【あなたのニキビはどれ?】写真付きニキビの種類別原因と治し方!

Pocket

1,107 views

「ニキビって種類ごとに対策が違ってややこしい」「わたしのニキビって何ニキビ?」などなど…ニキビの種類について悩んでいるひとは多いと思います。

今回書いた記事を読んでもらえれば、誰でも自分のニキビが何ニキビでどんな対策が有効なのか簡単にわかるようになります。

実際に私も、今回紹介する対処法でやっかいなニキビを撃退してきました。

ここでは、写真付きでニキビの種類と種類別の原因と対策について紹介していきます。

最後まで読んでいただければ、今後ニキビ対策で悩むことは少なくなるはずです。是非参考にしてください。

ニキビの種類

種類 特徴 原因 対策
白ニキビ
痛みは無い 毛穴の周りが固くなって皮脂が詰まっていること ピーリング効果のある化粧品を使う
黒ニキビ
黒くて目立つ 詰まった皮脂が参加して黒くなっていること ピーリング効果のある化粧品を使う
赤ニキビ(丘疹)
赤く腫れている 詰まった皮脂を餌にアクネ菌が増殖したこと 抗炎症作用のある化粧品を使う
黃色ニキビ(膿疱)
膿が溜まってる アクネ菌と白血球が闘っていること 抗炎症作用のある化粧品を使う

ニキビの種類を表にしてまとめてみました。

ニキビは基本的に白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黃ニキビに分けられます。

それぞれ特徴や原因・治し方が違うので次の見出しで詳しく解説しています。

気になるニキビの種類をクリックすると詳細の見出しに飛ぶので是非活用してください。

白・黒ニキビの特徴と原因・治し方


ここでは、白・黒ニキビの特徴と原因・治し方についてまとめていきます。

白・黒ニキビは痛みはありませんし目立たないので気にする人が少ないのですが放っておくと赤ニキビに発展してしまいます。

当記事を参考に、赤ニキビになる前に改善して美肌を保つようにしましょう。

白ニキビの特徴

白ニキビは、毛穴の出口付近お肌が硬くなって毛穴が詰まることが原因でできるニキビです。

特に痛みはなく、お肌がぷくっと盛り上がっている状態が特徴です。

この状態では特に痛みも無く、あまり目立たないので気付きにくいニキビです。

赤ニキビは黄ニキビは白ニキビが発展した状態なので、白ニキビの内にニキビを改善することができればお肌を傷めずにすみます。

黒ニキビの特徴

黒ニキビは、白ニキビの表面が酸化して黒くなった状態のニキビです。

白ニキビと同様に痛みはありませんが、黒いのでほくろのように目立つ事が特徴です。

白ニキビと同様に、炎症が起こる前の状態なので黒ニキビの内にニキビを改善することができればお肌を傷めずにすみます。

白・黒ニキビの原因と治し方

白・黒ニキビの原因は、毛穴付近のお肌が硬くなる事で皮脂が出られなくなり詰まってしまうことです。

お肌が硬くなる原因は様々で、代表的なものとして「ホルモンバランスの乱れ」「乾燥肌」などがあげられます。

根本原因を解決するのが一番ですが、現代社会で生きている限りホルモンバランスの乱れを解決するのはとても難しいです。

そのため、ピーリング作用のあるニキビケア化粧品を使うことで対策することをおすすめします。

ピーリング作用のあるニキビケア化粧品を使用することで、固くなった皮脂を取り除くことができます。

すると、皮脂が毛穴からきちんと排出されるようになるため白ニキビの予防に繋がります。

赤ニキビ(丘疹)の特徴と原因・治し方


ここでは、赤ニキビ(丘疹)の特徴と原因・治し方についてまとめていきます。

赤ニキビは目立つし痛みを伴うのでできるだけ早く治したいと思います。

放っておくと黃ニキビに発展してしまうので、そうなる前に当記事を参考にしっかりと直してしまいましょう。

赤ニキビ(丘疹)の特徴

赤ニキビは、白・黒ニキビが悪化して炎症を起こした状態のニキビです。

強い痛みがあり、赤くふくれあがってとても目立つことが特徴です。

赤ニキビまで悪化してしまうと、ニキビ跡になる可能性もでてくるので慎重にケアしていくことが大切です。

赤ニキビ(丘疹)の原因と治し方

赤ニキビ(丘疹)の原因は、白・黒ニキビに詰まった皮脂を餌にアクネ菌が異常増殖することです。

異常に増殖したアクネ菌を退治するために白血球が出動してアクネ菌と闘うことで炎症が起こります。

炎症を素早く鎮めるためには、ニキビに触らない・早く寝るなどの対策が有効です。

その他、「グリチルリチン酸2K」などの抗炎症作用のある有効成分が配合されたニキビケア化粧品を使うのも有効な対策です。

できてしまった赤ニキビを素早く鎮めるのであればルナメアACがおすすめです。

黃ニキビ(膿疱)の特徴・原因と治し方


ここでは、黄ニキビ(膿疱)の特徴・原因と治し方についてまとめていきます。

黃ニキビは正しく対処しないとニキビ跡になる可能性が高いです。ニキビ跡になる前に当記事を参考にしっかりと治していきましょう。

黃ニキビ(膿疱)の特徴

黃ニキビは、赤ニキビの炎症が落ち着いてきて膿が出てきた状態のニキビです。

場合によっては強い痛みがあり、大きく膨らんでいるのでとても目立つことが特徴です。

白ニキビまで悪化してしまうと、ニキビ跡になる可能性がかなり高いです。

そのため無理に潰そうとしたりせずに丁寧にケアすることが大切です。

黄ニキビ(膿疱)の原因と治し方

黄ニキビ(膿疱)は、赤ニキビの炎症が治っていく過程でアクネ菌の死骸が膿として溜まった状態です。

白血球VSアクネ菌の戦いは終わりに近づいていますが、この段階で余計なことをすると悪化の原因になります。

正しい知識が無い人が触る・潰す・何かを塗るなど余計な対処をするのはおすすめしません。

もし何かしたいのであれば、ちょっとでも早く炎症を抑えるために抗炎症作用のあるニキビケア化粧品を使うことをおすすめします。

大人ニキビの特徴・原因と治し方


ここでは、大人ニキビの特徴・原因と治し方について紹介していきます。

20代になって突然できはじめる大人ニキビは目立つしなかなか治らないので悩んでしまいますよね。

当記事を参考にすっきり直して、綺麗なお肌を取り戻してください。

大人ニキビの特徴

大人ニキビは。20代後半〜30代前半にかけてできるニキビです。

ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れや、インナードライ肌が原因です。

フェイスラインのUゾーンにできやすいことが特徴で、同じ場所にできることが多いです。

正しいケアをすれば治せるニキビなので、コンシーラーなどで隠すだけでなくしっかりとしたケアを心がけましょう。

大人ニキビの原因と治し方

大人ニキビは、ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れが原因のニキビです。

ホルモンバランスが乱れる事で、お肌のターンオーバーが正常に行われなくなり毛穴付近のお肌が硬くなる事で毛穴に皮脂詰まりが発生します。

この皮脂詰まりを解消することが大人ニキビ対策のポイントです。

そのため、化粧品をピーリング作用のあるプロアクティブ+やNOV ACアクティブに変えると良いでしょう。

大人ニキビの原因と治し方については次の記事で詳しく書いているので、気になる人は是非参考にして下しさい。

【おすすめの治し方は?】大人ニキビ7つの原因と5つの治し方比較!

思春期ニキビの特徴と原因・治し方


ここでは、思春期ニキビの特徴と原因・治し方についてまとめていきます。

思春期ニキビが顔にできるとそれだけで自信が持てなくなって、人と話すのも嫌になってしまいますよね。

10代を全力で楽しむためにも、当記事をしっかりと読んで思春期ニキビを改善してください。

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビは、10代後半〜20代前半にかけてできるニキビです。

ホルモンバランスの変化で皮脂が過剰に分泌されることが原因です。

鼻の周りのTゾーンやおでこ・頬などの皮脂が分泌されやすい場所にできやすいことが特徴です。

思春期ニキビも正しいケアを続ければ治せるニキビです。ニキビ跡を残さないためにもしっかりとしたケアを心がけましょう。

思春期にニキビの原因と治し方

思春期にニキビは、身体が大人に作り変わる過程でホルモンバランスが一時的に崩れることが原因のニキビです。

思春期は男子も女子も男性ホルモンが優位になる時期です。そのため、皮脂の分泌量が増えておでこや鼻の周りにニキビができやすくなってしまいます。

皮脂の分泌量が増えていることが原因でニキビができているため、しっかりとスキンケアを続けることが対策のポイントになります。

そのため、プロアクティブ+などのニキビケア化粧品で毎日しっかりとケアをしていくと改善されることが多いです。

思春期ニキビの原因と治し方については次の記事で詳しく紹介しているので是非参考にしてください。

思春期ニキビの原因とおすすめの治し方【肌美人はみんな知ってます!

まとめ

今回は、ニキビの種類と種類別原因と対策についてまとめました。

ニキビを大別すると

  • 思春期ニキビ
  • 大人ニキビ

の2種類に分けることができます。

思春期にニキビは10代〜20代前半にできやすいニキビで、ホルモンバランスの変化による皮脂の量の増加が原因です。

大人ニキビは20代~30代前半にできやすいニキビで、ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れでターンオーバーが乱れることが原因です。

また、ニキビは症状別に分けると

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黃ニキビ

の4種類に分けられます。

この中でも赤ニキビと黄ニキビは対処を間違えるとニキビ跡の原因になるので注意が必要です。

どのニキビについてもニキビケア化粧品による対策が有効です。ニキビに悩む人は是非ニキビケア化粧品を使って見てください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング