【着色注意!】ホワイトニング後の食事で食べてOKな食べ物とは?

Pocket

17,852 views

ホワイトニングをする時には、効果を最大限引き出して歯を白くしたいですよね。

歯医者さんで行うオフィスホワイトニングも自宅で自分で行うホームホワイトニングも、共通している注意点にホワイトニング後の食事の問題があります。

  • どんな食事にする必要があるのか?
  • ホワイトニング後の食事制限時間の長さは?
  • 着色の強い食べ物を口にした時の対処法は?

今回の記事ではこうしたホワイトニングでの食事・食べ物の疑問について、詳しく紹介していきます!

ホワイトニングしている時に食事に関して迷った時などの参考にしていただければ幸いです。

それではどうぞ!

ホワイトニング後や期間中の食べ物との関わり方とは?

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングをしたことのある人の誰もが歯医者さんから「ホワイトニングの後は着色の強い食べ物を口にしないようにしてください」と言われた経験があるかと思います。

食事に制限がある理由は、簡単に言うとホワイトニング後の歯が着色しやすくなっているからです。

ホワイトニングをすると「ペリクル」と言う歯の表面の薄い膜が剥がれ、エナメルがむき出しの状態になるんです。

ペリクルが再生するまでに12〜24時間かかるのですが、それまでのエナメル質が出ている間が、とても着色しやすくなっていて食事に注意が必要になるんですね。

ではどのように食べ物に注意する必要があるのか?何を食べればいいのかなどを見ていきましょう。

ホワイトニング後の食事で食べてOKな食べ物の特徴とは?

ホワイトニング後に口にしないほうがいい食べ物の特徴は、酸性のものです。

ホワイトニング薬剤に含まれている過酸化水素によって、歯は一時的に「脱灰」と呼ばれる状態になります。

脱灰は一時的にエナメル質表面のカルシウムがなくなって歯の表面がデコボコした、着色しやすい状態のことで、この時に酸性のものを口にすると、この脱灰を促進させてしまうんです。

なので、ホワイトニングの後の1時間ほどの間は、炭酸飲料や柑橘系の果物、ドレッシングやマヨネーズ、酢といった食べ物は避けるようにしましょう。

ホワイトニング直後の食事の制限時間はどのくらいなの?

最初にも少し紹介しましたが、ホワイトニング後の歯はペリクルが剥がれており、再生するまでに24〜48時間、つまりおよそ1〜2日間かかります。

この再生までの間は、歯に色素がつきやすい状態にあるため食べ物や飲み物に注意する必要が出てきます。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングそれぞれの最低限着色の強い飲食物を控えた方がいい時間はこちらです。

ホワイトニング後の食事の制限時間
  • オフィスホワイトニング:24時間
  • ホームホワイトニング:3〜4時間

ホワイトニング後に着色の強い食べ物や飲み物を口にした時の対処法とは?

着色しやすい食べ物はとても多いので、普段の生活の中でつい口にしてしまうことは珍しくありません。

もしホワイトニングした後に着色の強いものを食べてしまっても、それだけで以前より濃く着色死してまうと言うことはないので、まずは慌てずに対処することが大切です。

色の濃い飲食物を口にした時には、できるだけ早めに歯磨きをするようにしましょう。

もし歯磨きができない状況であれば、お口をゆすぐだけでも、水を飲むだけでも、それをするのとしないのとでは違ってきます。

ホームホワイトニング中、どうしても食べたいものがある時は?


ホワイトニングをしている間は着色の強い食べ物に気をつける必要がありますが、ホームホワイトニングのように長い期間続ける必要がある場合など、中にはどうしても食べたいものが出てきます。

飲み物の場合は、歯面にできるだけ触れないようにストローを使って飲むようにしましょう。

また牛乳などの乳製品をを事前に飲んでおくなどすると、歯の表面がコーティングされるので、カレーなどの着色の力のある食事をする時などにも有効です。

ホワイトニングをしている時の食べ物と飲み物のおすすめは何?


ホワイトニング後にオススメの飲食物は白い食べ物や色の薄い食べ物です。

飲み物はなるべく水を飲むようにして、どうしても味気なく感じる時は緑茶を飲むようにしましょう。

ホワイトニング後にオススメの飲食物例
牛乳
白味噌汁

白ワイン
ご飯
パン(ジャムではなくバターやマーガリンがおすすめ)
カルボナーラなどのホワイトクリーム
白身魚
うどん
白菜
大根
しらす
日本酒
焼酎
チーズ
ヨーグルト
色の薄いビール
ナッツ類
里芋
大根
ラーメン(豚骨、塩、バター)
えび
お吸い物
フライドポテト
ポテトチップス(塩味)
鶏肉
おかゆ
貝柱

ホワイトニングしている時の食事で制限したほうがいい飲食物とは?


ホワイトニング後の食事で制限したほうがいい、着色しやすい食べ物の特徴は下記になります。

  • ポリフェノールやアントシアンを含む食品
  • タンニン、カテキンを含む食品
  • イソブラボンを含む食品
  • 酸性の食品
  • 唾液に色がつくもの

これらの条件を踏まえて、ホワイトニングをしている時に控えた方がいい食べ物には以下のようなものがあります。

ホワイトニングで制限した方がいい食べ物の例
赤ワイン
大豆
ぶどう
チョコレート
ココア
しょうゆ
ほうれん草
カレー(香辛料)
ソース
ケチャップ
いちご
ブルーベリー
烏龍茶
コーヒー
紅茶
ほうじ茶
トマト
レモン
からし
わさび
マスタード
ミートソース
抹茶
コーラなど炭酸飲料
スポーツドリンク
柑橘系の食品

ピザソース
ソース系焼きそば
グレープフルーツ
南蛮漬け
まとめ

ホワイトニングでの食事・食べ物について紹介してきましたがいかがでしたか?

食事制限をいかに行うかでホワイトニングの効果や効果の持続の長さが変わってきます。

最低限の気をつける必要のあることを押さえておくことで、自己管理も難しいことではなくなるので、ホワイトニングではを白くするためにぜひこの記事を参考にしてみてください♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング