【早く治したい…】痛いニキビを楽にケアする3つの方法と種類別対策

Pocket

2,227 views

なかなか治らない痛い赤ニキビや白ニキビ…あんまり治らないとちょっとうんざりしてしまいますよね。また、大切なデートの前に痛くて大きなニキビができてしまったら最悪ですよね。

ここで紹介する対策を試していただければ、ニキビの痛みを素早く抑えて自宅で簡単に治すことができます。

私もニキビが痛むときはこの方法で対策しています。痛みがすぐ引く上に、大切な用事の前にできてしまったニキビも素早く治せるので重宝しています。

ここでは、痛いニキビを自宅で簡単にケアする3つの方法と「赤ニキビ」「白ニキビ」「しこりニキビ」のようにニキビの種類別のケア方法について紹介します。

最後まで読んで頂ければ、今後大きくて痛いニキビに悩むことはありません。是非しっかり読んで参考にしてください。

痛いニキビ対策!自宅で痛みをケアする3つの方法


ここでは、痛いニキビを自宅で簡単にケアする3つの方法を紹介します。基本的にはこの3つの方法でニキビの痛みを抑えて素早く赤みや凹凸を抑えることができます。

エスエス製薬のメモAを使う


エスエス製薬の「メモA」をご存じでしょうか?

メモAは、殺菌成分としてオロナインと同じ「アルクロルヘキシングルコン塩酸液」が、鎮痛成分として「ジブカイン塩酸塩」が配合された軟膏で第2類医薬品に分類されます。

もともときり傷やすり傷に対する軟膏として販売されている商品ですが、痛みを鎮める効果と殺菌作用からニキビにも効果的だと言われています。

オロナインや皮膚科で処方されるダラシンTゲルなどと違って殺菌成分に加えて鎮痛成分が配合されていることから、ニキビの痛みを抑えながら治るまでの時間を短くする効果が期待できます。

ニキビシールでニキビを保護する


ニキビシールは韓国発のプチプラコスメで、グリチルリチン酸2Kなどの抗炎症成分がしみこんだシールです。

ニキビシールはニキビを外部の刺激から守る効果に加え、密封療法の効果が期待できるので有効成分がお肌の奥までしっかり染みこむことが特徴です。

【密封療法 occlusive dressing treatment】

軟膏など外用剤の使用方法の一つ。閉鎖包帯療法またはODTともいう。外用剤を皮膚に塗布すると,水分やアルコール,脂質の一部は時間とともに蒸発していくので,その中に含有されている有効成分を経皮吸収させるためのベースとしての機能が比較的速やかに失われる。また機械的摩擦や入浴で外用剤がとれてしまうことも起こる。そこで,おもにクリームベースに入れた外用剤を患部に塗った後,ラップフィルムでぴったりおおってしまう療法が考案された。

参考:コトバンク

化粧水や乳液にグリチルリチン酸2Kが含まれているコスメは多いですが、蒸発や摩擦ですぐに効果が失われてしまいます。

その点、ニキビパッチならしっかりと密封してグリチルリチン酸2Kの抗炎症作用を長く発揮し続けられるため痛いニキビをより早く抑える効果が期待できます。

テラコートリルでニキビを改善


テラ・コートリルはジョンソンエンドジョンソンが販売する軟膏で、強い抗炎症作用を発揮するステロイドと抗菌作用のあるオキシテトラサイクリン塩酸塩が配合された第2類医薬品です。

効果・効能として面疔(ニキビ)への効果が記載されており効果期待度の高い商品と言えます。

ニキビシールと組み合わせて密閉療法を行うことで、ニキビへの浸透が良くなりより高い効果が期待出来ます。

口コミサイト「@コスメ」での評価も高く、効果期待度が高いためとてもおすすめできる軟膏です。

3つの方法おすすめの組み合わせ方

今回紹介した3つのニキビケア方法は組み合わせて使うことでさらに高い効果が期待できます。今回はおすすめの使い方を紹介しておきます。

おすすめの組み合わせ方
日中 メモAで痛みと炎症を抑える。
ニキビパッチとテラコートリルで密閉療法を行う。

また、日中にニキビシールを貼っているのがばれても気にならない!という人は日中もニキビシールを貼っておくとメモAの効果が発揮されやすくなるためおすすめです。

白ニキビ?赤ニキビ?ニキビの症状や部位別対策

ネットでニキビ対策を調べたとき「この方法って自分のニキビにも効くの?」と疑問を感じる人は少なくないと思います。

そこで、今回はニキビの症状や部位別に痛みを抑えて炎症を早く鎮める方法を紹介していきますね。表を交えてわかりやすくまとめていきます。表の症状をクリックすると詳細の見出しに飛ぶので是非活用してください。

ニキビの種類 かかる期間 自宅でのケア ケア方法
しこりニキビ 通院
おでこのニキビ メモA・ニキビシール・テラコートリル
顎や口周りのニキビ メモA・ニキビシール・テラコートリル
耳のニキビ メモA・テラコートリル
鼻の下のニキビ メモA・ニキビシール・テラコートリル
腋(腋の下)のニキビ メモA・テラコートリル・無駄毛処理を休む
眉毛のニキビ メモA・テラコートリル
鼻のニキビ メモA・テラコートリル・通院
デリケートゾーンのニキビ 通院
後頭部のニキビ メモA・テラコートリル

しこりニキビが痛いときの対策

痛みがでるニキビと言えば「しこりニキビ」の場合が多いです。しこりニキビは原因がお肌の奥の方にありなかなか解決できないことが特徴です。

また、しこりニキビは通常のニキビで無くブドウ球菌などが原因の「面疔」である可能性があるためなるべく医療機関を受診することをおすすめします。

どうしても自宅で治したい!と言う人はAmazonなどで購入できるビタミンC(L-アスコルピン酸)の原末を毎日寝る前に1g〜2g食べることをおすすめします。

ビタミンCの血中濃度を上げると強い抗酸化作用が発揮されるため炎症が早く治まります。

しこりニキビは肌の表面で無く奥に病巣があるため軟膏などの表面的な対策は意味がありません。

荊芥連翹湯などの漢方を飲んだり睡眠時間を増やしてゆっくり休むなど表面的な対策で無く根本対策を試すことをおすすめします。

おでこのニキビが痛いときの対策

おでこは比較的思春期ニキビができやすい場所として知られています。そのため、多くの人は赤ニキビや白ニキビに悩んでいるのではないでしょうか。

あなたの悩みがおでこの赤ニキビや白ニキビであればメモA・ニキビシール・テラコートリルを試してみることをおすすめします。

ただし、大きく膨らんだしこりニキビに悩んでいるようであれば面疔の可能性があるため皮膚科を受診することをおすすめします。

顎や口の周りのニキビが痛いときの対策

顎や口周りは大人ニキビができやすい場所として知られています。そのため多くの人は赤ニキビや白ニキビに悩んでいるのではないでしょうか。

もし顎や口周りのニキビが赤ニキビや白ニキビならメモA・ニキビシール・テラコートリルでの対策が可能です。是非試してみてください。

また、顎や口の周りは手で触ってしまいやすい場所です。お肌への刺激はニキビの原因になってしまうのでなるべく触らないように気をつけましょう。

耳のニキビが痛いときの対策

耳は皮膚が薄く硬いためニキビができるととても痛い場所です。また、以外にも皮脂の分泌量が多い場所でニキビができやすい場所でもあります。

耳は形が複雑なためニキビシールを貼ることができません。そのため、メモAとテラコートリルでの対策をおすすめします。

また、耳ニキビの原因としてもっとも考えられるのは洗顔料やシャンプーの洗い残しが毛穴に詰まってしまうことです。そのためお風呂で身体をすすぐ際は耳の汚れもしっかり落とすように注意しましょう。

鼻の下のニキビが痛いときの対策

鼻の下は大人ニキビができやすい場所として知られています。そのため、鼻の下のニキビに悩む人は赤ニキビや白ニキビに悩むひとが多いと思います。

もしあなたのニキビが赤ニキビや白ニキビなのであればメモA・ニキビシール・テラコートリルでの対策をおすすめします。

また、鼻の下のニキビの根本原因は「内蔵機能の低下」です。ストレスで胃の調子を崩しやすい人は鼻の下のニキビができやすいと言われています。

メモAやテラコートリルで一時的に対策しても根本原因を解決しない限りは鼻の下のニキビはでき続けます。

そのため、鼻の下のニキビに悩んでいる人はなるべくストレスを溜めず暴飲暴食や油分の多い食べ物は避けるようにしましょう。

腋(脇の下)のニキビが痛いときの対策

腋や腋の下にニキビができる人は多くの場合無駄毛処理の時に皮膚を傷つけてしまっています。

腋は蒸れやすく洋服との摩擦など刺激も多いので小さな傷でもニキビができやすいばしょです。

腋や腋の下のニキビが痛くて悩んでいるのであれば、一時的に無駄毛処理をお休みしてニキビが落ち着くのを待つことをおすすめします。

また、痛みやニキビが気になる場合やメモAやテラコートリルを使って見てください。ニキビの治りが早くなるはずです。

鼻のニキビが痛いときの対策

鼻の頭に赤くて大きなニキビができるととても痛いですよね。鼻の皮膚は薄くて硬いためニキビができた際に痛みを感じやすい場所として知られています。

また、鼻の頭にできるニキビがしこりニキビのように大きく赤いニキビである場合「面疔」である可能性が高いです。その場合なるべく皮膚科に通院してください。

小さい赤ニキビや白ニキビの場合メモAやテラコートリルを塗ると治るまでの時間が短くなります。是非試してみてください。

眉毛のニキビが痛いときの対策

眉毛にできるニキビは大人ニキビである可能性が高いです。

眉毛はあまり皮脂が分泌される場所でなく、メイクや洗顔料・シャンプーのすすぎ残しや眉毛ケアの際の刺激が原因である場合が多いです。

眉毛ニキビが痛い場合メモAとテラコートリルを使って見ることをおすすめします。痛みを抑えて治りを早くする効果が期待できます。

デリケートゾーンのニキビが痛いときの対策

デリケートゾーンのニキビが痛い場合、それはニキビで無く毛嚢炎である可能性が高いです。

デリケートゾーンは汗を掻きやすく蒸れやすいため細菌が繁殖し易い部位です。そのため、無駄毛処理でできた小傷などを原因に毛嚢炎ができやすいです。

毛嚢炎であればメモAやテラコートリルでも対応可能ですが、部位が部位だけになるべく皮膚科に通院して抗生物質などを処方してもらうことをおすすめします。

後頭部のニキビが痛いときの対策

後頭部にできるニキビってとっても痛いですよね。とくにシャンプーするときに指が当たると「痛い!」と声を出してしまいそうになります。

後頭部にできるニキビはシャンプーやリンスのすすぎ残しやスタイリング剤が原因の場合が多いです。

また、お風呂のあとに髪の毛を頭皮まで乾かさないまま寝ると細菌が繁殖して毛嚢炎に発展してしまいます。

そのため、後頭部のニキビに悩む人はニキビが落ち着くまでスタイリング剤の使用を中止してシャンプーやリンスをしっかりとすすぐよう気をつけることをおすすめします。

また、頭を洗う際は爪を立てずに指の腹で優しく洗ってください。爪をたてて頭皮に傷ができてしまうと毛嚢炎の原因になります。

痛みを抑えて早くニキビを治したい!という人はちょっと塗りずらいですがメモAとテラコートリルを試してみてください。頭皮のニキビにも効果を期待できるはずです。

【白・赤・しこり共通】そもそもニキビが痛む原因と予防法


ニキビとは、白血球がアクネ菌やブドウ球菌などと闘って炎症が起こった状態のことです。

白血球が毛穴の中で異常に増殖したアクネ菌やブドウ球菌を破壊するときに「キニン」「プロスタグランジン」と言った化学物質が放出されます。

この「キニン」や「プロスタグラジン」が痛みを生み出す神経を刺激することで、悪化したニキビは強い痛みを伴う場合があります。

また、鼻の頭や耳。眉毛など比較的皮膚が薄くて硬い部位にできるニキビは痛み易い傾向にあります。

皮膚が硬いとクッションとしての役割が果たされず真皮や血管が圧迫されるので痛みを感じやすいです。

特に痛みを感じやすいのは、患部が皮膚の奥にある「しこりニキビ」です。しこりニキビは皮膚の奥で周囲の細胞を圧迫しながら成長していくので大きくなると強い痛みを伴います。

ニキビの痛みがあまりに酷い場合、それはニキビで無く面疔の可能性もあります。面疔は抗生物質で素早く抑えることができるためニキビがあまりに痛い場合は医療機関の受診をおすすめします。

また、オンナの教科書ではニキビの予防にはニキビケア化粧品を使ってケアすることをおすすめしています。おすすめのニキビケア化粧品8種類を紹介しているランキング記事があるので是非参考にしてください。

>>【徹底比較】ニキビケアに効果的なニキビケア化粧品ランキング!

痛いニキビに関するFAQ

痛いニキビを潰すのはOK?
膿が溜まったニキビは、消毒した細いはりなどで潰してもOKです。赤ニキビやしこりニキビはニキビ跡の原因になるので絶対に潰さないでください。
ニキビができる前に痛いのはなぜ?
にきびができる前に痛いのは、皮膚の奥で炎症が始まっているからです。できる前から痛いニキビは悪化しやすいので、睡眠時間を増やすなど事前に対策をしましょう。
ニキビのレーザー治療は痛いの?
痛みはありません。痛みを感じるレーザーの場合局部麻酔を使う場合がほとんどです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング