妊娠中のホットヨガって大丈夫?妊娠初期・中期・後期ごとに解説!

Pocket

51 views

妊娠中のホットヨガって安全なの?

妊娠を希望している女性なら気になるところですよね。

妊娠中に、安全にホットヨガをするための方法や注意すべき点などを調べてみましたので参考にしてください。

妊娠したらやめるべき?安全にホットヨガをする方法


結論から言えば、妊娠してもホットヨガは続けられます。

これまでのようにハードなポーズをとることや、無茶なことをしないように心がければ問題ありません。

しかし、妊婦さんの健康状態にもよりますので、もし心配なら主治医と相談してみると良いでしょう。

最近は、マタニティーヨガを行っているホットヨガスタジオもありますので事前にリサーチしておくと良いでしょう。

妊娠初期のホットヨガで気をつけること

妊娠初期は、流産しやすいデリケートな時期です。

そうかといって、神経質になる必要もありませんが無理はしないように注意しましょう。

軽めのメニューのホットヨガなら心身にも良い影響をあたえますのでオススメです。

もし、マタニティーヨガクラスがあればそちらに移行する手続きをしましょう。

妊娠中期から安定期にホットヨガで気をつけること

通常のホットヨガの場合、お腹を圧迫するようなポーズはさけます。

安定期までは無理はしないように、安定期に入っても無理はしないようにしましょう。

気分が悪くなったらすぐにスタジオ出て休むようにしましょう。

あらかじめインストラクターさんに、相談しておけばスムーズです。

マタニティーヨガクラスであれば、先生の指示に従ってゆったりとヨガをしてください。

ママが心身ともにリラックスしている状態が、赤ちゃんにとって一番、良いことですので、のびのび体を動かしお腹の赤ちゃんを喜ばせてあげてください。

妊娠中に適度な運動していたママから生まれた子の方が、幼児期に入ってからの言語能力の伸びが大きいと言われています。

ぜひ、過度に恐れることなく、ホットヨガを楽しんでくださいね。

妊娠後期のホットヨガで気をつけること

妊娠後期に入ると、スタジオに通うのもしんどくなってくる時期だと思われます。

できるポーズも限られてきます。

そのため、以前よりも頻度を減らしながら行うようにすると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

妊婦が適度に体を動かした方が良い事は医学的にも証明されていますとおり、妊娠中でも無理歳しなければホットヨガをすることが可能ですし効果的です。

また、常温で行うマタニティーヨガを早い段階で視野に入れておくのもよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング