女性の薄毛をパーマでボリュームアップ!注意点とおすすめの髪型

Pocket

961 views

「最近薄毛が気になって悩んでいる…。」
「薄毛が目立たないようになんとかしたい」

かつては男性の悩みというイメージだった薄毛ですが、最近は女性でも多くの方が悩んでいます。

しっかりと対策をして薄毛を改善していきたいところですが、まず何とかしたいのは、薄毛を目立たないようにするということではないでしょうか?

女性の薄毛を簡単に目立たなくする方法のひとつにパーマでのボリュームアップがあります。

今回は、そんなパーマについて、薄毛が気にしている女性に知っておいてもらいたい注意点とおすすめの髪型についてお伝えしていきます。

  • 簡単に薄毛をカバーできるパーマについて
  • パーマをする際に注意したいこと
  • 薄毛女性におすすめのパーマ

パーマにはメリット・デメリットがありますので、その辺りをしっかりと知って頂けたらと思います。

女性の薄毛はパーマでボリュームアップしてカバー!

男性の薄毛は額の生え際や頭頂部など部分的に進行しますが、髪が全体的に薄くなっていってしまうというのが女性の薄毛の特徴です。

パーマのかけ方には色々ありますが、例えば、ふんわりとしたパーマをかけることで髪全体のボリュームをアップさせることができますよね。

髪の毛に動きも出せるので、パーマで分け目や頭皮の透けは目立ちにくくなり、薄毛の印象はだいぶ少なくなります。

パーマは髪のボリューム感を増やしたり、動きを付けたりすることができるので、簡単に薄毛をカバーできる方法です。

しかも美容院にいけば良いだけなので、時間もそんなにかかりません。

もしあなたが今薄毛に悩んでいるのなら、すぐにできる薄毛対策としてパーマをかけてボリュームアップさせるのも良い方法だと思います。

薄毛が気になる女性がパーマをする時に気を付けたい注意点

パーマはすぐできる簡単なボリュームアップの方法ですが、薄毛を引き起こす原因にもなってしまうことがあるので注意も必要です。

薄毛をカバーするためのパーマをかけて、逆に薄毛を進行させてしまったら最悪ですよね…。

ここでは、パーマが髪や頭皮にどうダメージを与えしまうのか?パーマのダメージはどうしたら抑えられるのか?について紹介していきます。

パーマ時の注意点
  • 薄毛の原因にもなるパーマのダメージ
  • パーマ前後のケアが大事

それでは上の2つについて、順番に説明していきます。

薄毛の原因にもなるパーマのダメージ

パーマをかける時には薬剤や熱をかけます。この薬剤や熱が髪や頭皮にダメージを与えてしまうため、パーマが薄毛の原因になってしまうこともあります。

パーマは、1剤と2剤という薬剤を使って、

  1. 髪の毛のタンパク質のシスチン結合を切断する(1剤)
  2. ストレートやウェーブなど髪を癖付けたい状態する
  3. 切断したシスチン結合を再結合させる(2剤)

という手順でかけていきます。

簡単にいうと、1剤で髪の毛の結合を壊し、パーマしたい状態にセットしてから2剤でもう1回くっつける。これで髪の形状を変えて、キープしています。

パーマ液の1剤は、シスチン結合を切断する還元剤とその還元剤のはたらきを促進させるアルカリ剤で構成されています。2剤は1剤で切断したシスチン結合を再結合させる酸化剤です。

1剤のアルカリ剤には、アンモニア水やモノエタノールアミンなど、皮膚に対して刺激があるものが使用されるため、頭皮にダメージを与えてしまいます。

髪に対しても、キューティクルが傷ついて髪の保護機能が落ちたり、細くなったりして切れ毛を引き起こしてしまうということも・・・。

2剤も、加温することで、酸化反応が急速に進み、頭皮や髪を傷めてしまう原因となります。

パーマの薬剤自体がどうしても髪や頭皮に対して刺激性のある成分で、抜け毛や薄毛に繋がるリスクがあるので、頭皮や髪のコンディションがよい時にパーマをかけるようにしましょう。

パーマの間隔も3か月くらいは空けた方がよいですね。

パーマ前後のケアが大事

パーマが頭皮や髪によくないのは分かったけど、ボリュームアップさせるのにやっぱり「パーマをかけたい!」という人もいると思います。

そんな時にダメージを少し軽くできるパーマ前後の簡単なケア方法をお伝えします。

  • パーマ前:前日はシャンプーを控える
  • パーマ後:アフターケアのトリートメントをして、当時はシャンプーしない

まずパーマ前ですが、前日夜のシャンプーは控えましょう。

頭皮の皮脂には、頭皮を守るバリアとしてのはたらきがあるので、必要な皮脂を残しておくことで、パーマ薬剤の刺激を減らすことができます。

洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと必要以上に頭皮の皮脂が除去されてバリア機能が落ちてしまいます。

なので、前日は湯シャンくらいにしておきましょう。湯シャンだけでも汚れの8割は落とせますし、必要以上に皮脂を取ってしまうことはありません。

パーマ後は、できればアフターケア用のトリートメントをして、当日のシャンプーはしないようにしましょう。

通常、頭皮は弱酸性ですが、パーマ後はパーマ剤の影響でアルカリ性に傾いています。

このアルカリ性を中和して弱酸性の方に戻してくれるトリートメントがあるのでやっておくとダメージを減らせます。

また、当日のシャンプーはパーマ直後の不安定な頭皮や髪には刺激が強いので控えた方がいいですよ。

【長さ別】薄毛女性にパーマでおすすめの髪型

薄毛を目立たなくさせるようにボリュームを出すには、トップからふんわりとパーマをかけるのが効果的です。

パーマの種類は色々ありますが、髪や頭皮へのダメージが少なめの水パーマがおすすめ。

ショートのパーマでおすすめの髪型

引用:ホットペッパービューティーヘアカタログ

トップも後ろもふんわりとボリュームを出したパーマショート。

ショートは髪自体の重さでペタッとすることもないので、一番薄毛を目立たなくさせやすいんです。

その中でもこのスタイルは、毛束感と立体感が出せるので、かなりのボリュームアップが可能。

普通のパーマよりもダメージを少なくできる「水パーマ」でできるのも魅力です。

30代からママさん、ミセスまで似合うおすすめのショートパーマスタイルです。

ミディアムのパーマでおすすめの髪型

引用:ホットペッパービューティーヘアカタログ

トップふんわりの大人ナチュラルなパーマミディアム。

髪全体を無造作に巻いたパーマに、ざっくり耳かけで大人カジュアルな感じに。

トップだけでなくサイドや後ろにもボリュームが出て、全体的にボリュームアップができるスタイルです。

小顔効果があるのもうれしいポイントですね♪

ロングのパーマでおすすめの髪型

引用:BIGLOBE beauty

大人かわいいロブのパーマ。

ロングヘアは髪が重くなって分け目が目立ってしまうなどのデメリットはありますが、単純にボリュームは増えるので薄毛を目立たなくすることもできます。

ランダムに巻いたパーマでふんわりとさせることでおしゃれにボリュームアップができるおすすめのスタイルです。

女性が薄毛を改善していくための髪と頭皮のケアについて

パーマは、薄毛を目立ちにくくすることができる反面、頭皮や髪にダメージも与えてしまいます。

パーマで薄毛をカバーし続けるのもむずかしいので、日頃から薄毛を改善するための対策が必要になります。

特に、食生活・生活習慣とシャンプーに気を付けて髪と頭皮のケアを行うようにしましょう。

食生活と生活習慣を改善して髪と頭皮をケア

髪の毛の主成分はタンパク質で、8割くらいを占めています。その中の大部分がケラチンと呼ばれるもので、18種類のアミノ酸で構成されているんですね。

アミノ酸が不足すると、髪の材料が不足し、本来の組成とは異なった髪になってしまうということもあり得ます。

しっかりとした食事でアミノ酸が不足しないようにしましょう!

また、睡眠不足などの生活習慣の乱れは成長ホルモンの分泌にも大きく影響します。

毛母細胞を活性化して発毛を促進するはたらきがある成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。

睡眠不足で分泌量が少なくなると、髪が育たずに細くなったり、抜け毛が起きたりする原因になってしまいます。

食生活と睡眠などの生活習慣は、直接的に髪の毛の健康に影響します。乱れている場合には早急に改善していきましょう。

シャンプーや頭皮マッサージを行って髪と頭皮をケア

髪がしっかりと成長するためには頭皮の状態が整っていることが大切になります。

頭皮が汚れていたり、乾燥して固い状態だと髪は育ちにくいです。そんな時は、シャンプーや頭皮マッサージをしっかりと行なって、頭皮の状態を改善していきましょう!

頭皮の皮脂は、保湿や頭皮を守るバリアにもなるので、必要な皮脂は落とさずに残しておくことが大事です。

普通の市販シャンプーでは洗浄力が強すぎて皮脂を取り過ぎてしまので、育毛シャンプーとも呼ばれるアミノ酸系のシャンプーで髪を洗うのがおすすめです。

洗浄成分がマイルドで、汚れを落とつつ、必要な分の皮脂は残しておくことができるんです。

また、髪が成長をするための栄養は血流によって送られます。なので、栄養をしっかりと行き届くようにするためには頭皮の血行促進も大事です。

血行を促進するのに、頭皮マッサージが効果的なので、髪と手が清潔な状態で1回2,3分実施するようにしましょう。

まとめ

今回は、女性の薄毛をカバーするパーマについて、注意点とおすすめの髪型についてお伝えしてきました!

ショート・ミディアム・ロングともに、トップのボリュームアップを重視したパーマスタイルがおすすめです。

ふんわりとしたパーマは髪のボリュームアップができるので、簡単に薄毛を目立たなくさせることができるんですね。

しかし、パーマ液や熱などが髪や頭皮にダメージを与えてしまい、薄毛を引き起こす原因にもなってしまいます。

パーマをする際は、前日はシャンプーをせず、頭皮保護のための皮脂を残します。パーマ後はアフタートリートメントや当日のシャンプーを控えてなるべくダメージを少なくするように注意しましょう。

そして、パーマ自体は薄毛の原因にもなってしまうので、食生活、生活習慣の改善や頭皮や髪に優しい育毛シャンプーを使用するなど、日頃からの薄毛改善を心がけるようにしましょう。

女性におすすめの育毛シャンプーをランキングでお伝えしているので、ご興味ある方は関連記事をぜひご覧ください!

【口コミで人気!】女性用育毛シャンプーおすすめランキングTOP5!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング