思春期ニキビと大人ニキビの違いやニキビを治す正しいケア方法を解説!

Pocket

231 views

「思春期ニキビと大人ニキビの違いは?」「思春期ニキビと大人ニキビの見分け方は?」などなど、思春期ニキビと大人ニキビの違いについて調べている人は多いと思います。

私も、「自分のニキビは思春期ニキビ?大人ニキビ?」と悩んだ経験があるので調べている人の気持ちはとってもよくわかりますよ♪

そこで今回の記事では、「思春期ニキビと大人ニキビの見分け方」「思春期ニキビと大人ニキビの違い」「思春期ニキビと大人ニキビの対策方法の違い」などについて解説していきます。

最後まで読んでいただければ、思春期ニキビと大人ニキビの違いが理解できます。是非参考にしてくださいね♪

思春期ニキビと大人ニキビの見分け方は?

写真 思春期ニキビ
大人ニキビ
特徴 お肌が油っぽくて頬や鼻・おでこなどのTゾーン付近に多くできるのが特徴 お肌が少し乾燥していて口周りや顎などのフェイスラインにできるのが特徴

このパートでは、思春期ニキビと大人ニキビの見分け方を紹介していきます!

思春期ニキビは皮脂の分泌量が増える事でできるニキビなので、お肌が明らかに油っぽいことが多いです。

逆に、大人ニキビはターンオーバーの乱れが原因でできる場合が多いので、お肌が乾燥していることが多いですね。

また、思春期ニキビはTゾーンにできやすく大人ニキビはUゾーンにできやすいという特徴もあります。

ただし、大人ニキビもインナードライ肌などでお肌が油っぽく見えることもあります。そのため、一概に「これで見分けられる!」という基準はないんです…汗

なので、13歳〜18歳程度の身体が変化している時期にできるニキビは「思春期ニキビ」20代以降にできるニキビは「大人ニキビ」と判断するのが一番確実です。

思春期ニキビと大人ニキビの違いを分かりやすく解説!

思春期ニキビ 大人ニキビ
原因 成長に伴うホルモンバランスの変化(男性ホルモンの増加) ストレス・睡眠不足などの生活習慣
肌状態 脂性肌
場所 Tゾーン・頬 Uゾーン
時期 春〜夏に増える 通年
年齢 13歳〜20歳 20歳〜

このパートでは、思春期ニキビと大人ニキビの違いについて解説していきます!

表で紹介した順番で、原因・肌状態・できる場所の違いについて詳しく解説していくので是非参考にしてくださいね♪

違い①:思春期ニキビと大人ニキビの原因の違いとは…?

ニキビの種類 原因
思春期ニキビ 成長に伴うホルモンバランスの変化(男性ホルモンの増加)
大人ニキビ ストレス・睡眠不足などの生活習慣

思春期ニキビの原因は、ホルモンバランスの変化で皮脂の分泌量が増えることです。一方で、大人ニキビの原因は、生活習慣の乱れでホルモンバランスが乱れることです。

思春期ニキビは、身体を成長させるためにホルモンバランスが変化することでできてしまうので誰もが一度は経験することになるんですね…汗

一方で大人ニキビは、大人になってからの生活習慣の乱れが原因なので「食事」「睡眠」「運動」などの生活習慣を適切に保っていれば避けることができるニキビです!

違い②:思春期ニキビと大人ニキビの肌状態の違いを解説!

ニキビの種類 肌状態の違い
思春期ニキビ 脂性肌
大人ニキビ 乾燥肌・インナードライ肌

思春期ニキビは、ホルモンバランスの変化で皮脂の分泌量が増えてできてしまうニキビです。そのため、肌質は脂性肌気味になります。

一方で、大人ニキビは生活習慣やストレスでお肌のターンオーバーが正常に行われなくなることが原因です。そのため、お肌の正常な保湿機能がが失われて乾燥肌気味になります。

大人ニキビの場合、一見脂性肌に見えても乾燥が原因で皮脂の分泌量が増えている「インナードライ肌」の場合がほとんどなんです…!

違い③:思春期ニキビと大人ニキビそれぞれができる場所の違いとは…?

ニキビの種類 できる場所
思春期ニキビ Tゾーン・頬
大人ニキビ Uゾーン

思春期ニキビは、皮脂分泌量の増加が原因なので顔の中でも特に皮脂の分泌量が多いTゾーンや頬に集中してできることが特徴です。

一方で、大人ニキビはストレスやホルモンバランスの乱れの影響を受けやすいUゾーンにできやすいです。生理でできるニキビがデキやすいのもUゾーンですね…!

違い④:思春期ニキビと大人ニキビができる時期の違いとは…?

ニキビの種類 できる時期
思春期ニキビ 春〜夏に増える
大人ニキビ 通年

思春期ニキビは、皮脂の分泌量が増えてしまうことが原因でできます。そのため、春〜夏にかけての熱い季節にできやすい特徴があります。

一方で、大人ニキビは乾燥肌でお肌のバリア機能が弱っていることが原因でできます。そのため、季節にかかわらず通年できやすいんです…!

違い⑤:思春期ニキビと大人ニキビができる年齢の違いを解説!

ニキビの種類 年齢の違い
思春期ニキビ 13歳〜20歳
大人ニキビ 20歳〜

思春期ニキビは名前の通り、12歳〜20歳程度の「思春期」の時期にできるニキビです。

身体の成長に伴うホルモンバランスの変化でできるニキビなので、身体ができあがった20歳以降にできるニキビは思春期ニキビとは呼びません。

一方で、大人ニキビは生活習慣が乱れやすい20歳以降の年齢でできやすいニキビです。特に、ストレスを溜めやすい会社勤めの人は大人ニキビができやすいですよ…!

思春期ニキビと大人ニキビのそれぞれの対策方法の違いは?

このパートでは、思春期ニキビの対策方法と大人ニキビの対策方法に加えそれぞれの違いについて解説していきます。

3つのパートに分けて詳しく解説していくので是非参考にしてくださいね♪

思春期ニキビの3つの対策方法

対策方法 概要
洗顔をしっかりと行う 思春期ニキビの原因は「過剰な皮脂」なので、洗顔で皮脂をしっかりと落とすことで対策できます。
ニキビケア化粧品 ルナメアACやプロアクティブなどの抗炎症成分が配合されていて、洗浄力の強いニキビケア化粧品は思春期ニキビに効果的です。
皮膚科への通院 皮膚科で処方されるアクネ菌を殺菌する薬は、思春期ニキビには有効です。

このパートでは、思春期ニキビの3つの対策方法について紹介していきます。

パートを3つに区切ってそれぞれの対策方法について詳しく解説していくので、是非参考にしてくださいね♪

思春期ニキビの対策方法①:洗顔をしっかり行う


思春期ニキビの原因は過剰に分泌される皮脂です。なので、洗顔でしっかりと皮脂を洗い流すことで改善することができます。

思春期ニキビに悩んでいる時期は、朝晩の2回洗顔しても大丈夫です。寝ている間にも皮脂は分泌されるのでしっかりと洗い落としましょう。

また、日中汗をかいてしまったときはタオルや油取り紙でしっかりと汗を拭き取りましょう。

このように、皮脂をしっかりと取り去る工夫を積み重ねることで思春期ニキビの改善・予防をすることができますよ♪

思春期ニキビの対策方法②:ニキビケア化粧品


思春期ニキビ対策として、グリチルリチン酸2Kの様な抗炎症作用のある成分が配合されているニキビケア化粧品を活用するのも有効です。

グリチルリチン酸2Kには抗炎症作用があります。なので、今あるニキビの炎症が治まるまでの期間を早める効果がありますよ♪

また、洗顔料を選ぶ時はなるべく洗浄力の高い洗顔を選ぶのがおすすめです。毛穴に溜まっている皮脂をしっかりと洗い流すことができますよ!

思春期ニキビの対策方法③:皮膚科への通院


思春期ニキビ対策として、皮膚科への通院をおすすめですよ♪

皮膚科に通院すると、ダラシンTゲルという軟膏とミノマイシンという飲み薬を処方されると思います。

どちらも、アクネ菌を殺菌する効果のある抗生物質なので、ニキビの原因のアクネ菌を身体の外側・内側の両側からしっかりと殺菌してくれます!

大人ニキビの3つの対策方法

対策方法 概要
生活習慣の見直し ほとんどの大人ニキビは生活習慣の乱れからきているので、生活習慣の見直しで改善することができます。
ニキビケア化粧品 ファンケルやNOVなどのピーリング成分が配合されているニキビケア化粧比は、大人ニキビに効果的です。
サプリメントを飲む 普段から食生活が乱れている人は、サプリメントで不足している栄養素を補うことでもニキビを改善することができます。

このパートでは、大人ニキビの3つの対策方法を解説していきますね♪

それぞれの対策毎にパートを区切って詳しく解説していくので、是非参考にしてくださいね!

大人ニキビの対策方法①:生活習慣の見直し


大人ニキビの対策方法として、生活習慣の見直しは非常に有効な対策方法です!

まずは「ストレス発散」「睡眠のリズムを整える」「運動の習慣を取り入れる」の3つの習慣を付けてみてください。

これらの3つの習慣を取り入れることができれば、ホルモンバランスの乱れが解消されて新陳代謝も高まるのでニキビができにくい体質になりますよ♪

大人ニキビの対策方法②:ニキビケア化粧品


大人ニキビの対策方法として、ニキビケア化粧品も有効な対策です。

大人ニキビの場合は、ファンケルやNOVなどのピーリング成分が配合されていて洗浄力がマイルドな化粧品を選ぶと良いですよ♪

ピーリング作用のある化粧品は、大人ニキビの原因である固くなった毛穴を柔らかくする作用があるんです!

毛穴が柔らかくなれば、皮脂がスムーズに排出されるようになります。そのため、ピーリング作用のある化粧品は大人ニキビにとっても効果的なんです。

大人ニキビの対策方法③:サプリメントを飲む


普段から食生活が乱れがちな人は、サプリメントを飲むのもとても有効な大人ニキビ対策です。

お肌を健康に保つには「ビタミンC」「ビタミンB群」「ビタミンE」「ビタミンA」といった4つのビタミンがとても大切です。

逆に、これらのビタミンが不足してしまうとお肌に栄養が行き渡らずニキビができやすい体質になってしまうんです…汗

なので、野菜が不足している人は「ビタミンC」「ビタミンE」「ビタミンA」のサプリを、肉類が不足している人やお菓子を食べる事が多い人は「ビタミンB群」のサプリを採ってみてください!

それだけでも、お肌の調子がちょっとだけ変わってくると思いますよ♪

思春期ニキビと大人ニキビの対策方法の違いとは?

思春期ニキビと大人ニキビの対策方法の違いは、身体の外側と内側どちらをケアするか?の違いです。

思春期ニキビは、成長に伴うホルモンバランスの変化で皮脂の量が増えてできるニキビです。ホルモンバランスの変化は避けられない事なので、外側から皮脂を取り除く必要があります。

逆に大人ニキビは、生活習慣の乱れが原因でできるニキビです。生活習慣は自分で変える事ができます。なので、「ストレス」「栄養不足」「運動不足」などを内側から改善する必要があります。

まとめ
今回紹介したこと
  • 思春期ニキビと大人ニキビはできる場所が違う!
  • 思春期ニキビの原因はホルモンバランスの変化!
  • 大人ニキビの原因は生活習慣の乱れ!
  • 思春期ニキビと大人ニキビは肌質・できる位置・年齢で見分けよう!
  • 思春期ニキビと大人ニキビの対策方法は内側と外側どちらをケアするかが違う!

今回の記事では、思春期ニキビと大人ニキビの違いや見分け方、対策方法の違いなどについて解説してきました。

思春期ニキビと大人ニキビの大きな違いはできる場所です。思春期ニキビはTゾーンにできやすく、大人ニキビはUゾーンにできやすいです。

そのため、できる場所でどちらのニキビがだいたいの見分けが付きます。また、肌質や年齢でも見分けることができましたね…!

思春期ニキビと大人ニキビの対策方法は、外から物理的に皮脂を取り除くかストレスや栄養不足を内側からケアするかと言った点で違います。

当記事で思春期ニキビと大人ニキビの違いを理解して、ニキビの無い綺麗なお肌を目指すための参考にしてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング