

【編集部のコメント】

白髪染め初挑戦の編集者が使ってみたのですが、専用コームで素手を汚さず簡単に染めることができ、タオル等への色移りもありませんでした。白髪染めがはじめてだとなかなか色が入りにくいと言われますが、3回使ったらしっかり色が入りました。

POLAグローイングショットヘアカラートリートメント

5分で染まる有名化粧品メーカーPOLAの白髪染めカラートリートメント

ポーラのグローイングショットは、使い方が他のカラートリートメントと一緒なのに、放置時間が5分とかなり短時間で髪が染まるのが好評な商品です。

価格 【通常】3,132円(税込)
総合評価
美容成分 人参エキス・パントテニルエチルエーテル・酢酸トコフェロール・グリチルリチン酸2K

【編集部のコメント】

あの有名化粧品ブランドポーラの商品。通常だと10分以上放置するのが当たり前のカラートリートメントで「5分で染まる」商品となると、時間が無い時は無意識に手が行ってしまいます。若干、成分の刺激は強めですが、ノンジアミンで美髪成分も豊富ですし、時間をかけたくない人にはおすすめのカラートリートメントです。

レフィーネ  ヘッドスパトリートメントカラー

ポンプスタンドを装着すると使いやすさがピカイチに!

専用のポンプスタンドを使用すれば、市販のトリートメントと同じような感覚でプッシュして簡単に使えるレフィーネ。ボトルタイプやチューブタイプのカラートリートメントよりも量の加減も調整しやすく、片手でも簡単に染毛料が取り出せます。

価格 【定期購入】2,894円(税込)
【通常購入】3,600円(税込)
総合評価
美容成分 ムラサキ根エキス・ウコン根茎エキス・オタネニンジン根エキス 他

【編集部のコメント】

ボトルスタンドが別売りなのが残念ですが、このポンプスタンドを使うのと使わないのとでは、使いやすさに雲泥の差が!装着して使うと、白髪染めの中でももっとも使いやすい商品に様変わり。ポンプスタンドは何度も繰り返し使えるので、最初だけちょっとだけお金かかりますが、数百円を惜しまず、絶対にポンプスタンド付で購入しましょう。深みがある髪色に染まるのでしっかり濃い髪色にしたい人におすすめです。

利尻ヘアカラートリートメント

素手で使っても手に付いた染毛料が簡単に落ちました!

白髪染めカラートリートメントの中でもっともメジャーな商品。そして成分のこだわりもすごく28種類ものうるおい成分が配合されているので仕上がりにツヤが出ます。

価格 【初回お試し】2,160円(税込)
【通常】3,240円(税込)
総合評価
美容成分 リシリコンブエキス・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・カキタンニン
他、植物由来28種のうるおい成分配合

【編集部のコメント】

私は上記の写真のように実際に素手でトリートメントを使ってみたので、使用後に念入りに手洗いすれば、手でも難なく白髪染めできることを知っています。利尻ヘアカラートリートメントは、染まりやすさには賛否が分かれるものの、他のカラートリートメントより髪や頭皮の刺激になる成分が少な目なので、髪を労わりながら染めたい人におすすめできる商品です。

当サイトのイチオシ!はじめてでも簡単に使える白髪染めは「クロエベール」

モコモコ泡で乾いた髪にもやさしく全体染めできるクロエベール

  1. モコモコの泡で髪全体を包むからムラなく全体染めできる
  2. 9種類の植物由来原料配合!
  3. 染め上がりの髪がスルンとまとまりツルツル
  4. 液ダレや変なニオイもなく軽い使用感
  5. 定期コースなら3,000円以下で購入可

今回、自宅で簡単に白髪染めできる商品で最もおすすめだったのは「クロエベール」です。

泡タイプの商品の成分はヘアカラートリートメントよりも刺激が高めなものもありますが、クロエベールは植物由来原料を豊富に含んでいて、髪への刺激も少ないです。アレルギーを発症しやすいジアミンはもちろん無添加。

実際、使ってみてトリートメントじゃないのに、仕上がりの髪にツヤが出たことに驚きました!

クロエベールは白髪染め初心者が安心して白髪染めを始められる要素が詰まっています。

簡単に染めるために重要な白髪染め選びの3つのポイント

家で簡単に白髪染めをするために大事なのが商品選び。商品の選ぶときに大切な三つのポイントを解説します。

【ポイント1】不器用でも簡単に使える

まずは、使い方が誰でもわかりやすく、失敗しにくいのが一番です!

誰でも簡単に使えるためには、使い方がとてもシンプルなものが良いです。

  • 混ぜる手間がいらない
  • 全体がムラなく染めやすい
  • 専用コームがある

このような商品を優先的に選びましょう。

【ポイント2】白髪染めに必要な道具が少ない

白髪染めをするのに最小限の道具だけで済むと、とても簡単で便利ですよね!

ヘアカラートリートメントは基本的に刺激性の成分が少ないため素手でも使えます。

もちろん、手を洗う手間のことを考えると、手袋は毎回使った方が良いのですが。

手袋を使ったとしても、白髪染めに最小限必要な商品は本体と手袋ぐらいのものです。

なので、普段のトリートメントやシャンプーの代わりになる手軽さなところがヘアカラートリートメントのおすすめポイントです。

【ポイント3】染める前後に特別なヘアケアが不要

美容室で染める時でも、自宅で染める時でも、髪に大きなダメージを与えるヘアカラーは前後のヘアケアが重要です。

最近では、保湿オイル配合のヘアカラーも増えてはいますが、それでもキューティクルを一度開いて髪が染まる仕組み自体は変わりません。

なので、ヘアカラーした後のトリートメントやシャンプーに気をつかわないと髪のパサつきやゴワつきの原因になります。

一方、ヘアカラートリートメントだと、普段使っているトリートメントを置き換えるだけで簡単です。

何か特別にそれ以外のケアを足す必要はありません。

以上の理由からも、ヘアカラートリートメントをはじめHC染料と塩基性染料で髪を染める「塩基性カラー」は自宅で使用するおすすめの白髪染めということになります。

ヘアカラー(酸化染毛剤)はどうかというと、染まりやすさの面では優れていて一回で染まるので、一見すると楽です。

でも、ヘアカラーはアレルギー発症やかぶれのリスクがとても高く、最悪、治療が必要になってしまうこともあります。

そうなると、別途ヘアケア商品が必要になるなど時間面、費用面の両方でかえって負担になってしまうこともあるわけです。

なので、今回の商品選びでは除外しました。

簡単で綺麗に染まる白髪染めランキングへ戻る

自宅で簡単に白髪を染めるならノンジアミンの塩基性カラーがおすすめ


自宅で簡単に白髪を染めたいなら、HC染料と塩基性染料で髪を染める塩基性カラーがおすすめです。

ヘアカラートリートメントも塩基性カラーの一種です。

キューティクルをこじ開けることなく髪が染まるので、一般的なヘアカラー(酸化染毛剤)より髪や頭皮へのダメージが少なく済むため、近頃とても流行しています。

実は「塩基性カラー」には、トリートメントタイプの商品以外にも、シャンプーや泡タイプ(カラーフォーム)も存在します。

次の項目で、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

簡単で綺麗に染まる白髪染めランキングへ戻る

塩基性カラーの種類と泡タイプの白髪染めがおすすめの理由

種類 効果 手軽さ コスト おすすめ度
ヘアカラートリーメント
ヘアカラーフォーム
ヘアカラーシャンプー

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、普段シャンプー後に一旦タオルドライして通常のトリートメントの代わりに使用するか、またはシャンプーの前の乾いた髪に使用します。ヘアカラーより刺激性の成分が少ないので、爪に入るのが嫌でなければ素手でも使うことができます。

見た目も普通のトリートメントとあまり変わらず、混ぜる手間がいらないので、手軽さと髪へのやさしさの面から人気が出てきています。

ヘアカラーフォーム

ヘアカラーフォームは、泡タイプの白髪染めのことです。乾いた髪に泡を乗せるので液ダレもせず、ムラなく簡単に全体を染めることができます。

ただし、コストはヘアカラートリートメントより割高の傾向にあります。

ヘアカラーシャンプー

ヘアカラーシャンプーは、シャンプーするときに通常のシャンプーの代わりに使うことで徐々に髪の色を染めていくタイプの白髪染めです。

ですが、ヘアカラートリートメントに比べると、残念ながら髪を染める力がゆるやかな傾向にあり、ヘアカラートリートメントと併用することで効果を高めるという使い方が適しています。

簡単に白髪染めしたいなら泡タイプの塩基性カラーがおすすめ

白髪染め初心者に一番おすすめしたいのが泡タイプのヘアカラーフォームです。

市販の泡カラーはジアミンを含みますので、ノンジアミンの塩基性カラーを選びましょう。

全体染めに最適で、綿密に量を調整しなくても満遍なく染まります。

ランクイン商品ではLpLpのヘアカラーフォームクロエベールが該当します。

ただし、ロングヘアの方にはコスパが悪いのでおすすめできません。

ロングヘアが簡単に染まる白髪染め商品は?

では、ロングヘアの方にはどんな白髪染めが簡単に使えて良いのでしょうか?

泡タイプだとコスト面だけじゃなく各部分で量の調整がしにくいので毛先ばかり染まってムラになりやすいです。

同じ塩基性カラーでも比較的価格の割に、泡より容量が多いヘアカラートリートメントをおすすめします。

ヘアカラートリーメントなら一般的なトリートメントと同じような質感なので量の調整もしやすいです。

ランクイン商品では利尻ヘアカラートリートメントレフィーネグローイングショットが該当します。

簡単で綺麗に染まる白髪染めランキングへ戻る

簡単で長持ちする白髪染めは?

使い方が簡単で長持ちする白髪染めはヘアカラー(酸化染毛剤)です。ヘアカラーなら、染めてから2〜3ヶ月もちます。

しかし、当サイトでは髪や頭皮への負担を重視してヘアカラーほど長持ちしなくてもカラートリーメントなどの塩基性カラーをおすすめしています。

塩基性カラーの色持ち期間は約1週間と、どの商品もだいたい似たり寄ったりです。

そこで当サイトでは白髪染めトリートメントの効果を長持ちさせるためのコツをまとめましたので、少しでも髪色を長持ちさせたい人は参考にしてください。

白髪染めの色落ちが早いっ!その原因と色を長持ちさせる7つの対策

簡単に部分染めできる白髪染め商品は?

髪が染まった後時間が経つと最初にのが髪の根本です。

人の髪は個人差がありますが1ヶ月に約1cmほど伸びてくると言われるので、生え際を目立たなくするために、こまめにヘアカラートリートメントを使うか、または部分染めをうまく活用するといいでしょう。

部分染めの商品を選ぶときは市販の部分染め用ヘアカラーを活用するのが一番手軽ですが、髪が傷むのが気になる人は白髪かくしをこまめに使うと髪の毛への負担がほとんどありません。

簡単で綺麗に染まる白髪染めランキングへ戻る

簡単に使えて染まるのが早い白髪染めは?

染まるのが早い白髪染めはポーラのグローイングショットカラートリートメントです。

ヘアカラーより髪と頭皮への負担が小さいのに放置時間たった5分で毎日使うことでだんだん綺麗に染まってきます。

ただし、早く染まる分、他のカラートリートメントよりも刺激性の成分が入っていました。もし、かぶれやピリピリ感を感じたら他の商品を試してください。

簡単で綺麗に染まる白髪染めランキングへ戻る

全体染めにはやっぱり一番簡単に使える泡タイプのクロエベールがおすすめ!

目的別にいろいろと紹介しましたが、全体を簡単にムラなく均一に染めたければ、クロエベールが快適に使えて良いでしょう。

はじめて自宅で白髪染めをする人も、新しい白髪染めを試してみたい人も、クロエベールのモコモコ泡で、コンプレックスのない美髪を育みましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング