知らないと損する⁉︎歯のホワイトニング価格の相場を徹底調査!

Pocket

227 views

初めてホワイトニングをしようと思った時に、最初にきになるのは費用がどれくらいかかるのか?という人は少なくないのではないでしょうか。

なんとなく高額というイメージがあるホワイトニングですが、種類や人によってホワイトニングに必要となる価格は変わってきます。

この記事では、ホワイトニングの価格相場について、ホワイトニングの種類ごとに詳しくご紹介します!

【要注意】ホワイトニングは治療は保険適用外


基本的なこととして、まず知っておくべきことは「ホワイトニング治療は保険適用外」ということです。

ホワイトニングで歯を白くするためにかかる費用は数百円から数千円のレベルではありません。

数万円から十万円ほどかけて行うものであることを認識しておく必要があります。

ただ、視点を少し変えて歯のホワイトニングを美容の範疇として捉えると、そのコストパフォーマンスは良いと言えるので、やる価値は十分にあるでしょう。

例えば「結構式でやってよかった美容」のアンケートではホワイトニングが第一位に輝いており、喜んでいる人は多いようです。

保険が適用されていないことは、クリニックやサロンなどによってホワイトニング治療の料金が異なっているという事実にもその影響が出ています。

この原因はクリニックやサロンごとに、それぞれで価格を設定できるところにあります。

ホワイトニングは種類ごとに価格の相場が変わる

ホワイトニング治療には様々な種類がありますが、代表的なものは「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」「デュアルホワイトニング」の3つです。

なので、ホワイトニングをしたい時は、まずはこの三つのどの方法をとるかから考えていくことがおすすめです。

ホワイトニング治療は種類によって価格相場が異なります。

3種類のホワイトニング治療の価格、白くなるまでのおよその期間、主な特徴をそれぞれ表に簡潔にまとめました。

ホワイトニング種類 相場 効果を実感する時期 特徴
ホームホワイトニング

15,000〜50,000円程度

目安は1〜2ヶ月
自宅で施術。
歯の内側から白くする。
コスパ重視ならこれ
オフィスホワイトニング
1回につき10,000〜50,000円程度
(×2〜4回ほどの通院)
即効性あり

歯医者さんなどで施術。
歯の表面から白くする。
効果を実感しやすい。

デュアルホワイトニング 50,000〜100,000円程度 即効性あり 「ホーム」と「オフィス」の長所の掛け合わせ型。
芸能人並みの歯の白さにしたいならこれ。

それではそれぞれのホワイトニング治療について詳しく見ていきましょう。

ホームホワイトニングは低価格・自宅施術

ホームホワイトニングの特徴は?

ホームホワイトニングはサロンやクリニックで提供してもらったマウスピースと薬剤を使い、自宅で自分で処置を行うホワイトニングです。

まず、歯医者さんなどでとってもらった歯の型を元にマウスピースを製作してもらい、そのマウスピースに濃度の低い薬剤を装着して歯の内側から徐々に白くしていきます。

その効果は、自分の使う薬剤の種類や機器などによって違いがあり、一概には言えませんが、はじめに効果を実感できるまで2〜3週間ほど見る必要があります。

他の種類のホワイトニングに比べて費用を安く抑えて自宅で処置をできるのがメリットの一つと言えますが、目標の白さになるのには時間を要します。

目安として、1〜2ヶ月の期間を見ておいたほうがいいでしょう。

ホワイトニングはの効果には個人下がるため、どのくらいの期間がかかるのかは、実際にやって見ないとわかりません。

また、途中でやめてしまうと効果が得られなくなるので、ホームホワイトニングで重要なのは、継続することになってきます。

なので、歯医者さんなどに、自分の歯がホームホワイトニングで白くなりやすいタイプかどうかを、はじめにチェックしてもらったり念のために薬剤を数本多めに購入するなどしながら進めていくと良いでしょう。

ホームホワイトニング費用の価格相場は?

ホームホワイトニングの価格相場は150,000円〜50,000円ほどです。

これには上下のすべての葉の処置費用とマウスピース、そして薬剤の料金が含まれています。

費用の大部分を制作されるマウスピース代が占めていますが、このマウスピースは一度作れはそれを繰り返し使っていくことができます。

相場に幅があるのは、ホワイトニングの費用が、使う薬剤の種類と本数やマウスピースの種類、一般の歯科なのか専門のクリニックなのかなどによって価格が異なるためです。

なので、事前に費用に関してリサーチをすることは必須と言えますが、全部の歯をこの価格で白くできることを考えると、費用対効果の良いお得な治療法と言えるでしょう。

ホームホワイトニングはどんな人におすすめ?

ホームホワイトニングは低コストな反面自分である程度長い期間最後まで諦めずに継続していく必要があります。

なのでホームホワイトニングは、費用を必要最小限に抑えて自分で着実にある程度長いあいだ継続することのできる人におすすめです。

歯医者さんで施術し短期間で歯を白くするオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの特徴は?

オフィスホワイトニングは、簡単に言うと歯医者さんで施術するホワイトニングです。

高い濃度の薬液を使い、特殊な光を当てて歯の表面から白くしていくので、ホワイトニング効果が非常に高く、人によっては一回の施術ですぐに効果も実感できるなどの即効性が期待できます。

施術の流れとしては、まず口腔内に問題はないかを歯医者さんで確認してもらい、クリーニングをして薬液がより浸透しやすい状態にします。

ホワイトニング薬液の塗布はクリーニングをした上で行い、その際にはレーザーやライトで薬液に含まれる漂泊成分を活性化させる施術も行われます。

その時に使われる機器と薬液の種類などによって効果は変わってきます。

医院によっては、初日はクリーニングまでで終了してホワイトニングは2回目からというところもあります。

オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くすることが最大のメリットと言えますが、白さには限界があるので、何かのイベントやパーティなどで今すぐ歯を白くしたいと言った場合には最善の選択項となるでしょう。

オフィスホワイトニング費用の価格相場は?


オフィスホワイトニングの価格相場は10,000円〜50,000円ほどで、この中には事前の検査料やクリーニング料などが含まれています。

料金は、ホームホワイトニングと同様に、ホワイトニングで使う薬剤や機器によって変わってきます。

医院によっては、口腔内に問題がないか最初にレントゲン写真を撮るところもあり、その場合は料金が少し高額になります。

注意が必要なのは、この料金が一回分の費用であるということです。

オフィスホワイトニングは2回〜4回くらいの通院が必要となるのが普通なので、結果的にはホームホワイトニングの2倍程度の費用がかかると見ておく必要があります。

オフィスホワイトニングはどんな人におすすめ?

オフィスホワイトニングで実現できる歯の白さには限界があるので、白さを求める人にはおすすめしません。

オフィスホワイトニングに向いているのは、結婚式や何かのパーティなどの前に、ある程度のコストをかけてもいいので早めに歯を白くしたい人になります。

芸能人並みの白い歯にするならデュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングの特徴は?

デュアルホワイトニングは「ホーム」と「オフィス」の長所を掛け算し、それと同時に短所を補い会わせるホワイトニング治療です。

オフィスホワイトニングの即効性を取り入れながら、ホームホワイトニングで白さの限界値を高めていくため、この2種類のホワイトニングの相乗効果の結果、圧倒的に白い歯にできることが期待できるのです。

デュアルホワイトニングは、他の治療法と比べて治療期間も処置内容も2倍で、ホワイトニング治療の中で最も高額な施術になりますが、「ホーム」と「オフィス」と比較し、効果を実感することのできる期間も、効果の持続する期間も圧倒的に長いものとなっています。

デュアルホワイトニング費用の価格相場は?


デュアルホワイトニング費用の価格相場は、50,000円〜100,000円ほどとなっています。

この中には、「オフィス」と同様に、事前の検査料とクリーンング量が含まれています。

オフィスホワイトニングと比較すると、「デュアル」の方が料金の加減が高くなっているのは、マウスピースの制作費などが含まれていることによると考えることができます。

また、デュアルホワイトニングも他のホワイトニングと同様に、使用する薬剤や機器によって費用が異なり、場合によっては10万円以上となることもあります。

デュアルホワイトニングはどんな人におすすめ?

デュアルホワイトニングは、3種類のホワイトニング治療の中で最もコストがかかりますが、自分の歯を芸能人レベルの圧倒的な白さにすることができます。

なので、お金をかけて真っ白い歯にしたいという人にデュアルホワイトニングはおすすめです。

ホワイトニング費用の種類ごとの価格相場まとめ

いかがでしたでしょうか?

歯のホワイトニングで大切なことは、自分の目標とする歯の白さになるまでいくら必要になるのか?ということです。

値段だけでなくその見せ方もクリニックやサロンによって変わってきます。

例えば「ワンコインホワイトニング」という広告がありますが、このワンコインというは実は歯一本あたりの値段だったりします。

その場合は「500円」と表示されていたら実際なら16本の歯で一度に8000円、「10000円」という表示なら16000円の費用が必要となります。

なので、どこにホワイトニングの相談するかを選ぶ際には、何本の歯の値段なのかなど、表示されている値段が何の値段なのか?をよく確かめる必要があります。

ホームホワイトニングから、オフィスホワイトニング、デュアルホワイトニングまで、代表的な3つの方法を見てきましたが、それぞれにメリットデメリットがあります。

ホワイトニングの種類ごとの特徴をよく理解した上で、自分に最も合う種類のホワイトニング治療を選び、白い歯への最善の道を進んでいきましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング