【潰すな危険!?】触ると痛い化膿したニキビの原因と治し方まとめ!

Pocket

1,621 views

目立つし痛いし跡になる…膿が溜まった黄ニキビができて良い事って1つもありませんよね。私は、黄ニキビができたら1日でも早く治って欲しくなります。

早く治すためにネット上で黄ニキビの治し方を調べると「潰すべき」という意見と「潰しちゃダメ」という意見があります。もし潰して良いならとっても楽ですね。

そこで、今回は黄ニキビの原因とおすすめの治し方を徹底的に調べてみました。「黄ニキビは潰して良いのか?ダメなのか?」についてもまとめたので是非参考にしてください。

そもそも膿が溜まった黄ニキビができる原因は?

膿が溜まって黃ニキビができる原因

まず始めに、黄ニキビができる原因について紹介していきます。

黄ニキビは毛穴に詰まったコメド(皮脂の塊)を餌にアクネ菌が異常増殖することから始まります。

アクネ菌が異常増殖すると、脳が菌のバランスが崩れたことを感知してアクネ菌を退治するために白血球を出動させます。

毛穴の中でアクネ菌VS白血球の戦いが始まると、アクネ菌を倒した白血球の残骸が膿となって溜まっていきます。これが黄ニキビです。

黄ニキビは潰した方が良い!が、指で押しつぶすのは危険!

一般的に黄ニキビは潰した方が治りが早いと言われています。

というのも、毛穴の中に膿が溜まっていくと毛穴の奥の細胞が圧迫されていきます。あまりに多くの膿が溜まってしまうと細胞が圧迫されて真皮細胞がダメージを受けることもあります。

真皮細胞がダメージを受けるとクレーター状のニキビ跡になってしまう可能性が高いです。そのため、膿が溜まりすぎる前に潰して膿を出した方がお肌のためになります。

ただし、黃ニキビを指で押しつぶすのは絶対にNGです。指で押しつぶすときに力がかかって細胞にダメージが加わる可能性が高いからです。

また、指には様々な最近が付着しているので清潔でないことも理由の一つです。黃色ニキビを潰す時は、針や楊枝など先端がとがったもので穴をあけて潰しましょう。

黃ニキビの正しいつぶし方は次の見出しで紹介するので是非参考にしてください。

潰すのはNG!化膿したニキビを綺麗に治す方法3選

潰して治す「正しい膿のだし方」

化膿した黃ニキビを綺麗に治す方法で最もおすすめなのが、潰して治す方法です。

ただし、正しい手順で潰さないとニキビ跡になってしまうので注意が必要です。以下に正しいつぶし方の手順を紹介します。

黄ニキビの正しい潰し方の手順

  • 短い針を用意して消毒用エタノールで消毒する
  • 黄ニキビの表面に穴を開けるように軽く刺す
  • 化粧水やダラシンTゲルを塗ったコットンで軽く押しながら消毒

上記3ステップで黃ニキビを潰せば、お肌を傷つける事無く清潔に黄ニキビの膿を出すことができます。もちろん、痛みも感じにくいです。

ただし、ニキビが上手く潰れず膿が出ないときは無理矢理ださないようにしましょう。中々針が通らない場合、黄ニキビがもう少し成長してから刺すと潰れやすいです。

黄ニキビから膿を出した後の正しいケア方法

黄ニキビから膿を出した後放置するのも良いのですが、しっかりとケアをすることで治りを早めることができます。

黄ニキビから膿をだしたら次の3つの方法でニキビをケアしていきましょう。

  • ダラシンTゲルやオロナインで保湿・殺菌
  • 絆創膏を貼れる場所なら絆創膏を貼る
  • なるべく刺激を与えないようにする

特に、ダラシンTゲルやオロナインで傷口をカバーして殺菌することはとても大切です。黄ニキビを潰した後に再び黄ニキビが出てくることがなくなります。

また、顎や頬など絆創膏を貼れる場所であれば夜の間だけでも絆創膏を貼っておくと治りが早くなります。

市販薬で対処

化膿ニキビにテラコートリル軟膏


テトラコートリルは第二類医薬品で「化膿をともなう症状」に有効な軟膏です。

有効成分の「オキシテトラシクリン塩酸塩」に強い抗菌作用があるため、白血球に荷担してアクネ菌を素早く殺菌することができます。

また、ヒドロコルチゾンと言うステロイドが配合されており炎症を素早く鎮めて傷の治りを早くすることができます。

化膿ニキビにテラコートリル軟膏を塗ることで、ニキビを潰さず治りを早くすることができます。

化膿ニキビにクレアラシル


クレアラシルは、第二類医薬品でニキビに効果を発揮する軟膏です。

主な有効成分の「イオウ」には、皮脂を吸収する効果と角質を軟化させる作用があります。そのため、黄ニキビになる前のニキビに塗る事で黄ニキビを予防できます。

また、抗菌作用のアル「レゾルシン」が含まれているため黄ニキビの中の白血球VSアクネ菌の戦いを助ける働きが期待できます。

また、抗炎症作用のある「グリチルリチン酸二カリウム」が配合されているため、炎症を素早く鎮めて傷の治りを早くすることができます。

化膿ニキビにオロナイン


オロナインは第二類医薬品でニキビに効果を発揮する軟膏です。

主な有効成分の「クロルヘキシジングルコン酸塩液」に強い抗菌作用があり、アクネ菌を殺菌する作用があります。

毛穴の中での白血球VSアクネ菌の戦いを補助する作用があるため、黄ニキビを素早く沈静化させる働きが期待出来ます。

他の2つの軟膏に比べると抗炎症作用のある成分は配合されていないため、効果期待度は劣ります。

皮膚科に行く

かなり値段がはりますが、黄ニキビが酷い場合皮膚科で治療するのも手段の1つです。

排膿治療

排膿治療は、主に神戸山手クリニックにて施術される治療法で、ピンセットでニキビの原因を取り去る療法です。

価格も〜10800円程度と皮膚科の治療の中ではお手頃で確実な効果を期待できます。毛穴の汚れも直接取り除けるので抜け感のある明るい肌色に仕上がることもポイントです。

また、ピンセットで直接コメドを取り除くため痛みが伴いますが気になる人には追加料金で麻酔をかけての施術も可能です。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーでの黄ニキビ治療は、ニキビの表面に極小の穴を開けてニキビの芯や膿を出す治療です。

炭酸ガスレーザーに殺菌作用があるため殺菌効果があり、また、レーザーの熱で毛穴に詰まった皮脂を溶かすこともできます。

レーザーで狙った範囲だけ治療することができるため、お肌にダメージを与えることなく黄ニキビを撃退できます。

化膿した黄ニキビの予防法4選

スキンケア用品を変える

化膿した黄ニキビを予防するために、普段使うスキンケア用品を買えるのはとてもおすすめの方法です。

最近では「医薬部外品」認定されて厚生労働省から公式に効果を認められたニキビケア化粧品も増えています。

毎日使っているスキンケア用品を置き換えるだけで簡単にニキビ予防ができるので、手間もお金もかからずにすむイチオシの予防方法です。

オンナの教科書では、ニキビケア化粧品を実際に全部使ってランキング形式でまとめています。よかったら参考にしてみてください。

>>ニキビケア化粧品ランキングはこちら

運動

運動はニキビ予防にとても有効な方法です。

ニキビは多くの場合新陳代謝が低下してターンオーバーが乱れることが原因でできてしまいます。

日常的に運動をすることで、身体の新陳代謝が良くなるためニキビができにくい体質になることができます。

週に1〜2回ランニングするだけでもいいので、日常生活に運動を取り入れることをおすすめします。

睡眠

睡眠は美容のためにとても大切な習慣です。

22時〜26時までの間の「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれる時間にどれだけ多く睡眠を取れるかでお肌の綺麗さは変わってきます。

また、睡眠不足はホルモンバランスの乱れの原因となります。ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が増えたりターンオーバーが乱れたりしてニキビができやすい体質になります。

そのため、最低限、毎日24時までには寝ることをおすすめします。

食事

食事は私たちの身体を作る大切な習慣です。栄養バランスを考えた食事をとることで、ニキビのできにくい身体を作ることができます。

ですが、現代社会で毎日栄養バランスを考えてしっかりと食事をとるのはとても難しいです。そのため、最低限次の3つに注意してみましょう。

  1. 脂質の多い食事を控える
  2. 糖分を控える
  3. ビタミンを含む野菜を多く食べる

この3つの日常的に意識するだけでも、自然と栄養バランスが整った良い食事をとることができるようになります。是非実蹟してみてください。

ニキビと膿に関するFAQ

ニキビの膿と芯の違いは?
ニキビの膿は白血球の残骸で、芯は毛穴につまった皮脂のことです。
ニキビの膿は何故臭いの?
ニキビが炎症を起こす家庭で低級脂肪酸と呼ばれる物質が作られ、それが強烈な臭いを発することが原因です。
ニキビの膿を治す薬はあるの?
ニキビの膿を薬で治すならテトラコートリルがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング