いずれはフリーとして独立!?転職するならホットヨガのインストラクター?

Pocket

2,197 views

ホットヨガを始めようとしている方の中には、

  • いつか自分もインストラクターになってみたいな?
  • ホットヨガのインストラクターにはどうしたらなれるのだろう?
  • インストラクターになるとどれぐらい給料もらえるんだろう?

と思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方たちのために、今回は、ホットヨガのインストラクターについてリサーチしてみました。

ホットヨガをやりながら、ゆくゆくはインストラクターになりたいという皆さんの参考になれば幸いです。

ホットヨガのインストラクターは正社員?それとも非正規?

リサーチを初めてまず初めに驚いたのは、誠に失礼ながら、ホットヨガのインストラクターの仕事は、ちょっとしたアルバイトかパートみたいなもので低賃金なのかな?という期待が見事に裏切られたことです。

ホットヨガのほとんどのインストラクターさんは、バイトではなく正社員として採用されています。

また、パートとして雇用された場合でも、相場に比べ高時給が支払われている会社もありました。

さらに、給与水準はそれほど高くはありませんが、福利厚生面においては女性が長期にわたり働きやすい環境が用意されています。

  • 今の会社でなかなか活躍の場がもてずにやりがいを感じられない方
  • 出産や育児でペナルティーが生じるような環境にある方
  • ホットヨガが好きで好きでたまらない方
  • フリーランスでもやっていける仕事がしたい方

そんな方なら思い切ってキャリアチェンジしてみると、出産や育児で働き方を変更したい時にも柔軟に調整できる可能性が高まります。

それでは、以下に詳しく解説していきますね。

ホットヨガインストラクターの給料、年収が知りたい!

初任給
ラバ 22万円
カルド 19.2万円
ビクラムヨガ 20万円台
ラビエ 17.6万円
インナービューティスタジオ 不明
ロイブ 21.6万円
ヨガプラス 不明
ララアーシャ 1レッスンにつき3500円
ドゥミ・ルネサンス 不明

以上のように9つのホットヨガ、ヨガスタジオのインストラクターの募集要項から新卒の場合の初任給をまとめてみました。

現時点で、募集要項に新卒、初任給の具体的な記載がない場合は不明としてあります。

また、リサーチの際、月収以外の福利厚生面などもチェックしましたが、

  • 採用条件の情報が明確
  • 女性が働き続けやすい雇用条件

という点でみると、LAVAがダントツでトップでした。

次に、ロイブです。

それから、ララアーシャの試用期間1レッスン3500円というのが高時給でポイントが高いです。

高い収入を望むのであれば、ヨガのインストラクターはオススメできませんが、いずれの会社も研修制度がしっかりしています。

未経験からでも働いてお給料を貰いながらホットヨガインストラクターのスキルを身につけることができるため、インストラクターとして活躍を希望する方にとっては最適な環境と言えるでしょう。

LAVAのインストラクターは妊娠・出産をしても続けやすい?

ホットヨガのインストラクターは、今のところ女性の割合がダントツに多い職種です。

そのため、各社とも有能なホットヨガインストラクターの確保は会社の存続にかかわってくるため、使い捨てではない息の長い雇用契約を結んでいけるような条件で募集をかけていることがわかります。

たとえば、LAVAの募集要項をチェックしてみましょう

  • 新卒、首都圏の初任給22万
  • 休日・休暇について
  • 週休2日(シフト制)
  • 有給休暇、リフレッシュ休暇(年5日)、年末年始休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇

産前産後休暇、育児休暇、の制度がしっかりと明記してあります。

最近は専業主婦であることは将来的にリスクが高いと言われており、結婚して子どもが生まれても働き続ける女性が増えています。

そのため、女性にとって産前産後休暇、育児休暇、介護休暇があるかないかは重要なポイントです。

基本給だけでなく、次は諸手当、福利厚生面もしっかりチェックしていきましょう。

LAVAのインストラクターさんの諸手当

保育手当、子ども手当もさることながら住宅手当、インセンティブ手当など、子育てママに手厚い手当が用意されています。

とくにシングルマザーにとって、住宅手当が出る出ないは大きいのではないでしょうか。

成果が反映されるインセンティブ制度も仕事を続けていくうえでは、意外な盲点であることは少なくありません。

  • 勤続手当
  • 通勤手当(交通費全額支給)
  • 住宅手当(一律3万円 ※当社規程による)
  • 役職手当(5千円~5万円)
  • 保育手当
  • 子ども手当
  • 寒冷地手当(11~3月のみ、対象勤務地:北海道・東北・北陸)
  • 長距離異動手当
  • 出張手当
  • 赴任手当
  • インセンティブ手当

諸手当については、住宅手当(一律3万円 ※当社規程による)や保育手当、インセンティブ手当など、やりがいをもたらすインセンティブ手当などもあります。

LAVAのインストラクターの福利厚生

1人暮らしをしなければいけない状況でしたら、社員寮に住むことで、余計な支出が減り、その分を貯蓄に回せますことができますので積極的に利用することをおすすめします。

また、育児時短勤務制度(小学校就学前まで)は、一時的に収入は下がったとしても子どもの手が離れたらまたフルタイム勤務にもどればよいだけのことですから、慣れた職場を離れることなく、仕事を続けられるというメリットを最大限に生かしていきましょう。

子育てのために、一度、仕事を退職してしまうと、また一から就職活動をしなければなりませんので、細く長く続けていきたい人にとってはありがたいですね。

  • 各種社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
  • ベンチャーバンク社員割引制度
  • 社員寮(関東のみ)
  • 契約保養施設
  • 育児時短勤務制度(小学校就学前まで)

ホットヨガ(LAVA)のインストラクターが正社員で採用される理由

ホットヨガが女性におすすめの仕事であることをこれまでお伝えしてきましたが、なぜホットヨガのインストラクターさんがソコソコの待遇で採用されるているのかについて、もう少し深く掘り下げてみましょう。

【やっぱり質?】ハイレベルなホットヨガのインストラクターを育成!

あなたがこれからホットヨガはじめるとしたら、何を基準にして選びますか?

一般的に、ホットヨガをはじめとする会員制のスポーツクラブなどは、自宅の近くか会社の近くでないと長続きしないと言われています。

では、その次に重視されるポイントは何だと思いますか?

それは、まぎれもなくインストラクターの質です。

もう一度、整理してみます。

ホットヨガスタジオ選びで重視するポイント
  • 通いやすい立地(自宅近くor会社近く)
  • インストラクター
  • レッスンプログラム
  • 設備

では質の高いホットヨガのインストラクターとは具体的にはどんなタイプなのでしょうか?

それは、おおむね以下のとおりです。

  • 明るく礼儀正しい
  • 内面からも外柄からもにじみでる美しさ
  • レッスンの進め方や内容が充実している
  • 公衆衛生、保健体育、体の仕組みについての知識をしっかりもっている。

基本的なことですが、社内教育がしっかりとしていないとなかなか全体にいきわたらないのが現実です。

やはり一定の質を保つためにも、それ相応のフォロー体制が必要です。

人手不足?優秀なインストラクターを育てたいホットヨガ業界


資料:厚生労働省「人口動態統計」

ところが、ヨガスタジオに限らずこれは社会全体にいえることですが、少子高齢化を迎えた日本は、深刻な人手不足に陥っています。

優秀な人材がいれば、来てほしい、そんなポストはいくらでもあるのです。

そんな中、ホットヨガのインストラクターになろうという人材集めは起業にとって死活問題。

ホットヨガのインストラクターといえば聞こえはいいですが、肉体労働であることに変わりはありませんので、離職率も低くはないでしょう。

そのため優秀なホットヨガのインストラクターを確保するため、なかなか待遇を下げられないとい事情が絡んでいるからでしょう。

ホットヨガのインストラクターになるには資格が必要なの?養成制度は?


率直に言えば、ホットヨガのインストラクターになるには、未経験でも可能です。

例えばラバの場合は、新卒・中途のどちらの採用においても、ヨガの経験が必須ではなく、出身学部も不問としています。

入社してからの研修制度が整っているため、お客様を幸せにしたいというマインドがあればインストラクターになることができます。

また、未経験の場合、

  • 入社してからヨガの研修を受けられる制度を利用してインストラクターになる方法
  • 働いてみたいヨガスタジオの有料の養成講座を終了する方法

この二つの方法があります。

前者の方が、大変かもしれませんが、働きながらヨガの研修が受けられるのでおすすめです。

【大変!まさかの体調不良】ホットヨガのインストラクターは体力勝負?

有給休暇があったとしても、レッスンが入ってる時にはなかなか休めないし、休みにくいかとは思います。

普段から真面目な仕事ぶりを評価してもらうようにネゴシエーションを実践することで、万が一の体調不良の時には思い切って休める状況を作っておきましょう。

しかし、ホットヨガのインストラクターさんは、普通の仕事よりも体調管理に気を付けなければいけないことは確かです。

それゆえに、食事や生活態度、自分のスタイルや容姿に気を使うようになりますので、女子として輝いていられる仕事といえそうです。

【口コミでわかる?】ホットヨガインストラクターに向いている人

インストラクターさんによって、ホットヨガのモチベーションは、正直、かわってきますよね。

ツイッターの口コミで、インストラクターさんについて、みんなどう思っているのかが垣間見えたのでご紹介しておきますね。

ホットヨガのインストラクターさんは、美人でスタイルがよい人が多いようです。

美人は得?ヨガのインストラクターとしては、多少未熟だったとしても容姿である程度カバーできてしまう部分はあるかもしれません。

もちろん、スタイルに自信がない未経験の方でも、インストラクターとしてのレッスンを通してご自身も美しく変わっていきますのでその辺は心配ないかと思います。

一方では、次のような口コミもあります。

初めは容姿で人をひきつけても、ホットヨガのインストラクターとしての経験を積み上げていかなければ、レッスン生による厳しい判断をされてしまうようです。

人より数倍、努力しているインストラクターさんはやはりどこか違います。

見た目も大事ですが、向上心のある心も美しい人がホットヨガのインストラクターに向いていると思います。

これらのことをまとめてみると以下のとおり

口コミか浮かび上がったインストラクターに向いている人
  • 美意識が高い人
  • 運動能力が高くスタイルの良い人
  • 向上心のある人

持って生まれた自分というものを最大限、輝かせることができる人、そんな人に向いているといえそうです。

ヨガスタジオは、インストラクターさんの待遇で決めるのも一つの手かも


なかなか、インストラクターさんの待遇まで気にしてスタジオ選びをする人は少ないと思います。

しかし、インストラクターの私的な充実度と、受講生側のわたしたちが得る満足度は、相関関係にあるのではないでしょうか。

どんなにキレイな花も水をあげたりお日様にあててあげなければ枯れてしまいます。

スタジオの花といえるインストラクターさんが、お子さんを出産してもママとなっても輝く続けることができる環境は素晴らしいですね。

“女性を大切にする姿勢”

ホットヨガをやろうとしている方は女性が多いと思います。

ぜひ、女性インストラクターを搾取するような形で雇用するスタジオには、いくら条件のよいスタジオでも敬遠するぐらいの覚悟でスタジオ選びをしてほしいと願っています。

女性の敵は女性と言われています。

社会全体の女性の地位向上についても考えながらホットヨガにとりくんでくだいさいね。

まとめ
調査でわかったこと
  • いちばん、雇用条件のよいホットヨガはLAVA
  • インストラクターさんが充実していると、レッスン内容にもよい影響があり、好循環がおこりそう
  • ホットヨガ選びの指針にする見方もできる

インストラクターとして活躍した後、更に研鑽を積めば、フリーとして独立するのも夢ではありません。

  • デスクワークで悶々としている方
  • 何か新しことにチャレンジしたい方
  • 体を動かすのが好きな方

ホットヨガのインストラクターというキャリアをぜひ、検討してみてください。

追記:2019年1月よりLAVAの給与体系が大きく変更され基本給が下がる予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング