白髪染めは何歳から何歳まで?男女の平均年齢と染め始める基準

Pocket

2,185 views

30歳や40歳を過ぎたあたりから自分やまわりの人に白髪を気にし始める人が多くなったと感じたことはありませんか?

白髪染めはどのタイミングで始めるのが正解なのでしょうか。

一度白髪染めをする習慣ができたら、長年ずっと白髪を染めていくことになります。

白髪は染め始める時が、一番勇気がいりますよね。

そこで今回オンナの教科書では、

  • 白髪染めは何歳から始める人が多い?
  • 何がきっかけで白髪染めを始めるの?

などについて順番に解説します。

白髪染めは平均的に何歳から使う人が多い?男性、女性で意識に開きあり

白髪染めを始める平均年齢

30歳の後半から白髪が気になりだす人が多く、白髪染めを始める平均年齢は40歳ごろであることがアンケート結果から明らかになっています。

20~60代を対象にホットペッパーを運営しているリクルート社が実施した「Beauty総研 白髪に関する調査( 2014年8月5日~8月11日実施)」によると、
男性は平均37.4歳、女性は38.3歳で白髪が気になり始めます。

そして、白髪染めを始める平均年齢は男性40.6歳、女性40.9歳と僅差です。
以上から、白髪染めを始めるタイミングは男女ともさほど変わらないことがわかります。

でも、白髪に対する意識には男女で大きな違いがあります。

男性は5人に1人程度しか白髪染めをしないのに対し、白髪がある女性の3分の2が白髪染めをしているのです。

このことからも、女性の方が男性より絶対に白髪を目立たせたくない、白髪があることが気になってしまうという心境がうかがえます。

参考:「Beauty総研 白髪に関する調査」

白髪染めは何歳まで続ける?


女性の方が白髪染めへの関心が高いことがわかりましたが、男性、女性それぞれ平均的に何歳まで染め続けているのでしょうか。

「Beauty総研 白髪に関する調査」には、白髪を何歳までケアするか、という調査項目もありました。

何歳までケアするかの平均は、男性67.2歳、女性は76.7歳。

男女間に10歳近くの開きがあります。

女性の方が白髪染めをする人の割合も多いですし、より長年、白髪を染め続ける人が多いのです。

白髪染めをやめる平均年齢は個人差が大きい

白髪を気にし始める年齢や、白髪を気にする度合いは、人によって違います。

10代や20代の頃から白髪を気にしている人もいれば、40代になってもさほど気にならない人もいるのです。

白髪を染めるのも、気になったら全員が染めるわけではなく、「自然体でいたい」「白髪染めに費用や時間をかけるのが面倒」という理由から染めない人もいます。

ですが、上に書いた理由は男性に多い白髪を染めない理由です。

実際のところ、白髪をやめるタイミングは

「白髪があっても気にならない年齢になった」
「白髪が似合う女性になった」

と自覚できたときでしょう。

だから、もう60代だから、もう70代だから…という理由で無理にやめる必要はありません。気持ちの面で「もう白髪染めはしなくていい」と思った時にやめましょう。

次に、白髪染めをはじめる基準になる量や、始めるきっかけなどを解説します。

みんな何がきっかけで白髪染めを始めるの?その理由と染め始めの3つの基準

白髪染めを始めるきっかけ
  1. 白髪が増えてきた
  2. まわりから指摘された
  3. 同年代の人が染め始めた

白髪染めを始めるきっかけは、見かけ上の印象が変わった時です。暗めの髪の日本人の髪に少しでも白髪が混ざっていると目立ってしまいます。

基本的に自分自身で白髪を気にし始めた時が、その人に最適な染め始め時期ですが、まだヘアカラーで対応できるかなぁとか迷っている人のために白髪を染めるかどうかの基準を3つ紹介します。

【基準1】髪全体の15~20%近くが白髪に変わった


現役美容師の方の見解によると、髪全体の15~20%、全体量の5分の1が白髪になったら、白髪を染め始めるタイミングと言われています。

【基準2】 生え際やえりあしに白髪が増えてきた

毛髪の生え際やえりあしのところはとても白髪が特に目立ちやすい部分です。

髪の生え際は自分以上に他人から見られることも多い部分なので、気になり始めたら早めに対策したいところです。

【基準3】 家族やまわりの人に白髪が出てきたと言われた

自分で白髪が増えたと思っていただけじゃなく、他の人からも指摘されたら白髪のことが余計に気になってしまいますよね。

ひと昔まえの白髪染めは髪がゴワゴワになってしまったり、うまく染まらなかったりとトラブルも多く、白髪染めに対しネガティブな印象を持っている人も少なくありませんでした。

しかし最近は、美容室のヘアカラー技術は日々進歩していますし、家庭用の商品でもカラートリートメントなど成分にこだわって作られた白髪染めも売られていますので、ぜひ検討してみてください。

最近販売されたマイナチュレのヘアカラートリートメントは当サイトでも実際使ってみましたがおすすめです!

こういった良質なヘアカラートリートメントを使って、ぜひ日頃の白髪を対策していきましょう♪

白髪が基準ほど多くはないけど隠したい時は?


15%~20%も白髪の量はないけど、いくら量は少なくても、誰にも指摘されていなくても、暗めの髪に数本白いキラリとした毛が混ざっていたら本人は気になるものです。

量は多くなくても、白髪をケアたいときの対処法をお伝えします。

白髪を根本から切る

白髪が2本や3本生えてきたぐらいであれば、ハサミで白髪だけをカットしてしまいましょう。

白髪を抜くのではなく、必ずカットすることをオススメします。

理由は、抜くことが頭皮や周囲の毛穴にダメージを与えるためです。

白髪を抜いたら増えるというウワサもありますが、髪の毛を黒くする作用をもつ色素細胞がそれぞれの毛根に独立してしているため、白髪を1本抜くだけでまわりの毛穴に影響し白髪が増えることはありません。

ですが、強引に抜いてしまうと頭皮にダメージを与え、結果的に毛髪にも悪影響ですので、必ずハサミで髪の根本をカットするようにしましょう。

おしゃれ染め用のヘアカラーか白髪かくしを使う

白髪がまだ少ない時期で髪を明るめに染めるなら、おしゃれ染め用ヘアカラーを使ってもいいでしょう。

おしゃれ染め用のヘアカラーは白髪染め用に比べ、髪を脱色する力が強いので、より確実に髪をブリーチして染めたい色に染めることができるからです。

ですので、白髪がまだ少ないうちは、迷ったらおしゃれ染め用を使ってみてください。

部分的に白髪かくしを使う

白髪かくしは、髪へのダメージ自体は一番小さいので、こちらもオススメです。

ただ、あくまで髪表面に色を乗せるだけのものなので、お湯ですすぐとすぐにとれてしまいます。なので、雨の日などは注意しましょう。

若白髪で悩んでいる人も少なくはない


ここまでは、あくまで白髪染めを始める年齢について平均的なお話をしてきました。

しかし、白髪は比較的若くても悩みを抱えている人も少なくありません。

白髪ができる原因は加齢・老化以外にも、ストレス、運動不足、栄養不足などの生活習慣や遺伝が関わっているからです。

若いけど白髪ができてしまった人でも、そのことをコンプレックスに思う必要はありません。

年齢に関わらず、白髪が気になるなら量が少なければ通常のヘアカラーや白髪かくしを使ってみたり、一度、お近くの美容室で相談してみたりしてはいかがでしょうか。

白髪染めは何歳からでも気になりだしたときがはじめ時


今回、白髪染めについて調べた結果、染め始める平均年齢は40歳ごろということが分かりました。しかし遺伝や生活習慣などが原因で、年齢にかかわらず白髪ができやすい人、できにくい人が存在します。

また、白髪が目立っていても、女性のうち3分の1、男性のうち5分の4は白髪を染めていないこともわかり、白髪染めをするタイミングや意識に個人差が大きいことがわかりました。

白髪染めで染め始めるかどうか、いつ始めて、いつやめるのかは、それぞれの心の持ち方が大きいようです。

ですが、40歳から始めた白髪染めは平均的にみると70歳の後半までずっと続けることになります。

ずっと使い続けることを考えると、市販のヘアカラーのようにジアミン等の化学成分がたっぷり入っているものを使い続けるのはあまりおすすめできません。

この記事を読んで思い切って白髪染めを始めてみようかなぁと思ったあなたは、こちらの白髪染めの種類の記事を参考に、あなたに最適な白髪染めを選んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング