葉酸でつわりは悪化する!?軽くなる?葉酸を摂ることの真相とは…!

Pocket

761 views

妊娠がわかって最初にくるつわり。軽い人もいますが、つらいときはなんとかつわりを軽くできないだろうかと思ってしまいますよね。

「葉酸を飲んだらつわりがらくになった」と耳にすることもあれば、逆に、「葉酸でつわりが悪化した!?」という話も聞かないでもないです。

実際のところ、葉酸でつわりが悪化したり、軽くなったりするのでしょうか?つわり時の葉酸摂取のその真相について徹底的に調査しました。

つわり期の葉酸どうしようと思っている方はぜひ参考になさってくださいね。

葉酸がつわりを悪化させる真相について…!


葉酸がつわりを悪化させるのでしょうか?

その答えは結論からいえばNOです。

実は葉酸は赤血球を作り出す働きをもっていて、葉酸が不足すると貧血になってしまうほど大切な栄養素です。

また、葉酸は遺伝情報を操作するDNAを作成するために必要な核酸を作るという極めて重要な働きをする栄養素でもあるのです。

なので体に摂取されると葉酸の栄養素が体にメリットはあっても害になる作用を起こすことはないので安心してください。

むしろ葉酸は、つわりがあまりにひどいときに、お医者さんで栄養補給として行われる点滴の中に含まれています。

葉酸を含むビタミンB群は、エネルギー代謝を補助する栄養素で、つわりにとっても悪化を招くというよりむしろ補給されるべき栄養素なのです。

葉酸サプリでつわりが悪化した人って?むしろやめて悪化した人の方が多い!

ただ、「葉酸サプリを飲んだらつわりが悪化したかもー」という発言は葉酸サプリの口コミなどでもみられることがありますね。

葉酸サプリを飲んだらつわりは悪化する?について真相はどうなのでしょう。

これについては「つわりは人によって症状や感じ方が全然違ってくるものなので、葉酸サプリで悪化したと感じる人もむしろよくなったと感じる人もいるので当たり前」というのがほんとのところです。

葉酸サプリとつわりに関する口コミを少しみてみましょう。

口コミをみていると、葉酸サプリでつわりが悪化したという人よりもむしろ葉酸サプリをやめたらつわりが悪化したという口コミのほうが多くみられました。

つわりの症状は人それぞれ!栄養が摂れてる方がおさまりやすい

つわりの症状は人それぞれで、症状が1つだけの人もいれば、2つ、3つの症状が重なって感じる人もいます。

よくあるつわりの症状
  • 食べつわり・・・・お腹がすくと気持ちが悪いと感じる症状。
           空腹でなければ気持ち悪さが出ないことも多い。
  • 吐きつわり・・・・1日中吐き気がして食事をとることができない。
           食べ物を食べたり、水を飲んでも吐いてしまう。
  • 匂いつわり・・・・匂いに敏感になり、普段大丈夫な臭いでも気持ちが悪くなる。
           例 炊き立てごはんの匂い・外出先の匂い・ごみや下水の臭い
  • 眠りつわり・・・・四六時中眠けを感じる。眠くてたまらない。
           起きていても体がだるいと感じて頭がぼーっとしてしまう。
  • よだれつわり・・よだれが通常よりも過剰に分泌される。
           自分の唾液が不快で飲み込めず口から出さずにはいられない。

また、目に見えにくいですが、お腹の赤ちゃんの成長スピードは猛烈に早いのでそのときのお腹の赤ちゃんの成長の度合いによってもママの体調が違ってきます。

日によってつわりが大丈夫な日があったり、全然ダメな日があるのはそのためです。

そのため葉酸サプリに対しても悪化したと感じる人、むしろやめたほうが悪化したと感じる人さまざまな人がでてしまうのです。

ですが、先の口コミなどでもあるように、やはり葉酸という栄養素を摂取したほうが体の中でビタミンの働きを果たしてくれます。

なので、葉酸サプリを飲んで悪化したという人よりも、葉酸サプリを飲むのをやめたら悪化したという方のほうが多いというのも納得できますね。

葉酸でつわりが楽になったり軽減されるの?


それでは、葉酸でつわりは軽くなるのでしょうか?

葉酸でつわりが軽くなるかどうかは未解明です。

これについては、つわりの原因が未解明なため、葉酸がつわりを軽減させる作用があるかどうかについても研究データーがまだ足りないのが現状です。

つまり、葉酸でつわりが軽くなる現段階では不明。

ですが、葉酸のつわりに対する効果については未解明ですが、ビタミンB6がつわり症状の軽減に有効という研究結果が発表されています。

ただ、ビタミンB6がつわりの軽減に効果があるとの研究が発表されている!


葉酸については研究が途上なのですが、葉酸と同じビタミンB群に属する水溶性ビタミンのビタミンB6がつわりの軽減につながるという研究がアメリカで発表されています。

アメリカ(米国産科婦人科学会「ACOG」=American Congress of Obstetrics and Gynecology)の複数のランダム化試験の結果によれば、

米国産科婦人科学会「ACOG」の試験
妊娠中にビタミンB6とドキシラミン(抗ヒスタミン薬)の併用によって、妊婦の悪心・嘔吐が70%減少し、悪心・嘔吐による入院率が低下する

との研究結果を得ています。

そのため、アメリカでは妊娠中のつわりの治療にビタミンB6の入ったビタミン剤、それでも改善しない場合はドキシラミン(抗ヒスタミン薬)を処方するが推奨されています。

この結果を受けて、日本の厚生労働省でも情報発信サイトにてビタミンB6についての情報を発信しています。

ビタミンB6がつわりを軽減する可能性について、また、上限値の加減もあるので医師に相談の上の摂取を

ひどいと終わりがないかと思うほどブルーな毎日を送ることになるつわりの症状にビタミンB6の摂取によって軽くなるというのは朗報ですね。

ビタミンB6がつわりの軽減につながる理由

なぜビタミンB6がつわりの軽減につながるのか?

それはビタミンB6がつわりの原因であるトリプトファンというアミノ酸の代謝不調を正常に整える働きがあるからといわれています。

トリプトファンが正常になると精神を安定するので、気持ちが楽になるのです。

また、ビタミンB6は卵胞ホルモンの代謝にも働きかけをし、ホルモンバランスを整える作用があるともいわれています。

ホルモンバランスが整うことで、体調がくずれるのを防いでくれるのです。

ただ、米国産科婦人科学会「ACOG」の実験ではビタミンB6は軽度のつわりに効果があるが、嘔吐には効かないことが分かっています。

一般的に軽いと言われるのは、食べつわり、匂いつわり、眠りつわり、よだれつわりのような精神的なストレスやホルモンバランスの崩れが原因と考えられる症状だからですね。

嘔吐に効かないのは残念ですが、でも軽いつわりに効果があるだけでも楽になることは確かなので、ビタミンB6はぜひともつわりの時に摂取しておきたい成分ですね。

つわりを軽くするビタミンB6が多い食べ物は?


では、つわりの症状を軽くする可能性が高いビタミンB6はどんな食べ物に多く含まれているのでしょうか?

ビタミンB6が多く含まれる食べ物
  • 牛レバー
  • カツオ、マグロ
  • 鶏ささみ
  • にんにく

など動物性食品に豊富に含まれています。豆類や穀物にも含まれているのですが、植物性食品に含まれるビタミンB6は体内での利用効率が低いのです。

ただ、つわりの時期にこれらの動物性食品を食べられればよいのですが、実際はつわりの時期には食欲が落ち、気持ちが悪いのがずっと続くので食べられないという人も少なくないでしょう。

食べられるくらいならつわりで悩んでませんよね…。

「ビタミンB6を効率的に摂取して、つわりの症状を少しでもやわらげたい。かつ胎児に必要な栄養素を十分に無理なくお腹の赤ちゃんに回してあげたい。」

そう考えると、葉酸とビタミンB6の両方を一緒に摂取できる点で葉酸サプリは効率的となってきます。

ビタミンB6を含む葉酸サプリがつわりの軽減におすすめ!


ビタミンB6を摂取するなら葉酸サプリが葉酸と一緒に摂れるのでおすすめです。

葉酸サプリで….とつわり期におすすめするのは、葉酸サプリはつわりを軽くする他にも3つの効果があるからです。

葉酸サプリにはつわりを軽くする他にも3つの効果がある!
  • 胎児の先天性異常のリスクを低減する役割がある
  • 葉酸、ビタミンB6、その他のビタミンB群の栄養素がまとめて摂取できる
  • 葉酸サプリは比較的簡単に飲めるので、食べなきゃ!の精神的負担が減る

つわりを軽くしながら、しっかりと葉酸の役割も利用できるとほんと一石二鳥ですね!

当サイトでは人気の葉酸サプリメントを徹底検証してランキングにしています。あなたにあった葉酸サプリ選びの参考に見てみてくださいね。

葉酸サプリがつわりで飲めないときは?


葉酸サプリがつわりで飲めないときはどうしたらよいのでしょう?

体調によってはその匂い、味、また心理的な要因でダメという日もありますよね。

無理に飲めない日は仕方ないと割り切りお休みするのもよいかと思います。

お休みしながら、大丈夫そうな日だけは飲むでも全部お休みするよりはだいぶよいです。

また、工夫することで、葉酸サプリを飲みやすくすることもできます。飲めていないことが気になる場合は工夫もしてみましょう。

葉酸サプリが飲めないときの工夫案4つ
  • 葉酸の錠剤を砕いて細かくして飲む
  • ジュースやスポーツ飲料など飲めるものと一緒に飲み込む
  • 空腹を避けて飲む
  • 一日に1粒ずつ数回に分けて飲む

葉酸サプリが飲めない原因は、匂いや味だったりすることが多いので何か好きなものと一緒に紛らわせて飲んでしまうのが一番かもしれませんね。

葉酸やビタミンB6といった成分は水溶性ビタミンで体に多量の量は蓄積が難しいです。

できない日はお休みでも全然かまわないので、できる日は工夫をしながら1粒でもよいのです、コツコツ飲むことができたらよいですね。

まとめ

葉酸でつわりは悪化しないですし、体に栄養が十分にあると体が元気なこと、またビタミンB6を摂取することでつわりを軽減できることは分かっていて心強いですね。

少しでも良いと分かっていることは活用するに限ります!

葉酸サプリなどで葉酸、ビタミンB6をしっかり摂取して、つわり期を乗り切っていきましょう。

先ほどもちらっとご紹介しましたが、おすすめの葉酸サプリをランキングにしていますのでまたご覧になってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング