【2019年版】乾燥肌・敏感肌におすすめの乳液人気ランキングTOP5!

Pocket

100 views
  • 乾燥肌・敏感肌に十分な潤いを与えてくれる乳液を探している。
  • 乾燥肌で困っている。
  • どんな乳液が乾燥肌・敏感肌に合うのか分からない。

このような悩みをお持ちではありませんか?

当サイトでは、乾燥肌・敏感肌で困っているみなさんの悩みを解決すべく、乾燥肌・敏感肌に潤いを与えてくれると評判の乳液を購入して検証しました!

成分など、選ぶポイントなどについて比較しランキングにしましたので、乾燥肌・敏感肌でお困りの方はぜひとも参考にしてみてください!

乾燥肌・敏感肌に人気の乳液を徹底比較しました!

それでは、今回比較した乳液の一覧を紹介していきたいと思います。

保湿効果の高い成分が多く入っていればより高い保湿効果が期待できると思います。しかし、高価すぎたり、使い心地が肌に合わなかったりすると続けにくいですよね。

そこで今回は、それぞれの乳液を比較するうえで「保湿作用の期待度」、「購入しやすさ」という観点から、以下の3点について比較しました。

  • 価格
  • 成分
  • 返金時保証
商品名 価格 成分 返品時保証
ノブ Ⅲ ミルキィローション
¥4,320 グリチルレチン酸ステアリル、水、BG、ベタイン、スクワランほか なし
セラミド3配合で、乾燥肌に潤いを与える乳液です。皮膚科や調剤薬局などでも販売されており、敏感肌にも安心なラインナップ。信頼できるブランドと高く評価されています。
商品名 価格 成分 返品時保証
dプログラム モイストケアエマルジョンR
¥4,104 トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、エリスリトール、濃グリセリンほか なし
乾燥肌にしっとりとしたうるおいを与え、乾燥や粉ふきを防ぐ薬用乳液。肌をなめらかにして、うるおいを長時間持続させてくれます。
商品名 価格 成分 返品時保証
ヒフミド エッセンスミルク
¥4,276 グリセリン、BG、イソノナン酸イソトリデシル、水添ポリイソブテンほか なし
ヒト型セラミド1、2、3が配合されており、すっと皮膚になじみ、乾燥をやわらげます。保湿力が高い。刺激が少なく、敏感肌にも◎
商品名 価格 成分 返品時保証
ライゼ エッセンス セラム乳液
初回:¥3,650
2回目以降:¥5,054
グリセリン、BG、ジメチコン、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、スクワランなど 15日
コクのある、まるでクリームのような乳液!乾燥肌に、加水分解卵殻膜をはじめ3種のセラミドが潤いを与えてくれます。
商品名 価格 成分 返品時保証
ジュランツ リファインエマルジョン
¥8,000 水、ミネラルオイル、BG、グリセリン、ミリスチン酸オクチルドデシルほか なし
美容皮膚科医開発のドクターズコスメ。ヒト型セラミド配合でしっとり。お値段は高めだが、成長因子も配合されている優れモノ。香りもよくゴージャス感のある乳液。
商品名 価格 成分 返品時保証
咲水 スキンケア乳液
初回:¥1,890 グリセリン、スクワラン、ベタイン、ペンチレングリコールなど なし
ヒアルロン酸の5倍の保水力があるというスイゼンジノリ多糖体(サクラン)を配合。さっぱりしたつかい心地だが、重ね塗りするとさらに保湿力アップ!
商品名 価格 成分 返品時保証
ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク
¥1,699 水、BG、グリセリン、キシリトールほか なし
伸びがよく、すっと肌になじんでうるおいを閉じ込めます。クリームのようなもちっとした乳液で敏感肌さんの評判も◎
商品名 価格 成分 返品時保証
キュレル 乳液
¥1,780 アラントイン、精製水、グリセリンほか なし
プチプラながらも、「セラミド機能成分」が配合されており乾燥性・敏感肌に潤いを与えてくれます。肌荒れを防ぐ消炎剤(有効成分)も配合。
商品名 価格 成分 返品時保証
ちふれ 濃厚乳液
¥800 グリセリン、BG、ジグリセリン、ヒアルロン酸Naほか なし
このプライスでこのパフォーマンスなら問題なし!プチプラ代表格ちふれの濃厚乳液。濃厚シリーズは、エイジングケアのラインナップ。肌年齢で乾燥がある、過敏になっている、という人も試してみてはいかがでしょう。

最もうるおうのは?乾燥肌に効く乳液ランキング!

NOV(ノブ)Ⅲ ミルキィローション

乾燥肌・敏感肌への保湿力と信頼感が◎!

天然型セラミド(セラミド3)配合で、乾燥肌にうるおいを与えてくれます。皮膚科や調剤薬局でも取り扱いがあり、信頼度が高く、安心して使えます。ノブ Ⅲは、バリア機能が低下して乾燥や肌あれを起こしやすくなった肌にうるおいを与えてくれるラインナップなので、乾燥肌さんは要チェック!

価格 【定期】-
【通常】4,320円円
総合評価
主成分 グリチルレチン酸ステアリル、水、BG、ベタイン、スクワランほか
【編集部のコメント】
皮膚科で勧められたなど、アトピーの方も使われており、その保湿の実力と信頼性は魅力。「グリチルレチン酸ステアリル」という強い抗炎症作用のある有効成分が配合されています。乳液にしては水っぽいテクスチャーでさっぱり系ですが、さっと肌に浸透し、肌はさっぱりしているのに保湿感が高い、という感動の使いごこち!

dプログラム モイストケアエマルジョンR

乾燥肌で、肌あれや粉ふきしやすい人のための薬用乳液

乾燥肌になめらかに広がって、うるおいを長時間持続させてくれる乳液。一度本体を購入してしまえば、あとは付替え用のレフィルを購入すればよいのでオサイフにもやさしい!

価格 【定期】-
【通常】4,104円
総合評価
主成分 トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、エリスリトール、濃グリセリンほか
【編集部のコメント】
敏感肌の人パッチテスト済みで、低刺激設計の乾燥肌・敏感肌向け薬用乳液です。ふわっとしたなめらかな使い心地がクセになる乳液。2回目からはレフィルの購入でよいので予算的にもうれしい!

ヒフミド エッセンスミルク

すーっと自然に肌になじみ優しい使い心地。敏感肌にも◎

ヒト型セラミド1、2、3が配合されており、すっと皮膚になじみます。保湿力が高い。刺激が少なく、敏感肌で困っている人からも評判が高い乳液です。どっしりした使い心地で、「しっかり保湿したい!」人向けです。

価格 【定期】4,276円
【通常】4,860円
総合評価
主成分 グリセリン、BG、イソノナン酸イソトリデシル、水添ポリイソブテンほか
【編集部のコメント】
ヒト型セラミドが3種入っていることや保湿力でも評価が高い乳液ですが、製薬会社が開発したということでも安心感がありますね。とても伸びがよく、少量でも広範囲に使えるので、意外とコスパがいいかも!?

ジュランツ リファインエマルジョン

3つの成長因子で乾燥肌・年齢肌を応援!

美容皮膚科医開発のドクターズコスメ。ヒト型セラミド配合でしっとり。お値段は高めだが、成長因子も配合されている優れモノ。香りも華やかで高級感のある乳液で、セレブな気分にしてくれます。

価格 【定期】-
【通常】8,000円
総合評価
主成分 水、ミネラルオイル、BG、グリセリン、ミリスチン酸オクチルドデシルほか
【編集部のコメント】
高須クリニックの美容皮膚科医である高須英津子氏開発の乳液。3GF(成長因子)やセラミドが高配合で入っているなど、乾燥肌や年齢肌を意識した充実の配合。やや金額が高いのがネックですが、コクのあるテクスチャーにもかかわらず、重くならずスッキリした使いごこち。香りがステキです!

ライゼ エッセンス セラム乳液

クリームのようなつけ心地!圧倒的な保湿力!

年齢とともに減少していくⅢ型コラーゲンに着目。加水分解卵殻膜、3種のセラミドなどが配合されています。まるでクリームのような質感の、新しい感覚の乳液です。

価格 【定期】初回:3,650円
2回目以降:5054円
【通常】-
総合評価
主成分 グリセリン、BG、ジメチコン、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、スクワランほか
【編集部のコメント】
「乳液なのにこんな容器?」と不思議に思ったら、開けて納得「いや、これ乳液じゃなくてクリームでしょ!」と突っ込みたくなるどっしり感。コクのある質感ですが、つけ心地はベタつかず、意外とさっぱりとしています。コクのある乳液が好きな方にオススメ。

当サイト一押し!最もオススメは「ノブ Ⅲ ミルキィローション」


ノブ Ⅲ ミルキィローションがオススメな5つの理由

  1. 皮膚科や調剤薬局でも取り扱いされている、信頼性の高さ。
  2. 有効成分として抗炎症作用のある成分が入っている。
  3. ヒアルロン酸、ヒト型セラミドが配合されている。
  4. アトピーの人からも高い評価を受けている。
  5. 乾燥肌・敏感肌の人向けの乳液。

今回最もおすすめだったのはノブ Ⅲ ミルキィローションという結果になりました。

ノブ Ⅲ ミルキィローションは製薬会社で開発された乾燥肌・敏感肌用の乳液です。

皮膚科や調剤薬局でも販売されており「信頼性が高い」、「安全・安心」、「アトピー肌にも使える」イメージが強く、口コミでも使った結果そのとおりであったとの内容が多いです。

また、実際の商品は、強い抗炎症作用があるとされている有効成分グリチルレチン酸ステアリルが配合されています。

保湿に配慮するとともに炎症をおさえ、菌が繁殖しにくい環境をつくることを意識した乳液です。

ノブ Ⅲは現在、初回購入者限定でトライアルセットが安価で購入でき、ノブ Ⅲのラインナップが全品試せるので、初めての購入であればトライアルセットがおすすめです。

乾燥肌の乳液選び。気をつけるべきポイントは?

乾燥肌や敏感肌の乳液をえらぶ際、どんなところに気をつけて選んだらよいのでしょう。
ポイントをまとめてみましたので、参考にしてくださいね!

乾燥肌・敏感肌の乳液えらびのポイント
  • 刺激が少ないもの
  • 保湿力が高いもの
  • 赤ちゃんや子どもでも使えるもの
  • パラベンがはいっていないもの、無香料、無着色

これらのことに注意して選んでみましょう。また、「よさげなのを見つけたけど、本当に自分の肌に合うのか心配…」ということもあるでしょう。

そんなときは、

  • トライアルで試してみる
  • 皮膚科でお医者さんへ聞いてみる

どんな乳液でも、人によって合う合わないはあるものです。アレルギーテスト済みでも「すべての方にアレルギーが起きないわけではない」と書いてありますね。
外見が違うように、皮膚の性質だって人それぞれです。

ですから、トライアルセットなどがあれば、トライアルセットから試してみるようにしましょう。使ってみて肌に合うと感じられれば、使い続けても大丈夫でしょう。

あとは季節によってべたべたしたり乾燥したりすることもあるかもしれませんが、その辺を調整して使えればよいと思います。

また、乾燥肌・敏感肌でも使える乳液は、よくQ&Aにもあらためて「敏感肌にも使えますか?」などの質問とともに記載されていることが多いので、そちらも調べてみましょう。

敏感肌でとくに心配な場合は、皮膚科で聞いてみるとよいですね。お医者さんがすすめるものであれば、安心して使えます。

乾燥肌・敏感肌が選ぶべき乳液の成分とは?

前項では、乾燥肌・敏感肌の乳液選び・気をつけるべきポイントについて見てきました。

では、乾燥肌・敏感肌の人が乳液を選ぶ際、どんな成分が入ってるのがおすすめなのでしょうか。

ヒト型セラミド

セラミドは人の肌にある天然の保湿成分です。水分が肌から逃げないようしっかり捕まえてくれます。

セラミドがたっぷりあると肌の角質層が潤いで満たされ、紫外線やほこりなど外部からの刺激をはね返せるようになります

セラミドが肌から減少すると角質層がスカスカになり外部からの刺激も入り込みやすくなります。その結果、乾燥が進み、シミやシワなどさまざまな肌トラブルを起こします。

そこで登場するのがヒト型セラミドです。

ヒト型セラミドは人の皮膚に存在するセラミドと同じ構造をしているため、自然に角質層に浸透して、本来の保湿力を発揮し、皮膚にバリアをつくり外部刺激から肌を守ってくれます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは、もともと人の体内に存在する成分で、特に保水力にすぐれた物質です。

細胞と細胞との間に多く存在し、保水力を維持したりクッションのような役割で細胞を守っています。

ヒアルロン酸は加齢とともに減っていってしまいます。ヒアルロン酸が失われると、肌のハリや弾力性も失われ、シワやたるみが目立ってきます

このように、ヒアルロン酸は体内で、保水力を維持する大切な役割を担っています。

グリセリン、ほか

  • グリセリン:保湿作用があり、安全性も高い成分です。ヒアルロン酸Naと組み合わせることで保湿作用がさらに高まります。
  • コラーゲン:質感や使用感を向上させる目的で使われることが多いですが、肌表面への保湿効果と荒れた肌を整えてなめらかにする作用もあります。
  • 成長因子:成長因子という名前だけあって、年齢とともに衰えていく肌細胞に働きかけると言われています。年齢肌を気にする方にはうれしい成分ですね!

どれを選べばよいかわからないときは…

いいと思われる成分はいろいろありますが、上記であげた成分はとくに乾燥肌・敏感肌向けの乳液に入っていると保湿作用が期待できる成分の代表例です。

しかしながら、どの乳液も他成分との組み合わせ、配合量など考慮してつくられています。

肌の個人差もあり、結局は「使い心地がいい」と自分が思える乳液がベストです。
トライアルなどで試せるチャンスがあれば、いろんなラインナップを試してみることをおすすめします。

乳液だけで解決できる?乾燥肌・敏感肌の原因は?

乾燥肌・敏感肌の対策として乳液は有効です。

しかし、乳液「だけ」で乾燥肌がよくなるかというと、話は別。肌の乾燥は日頃の生活習慣とも密接に関連しています。

まずはどんな生活習慣が乾燥肌の原因をつくっているのか知り、乾燥肌・敏感肌にならない。なったとしてもそれ以上悪化させない生活習慣を心がけるようにしましょう。

紫外線

紫外線はくすみやシミの要因になりますが、それだけでなく乾燥の原因にもなります。

日焼け止めを塗る、日傘をさすなどの対策を心がけましょう。

加齢

加齢にともない、体内で生成されるヒアルロン酸やコラーゲンの量は減っていきます。

また、皮脂の分泌量も減っていくため、うるおいをキープできなくなります。

女性ですと女性ホルモンの変化・更年期障害なども肌トラブルの原因になり得ます。

季節や気温の変化

体が冷えると新陳代謝が落ち、ターンオーバーが遅くなります。

それにともない皮脂の分泌も少なくなり、皮膚を守っているバリアがなくなることで肌の水分が失われ、その結果、乾燥肌になってしまいます。

また、冷暖房による空気の乾燥にも注意してください。加湿器などを使い、調整しましょう。

ストレス

ストレスは体内に活性酸素を増やすことはよく知られています。

それだけでなく、ストレスからくる暴飲暴食、栄養過多、栄養不足などでも肌のターンオーバーが狂います。その結果、肌も乾燥しがちに。

アレルギー

花粉・汗・ほこり・ダニ・金属などのアレルギー反応による肌荒れにより肌が乾燥したり過敏症を起こしたりします。

このような場合は、はやめに皮膚科を受診しましょう。

睡眠不足

睡眠不足や成長ホルモンが放出される時間に睡眠をとれないことが続くと、肌にも悪影響を及ぼします。

成長ホルモンが出る時間帯に睡眠をとるように心がけましょう。

スキンケアのしかたが間違っている

化粧水や乳液をつけるときに強くぬり込んだり、洗顔時などにゴシゴシ洗ったりすると肌がダメージを受けます。やさしくケアしてあげましょう。

また、二度洗いしたり、洗浄力が強すぎる洗顔料を使っていると、知らずしらずのうちに必要な皮脂まで落としてしまっている可能性も。

こんなケースも乾燥を招くので、注意しましょう。

乾燥肌ってどんな状態?

引用:ノブ Ⅲシリーズ公式サイト

乾燥肌は、バリア機能といわれる皮膚の水分保持機能が低下している状態です。

また、敏感肌は、乾燥などによって皮膚のバリア機能が低下し、外からの刺激を受けやすくなった状態です。

正常な肌は、角質層に、セラミド・皮脂・天然保湿因子などがバランスよく並んでいます。

これがバリア機能といわれる、皮膚から水分の蒸発をふせいでくれる仕組みです。

この角質層にあるべきセラミドなどのバランスが崩れるとバリア機能が低下し、水分を保つことができない状態の乾燥肌になります。

そして、バリア機能が十分でなくなった結果、アレルゲンや刺激物質が入りやすくなり、かゆみやかぶれを感じやすくなるのが敏感肌です。

乾燥は、シワやたるみの原因となります。

乾燥肌・敏感肌にならないようにするためには、角質層の健康を保ち、バリア機能を守ることが重要なのです。

乾燥肌・敏感肌に対してプチプラの乳液って実際どうなの?

お肌のお手入れといえば、化粧水⇒乳液⇒クリーム…と進んでいきますが、金銭的に余裕のない場合、「金がないから、これはスキップしとくか」と思われがちなのが乳液。

「化粧水とクリームで済ませてしまう」という方もいるようです。

しかし、あなたが乾燥肌・敏感肌で悩んでいるなら、乳液はスキップしてはいけない要素です。

乾燥をふせぐためには、水分と油分の十分な補給が欠かせません。

まず、化粧水は皮膚へ水分を補充します。クリームは皮膚の表面で油の膜をつくって水分の蒸発を防ぎます。

乳液は水分と油分がバランスよく配合されています。そのため、乳液は化粧水とクリームとの間のつなぎの役割をします。

化粧水でおぎなう水性の保湿成分、そしてクリームでおぎなう油性の保湿成分。その2種類の保湿成分を効率的に肌に取り入れるという大切な役割を乳液はもっているのです。

それが分かっていれば、とりあえずプチプラでも、つけないよりはつけたほうが良いことは分かりますね?

あとは、「それなりの金額がするものにはそれなりの成分が入っている」ことを念頭において、自分の予算内で自分にあった乳液を選んでいくことがオススメです。

また、それぞれ肌に合う合わない、はありますので、トライアルセットなどがあるラインナップであれば、まずはトライアルで試してみるのがおすすめです!

乳液をつけるタイミングも重要

化粧水で肌に潤いを与えた後は、乳液で保湿することが重要ですが、乳液をつけるタイミングには気をつけましょう。

化粧水をつけた後まだぬれている肌の上に乳液をつけると、水分と油分とが混ざり合い、皮膚に入っていきにくくなります。

化粧水の後、皮膚表面の水分が十分なじんだ後、乳液をつけることを心がけましょう。

さわやかメンズの乾燥肌には乳液が必要って知ってた?

乳液はべたつくから塗らなくてもいいよね!?と思っているメンズ、いませんか?

実は、オイリー肌のメンズにこそ乳液は必要なんです。

化粧水だけだと水分が蒸発しやすく、肌が乾燥状態だとカン違いするため余計に皮脂を分泌してしまいます。
その結果、テカテカ、ピカピカのおじさん肌に…。

そうなるのを防ぐためにも、乳液が実は欠かせないアイテムです。

もうお分かりかと思いますが、乳液は、化粧水などで肌に与えた水分を逃さないよう、フタの役割もしています。

化粧水だけで終わらせると、あなたの思惑とは逆に、テカテカおじさん肌になる可能性が高いのです。
ここをしっかり理解して、さわやかメンズ肌をキープしてくださいね!

検証の結果、当サイトの最もオススメは「ノブ Ⅲ ミルキィローション」


以上で乾燥肌・敏感肌のための乳液おすすめランキングについてを終わります。

いかがでしょうか?

乾燥肌・敏感肌のための乳液について、選ぶポイントなどお分かりいただけたかと思います。

今回検証した結果、当サイトで最もオススメなのは「ノブ Ⅲ ミルキィローション」という結果になりました。

乾燥肌・敏感肌で困っているみなさまには、こだわりの成分などもあるかと思いますが、色々な側面から比較して見ましたので、当サイトの比較が少しでも参考になれば嬉しく思います。

最後に当サイト比較の結果、「乾燥肌・敏感肌のための乳液」という観点でトップになったノブ Ⅲ ミルキィローションのトライアルサイトも貼っておくので、見てみてください!

乾燥肌に悩まされることがなくなったら、毎日がもっと楽しくなると思いますので、ぜひこちら参考にされてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング