思春期ニキビの原因とおすすめの治し方【肌美人はみんな知ってます!

Pocket

197 views

「思春期ニキビの原因は?」「思春期ニキビの治し方を知りたい」など思春期ニキビの原因と対策について調べている人は多いと思います。

ニキビが顔にあるだけでとっても不細工に見えてしまうし、同じクラスのあの子はできてないのに何で私だけ…なんて悩んでしまいますよ。

今回は、「思春期ニキビとは?」「思春期ニキビの原因」「思春期ニキビの治し方」などについてわかりやすくまとめました。

最後まで読んで頂ければ、思春期ニキビの原因や思春期ニキビの治し方についての悩みは解決します。是非参考にしてください。

思春期ニキビとは


思春期ニキビとは、中学性や高校生など10代の人にできやすいニキビの総称です。

新陳代謝が活発な成長期に当たる中学生〜高校生は皮脂の分泌量が多いので、思春期ニキビに悩まされている人がとても多いです。

思春期ニキビにはTゾーン(おでこ、鼻)と呼ばれる皮脂の分泌量が比較的多い場所にできやすい特徴があります。

特に、運動部に所属していて普段汗や紫外線の影響を受けやすい人のほとんどはニキビに悩んだことがあるのではないでしょうか?

そんな思春期ニキビですが、しっかりと原因を把握して正しい対処を行えば綺麗に治す事ができます。今回の記事では、原因と治し方についてもまとめているので参考にしてください。

また、もしあなたが大人ニキビと思春期ニキビの違いについて知りたいのであればリンク先の記事も参考になるので是非読んでみてください。

※大人ニキビと思春期ニキビの違いについて調査中(リンク挿入予定)※

思春期ニキビの原因9選

思春期ニキビの原因 概要
毛穴が未発達 思春期は身体の作りが変化する期間です。毛穴も未発達で小さく、皮脂が詰まりやすい傾向にあります。
皮脂の過剰分泌 思春期の間は男子も女子も男性ホルモンの分泌量が増えます。男性ホルモンが増えると皮脂の分泌が活発になりニキビができやすくなります。
乾燥 思春期の間は男子も女子も男性ホルモンの分泌量が増えます。男性ホルモンが増えるとお肌が乾燥しやすくなり皮脂の分泌量が増えがちです。
栄養バランス ポテトチップスやチョコレートの食べ過ぎで栄養バランスが乱れると、身体の中で活性酸素が増えてニキビができやすくなります。
睡眠不足 友人とのラインやYouTubeの見過ぎで睡眠不足になると、ホルモンバランスが乱れてニキビができやすくなります。
ホルモンバランス 不規則な生活やストレス・生理などでホルモンバランスが乱れるとターンオーバーの周期が乱れてニキビができやすくなります。
紫外線 お肌が紫外線に当たると活性酸素が大量に生み出されて、ニキビの炎症が進行しやすくなります。
ストレス 友人関係や勉強でストレスを溜めすぎると、身体の免疫力が低下してニキビができやすくなります。
間違ったケア 洗顔のしすぎなど間違ったスキンケアを行うとお肌が傷ついてニキビができやすくなります。

中学性〜高校生の思春期の間にできやすい「思春期ニキビ」には、表にまとめたように大きく分けて9種類の原因があります。

ここでは9種類全ての原因について解説していきます。思春期ニキビの原因について調べている人は是非読んでいってください。

また、表の気になる原因についてクリックするとその原因について詳しく書いた見出しに飛びます。気になる原因がある人はクリックしてみてください。

思春期ニキビの原因①:毛穴が未発達

思春期前の人間の肌はほとんど毛穴が見えません。それは、皮脂の分泌量が少ないため毛穴が狭くても大丈夫だからです。

ですが、思春期を通して身体が大人の身体に変化するにつれて皮脂の分泌量が増えて毛穴が広がっていきます。

思春期の間は徐々に身体が変化していくため、毛穴が未発達のまま皮脂分泌量だけが増えると思春期ニキビができます。

この場合、身体が成長しきればニキビができにくくなるので洗顔などで対処していればそのうちニキビは無くなってしまいます。

思春期ニキビの原因②:皮脂の過剰分泌

思春期になると、子供の身体から大人の身体に変化するために男子も女子も男性ホルモンの分泌量が増えます。

この時期には、男性ホルモンには皮脂の分泌を増やす働きがあるため、男女関わらず皮脂の分泌量が多くなります。

すると、増えた皮脂を毛穴が処理できなくなって毛穴が詰まってニキビができてしまいます。

思春期を過ぎると、毛穴も皮脂の分泌量に対応した大きさに変化するため思春期ニキビはできにくくなってきます。

思春期ニキビの原因③:乾燥

思春期のお肌はホルモンバランスの変化により乾燥しやすくなっています。お肌が、乾燥するとお肌に水分を蓄えるために皮脂の分泌量が増えます。

また、乾燥しているとお肌のバリア機能が弱まるため刺激に弱くなりちょっとした刺激でダメージを受けるようになります。

お肌が乾燥したり、ダメージを受けたりするとターンオーバーの周期が乱れて古い角質でお肌が固くなり毛穴から皮脂が出にくくなります。

結果、お肌が乾燥すると皮脂が毛穴に詰まりやすくなりニキビができやすくなってしまいます。

皮脂の分泌量が多くお肌がべたべたしても、インナードライ肌と言ってお肌が乾燥している可能性が高いです。

思春期ニキビに悩んでいる人は、一度しっかりと保湿ケアをしてみることをおすすめします。

思春期ニキビの原因④:栄養バランスの乱れ

ニキビと食生活には深いかかわりがあります。例えばチョコレートやポテトチップスを沢山食べると翌日ニキビができやすくなりますよね。

基本的に、油分や糖分をとると皮脂が分泌されやすくなります。

なぜなら、身体の中で油分や糖分を代謝するためにはビタミンBが大量に必要で、ビタミンBが消費されるとお肌に栄養がまわらず皮脂分泌のコントロール機能が乱れてしまうからです。

また、食事を食べずに無理なダイエットを行うとお肌に栄養がまわらなくなり肌荒れの原因になります。

思春期ニキビを治したければ、お菓子を控えてバランスのとれた食事をとることを心がけましょう。無理なダイエットおも禁物です。

思春期ニキビの原因⑤:睡眠不足

お肌のダメージは睡眠中に修復されます。新しいお肌が生まれて古い角質が剥がれるターンオーバーが行われるのも主に夜です。

睡眠時間が少ないとターンオーバーが上手く行われなくなります。すると、古い角質がいつまでもお肌の表面に残ってしまいお肌が固くなります。

また、睡眠時間が不規則だとホルモンバランスが乱れがちになります。

睡眠時間が短いと、お肌のバランスが崩れて皮脂が分泌されやすくなるし、ターンオーバーの周期が乱れてお肌が固くなるのでとてもニキビができやすい肌環境になってしまいます。

ラインに夢中だったり、遅くまでYoutubeを見てしまう人は。睡眠のゴールデンタイムと言われている22:00~26:00の間はしっかり寝るように睡眠時間を改善していきましょう。

思春期ニキビの原因⑥:ホルモンバランス

思春期ニキビにができる原因には、ホルモンバランスが大きく影響しています。

ちなみに、男性ホルモンが増えると皮脂分泌の分泌量が増えて毛穴周辺のお肌が硬くなります。

一方で、女性ホルモンの量が減ると、肌が乾燥して古い角質が毛穴に溜まりやすくなります。

思春期は、身体のつくりが変化するためホルモンバランスが崩れやすい時期です。特に、男性ホルモンの量が多く成りやすいためニキビができやすい肌環境になりがちです。

思春期の間はニキビを防ぐためにもきちんとしたスキンケアを行っていく必要があります。

思春期ニキビの原因⑦:紫外線

顔のお肌は紫外線を浴びることで皮脂が詰まりやすくなります。

また、紫外線がお肌に当たるとお肌の細胞を傷つける活性酸素の生成が促されてしまいます。

運動部に所属しているなどで外にでる機会が多い人は、日焼け止めクリームを塗るなどしっかりと日焼け止め対策を行うようにしましょう。

思春期ニキビの原因⑧:ストレス

勉強や人間関係でのストレスも思春期ニキビの原因の1つです。

ストレスが溜まると、身体の中で炎症を鎮める成分が大量に消費されます。すると、ニキビの炎症を鎮める成分が少なくなって、ニキビへの対処が追いつかなくなってしまいます。

また、ストレスを受けると体内で活性酸素が発生して細胞が傷つくことで免疫力が低下してしまいます。すると面疔など細菌が原因のニキビもできやすくなってしまいます。

さらに、活性酸素はコラーゲンなどのお肌を綺麗に保つ成分を破壊してしまいます。コラーゲンが減るとお肌に水分を保持する力が弱くなってしまうので皮脂が分泌されやすくなってしまいます。

ストレスを溜めると、思春期ニキビができやすくなるので友人と遊んだり映画を見たり自分なりのストレス発散方法を探すようにしましょう。

思春期ニキビの原因⑨:間違ったケア

中学校に入学して始めて洗顔石鹸をつかって洗顔を始めた人も多いと思います。そのため、中学性や高校生は自己流の間違ったスキンケアをしてしまいがちです。

例えば、脂っぽい肌をすっきりさせようとして一日に何度も洗顔をすると、必要な皮脂まで落としてしまいお肌が乾燥して余計に皮脂の分泌が増えてしまいます

また、ゴシゴシとお肌をこすりながら洗ってしまうとお肌がダメージを受けて皮脂の分泌量が増えたり、角質層が厚くなってお肌が固くなってしまいます。

思春期のニキビができやすいお肌だからこそ、しっかりと正しいスキンケアを行うように気をつけましょう。正しいスキンケア方法についてはリンク先の記事で紹介しているので参考にしてください。

思春期ニキビと大人ニキビの違いやニキビを治す正しいケア方法を解説!

思春期ニキビ対策一覧

効果 手軽さ コスト
ニキビケア化粧品
生活習慣の改善
食生活の改善
皮膚科への通院
市販薬

  
ここでは、思春期ニキビ対策として効果が期待できる方法を表にまとめて比較していきます。

上から順におすすめ度順に並べたので参考にしてください。

この後の見出しで、それぞれについて詳しく解説しています。是非参考にしてください。

思春期ニキビの治し方で最もおすすめはニキビケア化粧品

毎日の洗顔や化粧水を置き換えるだけで思春期ニキビ対策が行えるニキビケア化粧品が最もすすめの治し方です。

通院の手間や、毎日の食事・睡眠を無理に変える必要が無いため比較的に楽にできて続けやすいことが大きなポイントです。

また、ニキビの原因である毛穴の詰まりにダイレクトに働きかけることができるので効果期待度もとても高いです。

ラインを全て揃えなくても、化粧水や洗顔単体で効果がある商品も多いため部分使いもできます。

ニキビケア化粧品による思春期ニキビ対策は必須と言っても言い過ぎではありません。

思春期ニキビ対策に生活習慣と食生活の改善も大切

思春期ニキビの改善を考えるのであれば、生活習慣や食生活を改善することも大切になってきます。

ニキビケア化粧品などで毛穴の詰まりやアクネ菌にアプローチしても、睡眠や食生活が乱れていてお肌自体の力が落ちていたら効果が半減してしまいます。

せっかく思春期ニキビの対策を行うなら、コストがかからず誰でも挑戦できる生活習慣や食生活の改善も一緒に行うことをおすすめします。

皮膚科への通院や市販薬での治療は効果期待度が低い

効果が高いと思われがちな皮膚科や市販薬でのニキビ対策ですが、実は効果期待度は高くありません。

皮膚科のニキビ対策で処方される「ダラシンTゲル」や「ディフェリンゲル」はアクネ菌を殺菌して、ターンオーバーを促進することでニキビの改善を促す処方です。

ですが、洗顔や保湿がしっかりできていないと効果を発揮しきれませんし、「殺菌」「ターンオーバーの促進」はニキビケア化粧品で代用できます。

そのため、皮膚科や市販薬に頼るのであればニキビケア化粧品を使った方が効果期待度が高いです。

思春期ニキビ対策ならニキビケア化粧品がおすすめ!


表を使って5種類の思春期ニキビの治し方を比較しましたが、最もおすすめの治し方は「ニキビケア化粧品」です。

ニキビケア化粧品は、毎日のスキンケア用品を置き換えるだけなので気軽に試せるし病院のように通院の必要もないので必ず続けることができます。

また「アクネ菌の殺菌」や「ピーリング」「ターンオーバーの促進」など皮膚科の処方で行うことと同じ効果が期待できるのも特徴的です。

価格的にも、プロアクティブやオルビスなら月々5000円程度で続けられるので高すぎるということはありません。

思春期ニキビに悩んでいるなら是非ニキビケア化粧品を試してみてください。お試しセットなら1000円程度で試せる物が多いので試すだけでも価値はあります。

次の見出しで思春期ニキビにおすすめのニキビケア化粧品についてランキング形式で紹介しているので、全て試してみることをおすすめします。

思春期ニキビ対策でおすすめのニキビケア化粧品ランキング

プロアクティブプラス

ニキビケアと言えばプロアクティブ!

思春期ニキビ向けのニキビケア化粧品と言ったらプロアクティブ!と言って良いほど知名度が高い商品です。もちろん、知名度だけでなく効果も一級品です。ピーリング作用のある化粧品なので毛穴の詰まりを物理的に解消してくれるため効果期待度が高いです。また、保湿や美肌効果も高い化粧品でコスパも良いのでランキング1位となりました。

価格 【お試し】-,【定期】4,900円
【通常】7,900円
総合評価
主成分 サリチル酸、グリチルリチン酸2K、L-アスコルピン酸2−グルコシド
【編集部のコメント】
思春期ニキビと言えばプロアクティブ!洗顔が泡立たない独自の処方ですが、しっかりと汚れが落ちている感じがあって使いやすいです。また、美容液に美白成分が入っていて少し肌が白くなった気がします。1月ほど使い続けましたが、気になっていた頬のニキビが驚く程できなくなりました。月4900円〜という価格も有り思春期ニキビ対策なら最もおすすめできる化粧品です。

NOV ACアクティブ

低刺激でピーリングもできるのが魅力的

NOV ACアクティブはサリチル酸のマイルドピーリング作用が特徴のニキビケア化粧品です。プロアクティブと比べるとピーリング作用の面で劣りますが、低刺激でおすすめできるニキビケア化粧品です。ラインで揃えると若干価格が高いのが難点です。

価格 【お試し】1,000円
【定期】-
【通常】13,500円
総合評価
主成分 グリチルレチン酸ステアリル、グリチルリチン酸2K、サリチル酸、アラントイン、塩化ピリドキシン、Lアスコルピン酸2−グルコシド
【編集部のコメント】
NOV ACアクティブはプロアクティブと同じくマイルドピーリング作用のあるニキビケア化粧品です。洗顔の泡立ちが良くコシもある泡ができるのでとても気持ち良く顔を洗うことができます。プロアクティブと比べると若干刺激が弱いので、プロアクティブはヒリヒリする!という人におすすめです。

オルビスクリアライン

敏感肌ならオルビス!

オルビスクリアラインもニキビケア化粧品として有名な化粧品ですね。ピーリング作用はありませんが、他の化粧品に比べて低刺激なので敏感肌の人には特におすすめの化粧品です。また、化粧水はさっぱりしてるので皮脂分泌の多い思春期ニキビにはおすすめできる化粧品です。

価格 【お試し】1,200円
【定期】-
【通常】4,460円
総合評価
主成分 グリチルリチン酸2K
【編集部のコメント】
オルビスクリアラインは、ニキビケア化粧品の老舗オルビスが販売するニキビケア化粧品です。パラベンや鉱物油が配合されておらず、オイルカット処方でさっぱりとした付け心地が特徴的です。実際に使って見ても、とてもさっぱりした使い心地で、敏感肌でオイリーになりがちな人におすすめできる商品です。

まとめ
今回紹介したこと
        

  • 思春期ニキビとは中学性〜高校生の思春期の時期にできるニキビ
  • ホルモンバランスの変化で皮脂の分泌量が増えることが主な原因
  • おすすめの思春期ニキビ対策はニキビケア化粧品
  • ニキビケア化粧品は簡単に毎日続けられる
  • 最もおすすめのニキビケア化粧品はプロアクティブ

今回は思春期ニキビの原因と治し方についてまとめました。

思春期ニキビの主な原因は、ホルモンバランスの変化で皮脂の分泌量が増えることです。

そのため、思春期ニキビを治すためにはしっかりとした対策を毎日続けることが大切になります。

思春期ニキビの対策で最もおすすめなのはニキビケア化粧品で、その中でもプロアクティブがおすすめです。

月々5000円程度で続けられて効果期待度がとても高いので、是非美肌を目指して実蹟してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング