美肌になるにはどうすればいい?肌を綺麗にする方法9つを徹底検証!

Pocket

4,205 views
  • 肌が乾燥しがちでいつもカサカサ…。
  • 30代、40代になって肌のハリがなくなってきた…。
  • ニキビや毛穴の汚れが目立って自分の肌が嫌…。

現在こういったことで悩んではいませんか?

何かしら肌の悩みを抱えているというのはほとんどの方に当てはまるのではないでしょうか。

ただ美肌の対策方法や肌を綺麗にする方法というのは世間には山ほど出回っています。この中から一つを実践すると言っても、一体何が本当に良いのか分からなかったりしますよね?

そこで!今回オンナの教科書では、肌を綺麗にするためのポイントは何なのか?という最も大事なところをまとめて、美肌の方法を比較し、徹底的にお伝えしていきます。

本当にすべきことは何なのか?それがハッキリ分かると思いますよ!

美肌になるためのポイントは大きく3つ

肌を綺麗にする方法について書いていこうと思うのですが、具体的な方法の比較に入る前に、美肌のポイントについてお伝えしたいと思います。

数ある肌を綺麗にする方法というのは、以下の3つのポイントのいずれかに対するアプローチなのです。

美肌のポイント
  • 汚れを落とす
  • 保湿をする
  • 体の内側からの代謝を促進する

以上の3つの美肌のポイントについて、それぞれ順番に見ていきましょう!

美肌になるにはまずは肌の汚れを落とすことが重要!

肌は、健康な状態であれば、皮脂が分泌され、新陳代謝が起こり、綺麗な状態が保たれます。

でも、肌に汚れがある状態だと、分泌や新陳代謝の活動が阻害されて、悪化すると毛穴から菌が入り肌が化膿してしまう、ということが起きます。

ニキビや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルを避けるために重要なのが、まずは汚れを落とすということなのです。

美肌の人の共通点は保湿が十分されたお肌であること

美肌の人の共通点と言えるのが、肌がもちもちで、十分に保湿されている状態であることです。

肌はカサカサになると、見た目が美しくないだけでなく、肌そのものの抵抗力も衰えてしまいます。

肌トラブルになりにくいお肌にするためにも、保湿というのは非常に重要です。

30代、40代の方が特に重視すべき美肌のポイントは体の内側からの代謝を促進する

30代、40代になって肌の状態が悪くなったと感じる人の原因のほとんどは、体の内側からの代謝の低下です。

いくら外側から汚れを落としたり、保湿をしたりしても、肌を綺麗にする源泉となるのは内側からの代謝と分泌なので、そこがうまくいかないと綺麗な肌にはなりません。

年齢が上がるほど、体の内側からの代謝の促進、というのは美肌になるための重要なポイントになります。

汚れを落とす、保湿をする、代謝を促進する、という美肌になるための3つのポイントに注目して見ていくと、様々な肌を綺麗にする方法の中で自分が何を行うべきなのかが見えてきます。

次から具体的な肌を綺麗にする方法についてお伝えしていきますので、美肌のポイントとともに一緒にチェックしていきましょう!

9つの肌を綺麗にする方法を比較した結果!

それでは肌を綺麗にする方法を具体的に見ていきます!

方法によって、どの美肌になるためのポイントにアプローチできるのか、得意不得意がありますので、ご自身の肌の悩みと照らし合わせて見ていただけたらと思います!

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
洗顔・クレンジング 3,000円程度
(1か月)
オールインワンジェル 4,000円程度
(1か月)
食べ物・サプリメント 3,000円程度
(1か月)
睡眠 0円
水分補給 0円
運動・ストレッチ・マッサージ 0円
お風呂 0円
肌断食 0円
蒸しタオル 0円

肌を綺麗にする方法は、大きくは9つに分かれます。

特におすすめの方法は、汚れを落とすなら洗顔・クレンジング、保湿をするならオールインワンジェル、体の中から代謝を促進していくなら食べ物やサプリメントによる方法です。

それではそれぞれの肌を綺麗にする方法をもっと詳しく見ていきましょう!

美肌になるための肌を綺麗にする方法詳細

では、肌を綺麗にする方法を一つ一つ見ていきます!

おすすめ順でお伝えしていきますので、おすすめ度が高く取り入れやすいものがあれば、ぜひ積極的に取り入れてみてください。

ニキビ、毛穴の黒ずみなどの悩みには汚れを落とす「洗顔・クレンジング」が最もおすすめ!

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
3,000円程度
(1か月)

ニキビや肌荒れ、毛穴の汚れなど、肌に異物が入り込んでいることで肌が汚くなってしまっている方には、まずは「洗顔・クレンジング」をおすすめします。

ポイントは2つ。朝は水か30度前後のぬるま湯だけを使って洗顔をすることと、夜はクレンジングを使ってしっかり汚れを落とすことです。

朝は、起きた時点で顔に天然の美容液が分泌されている状態ですので、それら必要な成分を落とさないように水かぬるま湯だけでさっと洗います。

夜は、異物が顔に残らないように、しっかりクレンジングをしますが、肌を傷つけないように、決して強くこすったりせずに、クレンジングの力で汚れを浮かび上がらせるようにしましょう。

顔を洗うのは朝と夜の1日2回だけにして、肌が分泌する有用な成分を不用意に落とさないことも重要です。

「オールインワンジェル」は長時間のメイクの際にも下地として十分な保湿を行うのに最も有効!

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
4,000円程度
(1か月)

続いては「オールインワンジェル」です。

特に女性は仕事等で化粧が必須な場面が多いため、肌から水分が失われがちな状況に遭遇しがちです。

そんなときにしっかりと化粧の下地として保湿を行うことに優れているのがオールインワンジェルです。

肌は保湿がしっかり行われることで、見た目が美しくなるだけでなく、肌トラブルに対する抵抗力も付きますから、日頃から化粧をするときも、オフのときのすっぴんのお肌にも保湿のお手入れとして使えるオールインワンジェルは非常に有効な手段と言えます。

30代・40代以降の女性が美肌になるために最も重要なのは「食べ物・サプリメント」による栄養摂取で代謝を活性化させること

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
3,000円程度
(1か月)

30代・40代になって肌のハリがなくなってきたと感じている方は、肌の汚れを落としたり、保湿をしたりという肌の外側からのアプローチだけではなく、肌の新陳代謝を促進させ、肌に良い成分が正しく分泌させるようにするという内側からのアプローチが非常に重要になります。

肌の新陳代謝を促進させるのに、最も効果が高い方法が「食べ物・サプリメント」による栄養摂取です。

美肌になるために重要な栄養素は、抗酸化作用のあるビタミンCや皮膚や粘膜を補修する働きのあるビタミンB1などいくつかあるのですが、特に重要な栄養素は以下の2つになります。

コラーゲン

肌のハリや弾力を維持するために最も重要な栄養素がコラーゲンです。体内のコラーゲンの40%が皮膚に存在するほど、肌を構成する栄養素で最も重要なものです。

コラーゲンを1日2.5g、4週間にわたり摂取することで、45歳~65歳の方のシワが実際に改善されたという研究データがあるほど、肌を綺麗にするために直接的に効果のある栄養素です。

アミノ酸

アミノ酸は体の代謝機能に寄与する栄養素です。壊れた筋肉を修復したり、疲労を回復したり、老廃物の排出や代謝活動の中心となる肝機能を向上させたりと、体の回復、代謝に関して中心的な役割を担います。

肌の主な構成要素であるコラーゲンと、肌の回復、代謝の役割を担うアミノ酸の2つを摂取することが特に重要なのですが、普段の食生活でなかなか摂取ができないという方は、サプリメントを使うのがおすすめです。

コラーゲンとアミノ酸の両方を豊富に含むことで知られている代表的な食べ物は、すっぽんです。

すっぽんは料亭などで数万出さないと食べられない、というイメージをお持ちの方も多いようですが、今ではすっぽんの美肌効果に着目したすっぽんサプリなどもありますので、サプリメントですっぽんを取るという方法も手軽でおすすめです。

いくらスキンケアをしても美肌にならない人は「睡眠」が必要かも

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
0円

洗顔やクレンジングで肌の汚れを落とし、保湿もして、栄養も取っているのに肌が綺麗にならない人は、そもそも「睡眠」が足りてないのかもしれません。

睡眠は、肌が正常に代謝活動がなされるために、栄養と並んで重要な要素です。また、睡眠には量と質の両方が必要です。

美肌を保つために必要な睡眠時間は、最低でも6時間は必要です。

また、美肌を保つための成長ホルモンが最も活発に分泌されるのは22時~深夜2時の間なので、その時間に眠りについていることが肌を綺麗にするには重要です。

と言っても、なかなかその時間に十分な睡眠時間を取れない、という方も多いと思うので、効果は高いけれども、実行が難しいというのが、肌を綺麗にする方法としての睡眠という手段の難点です。

「水分補給」は美肌で知られる綾瀬はるかさんも行っている肌を綺麗にする方法

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
0円

効果はクレンジング、保湿、栄養摂取ほどではないですが、「水分補給」も、美肌の方法として手軽にできるのでおすすめです。

これは、美肌で知られる女優の綾瀬はるかさんも使っている方法です。

具体的には、3リットルの常温の水を1日掛けて飲むというものです。常温の水なのは、胃に負担を掛けないようにするためです。

水分補給をする目的は、保湿ではなく、代謝を上げるためです。ただ、代謝を上げるためにいちばん重要なのは、栄養と睡眠なので、水分補給だけでは美肌効果は限定的です。

「運動・ストレッチ・マッサージ」は代謝を活発にしてお肌を綺麗にするが、続けるのが大変なのが欠点

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
0円

肌の新陳代謝を活発にするために有効な方法の1つに、「運動・ストレッチ・マッサージ」があります。

運動をすると血行が良くなるので、老廃物が排出されやすくなり、肌に必要な分泌物も出やすくなるため、肌を綺麗にする方法として効果的です。

ただこれも、しっかり効果を出すためには、ジョギングなどの有酸素運動を1時間以上はやる必要がありますし、運動は好き嫌いがあるので、実践する敷居が高いのがネックと言えます。

美肌になるための代謝を活発にする方法として今人気なのがホットヨガなので、もし運動で代謝を活発にして美肌を目指したい、という方はホットヨガを検討してみてもよいかもしれません。

「お風呂」も体温を上げて、代謝を活発にする美肌になる方法の1つ

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
0円

「お風呂」で湯船に浸かって体を温めることも代謝を活発化させて、お肌を内側から綺麗にする手軽な方法の1つです。

30分以上お風呂に浸かりながら脚のマッサージを行ったり、ストレッチを行うことで、体の血行を良くすることができます。

血行が良くなると、老廃物が排出され、必要な栄養が肌に届きますので、習慣としては良いのですが、栄養や睡眠の方が代謝にとっては重要なので、美肌の効果は限定的と言えます。

何をやっても美肌にならないという人は、一度「肌断食」をしてみるのもあり

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
0円

クレンジングで汚れを落とし、保湿も栄養も取っているのになにやっても肌が綺麗にならない、という人は「肌断食」を試してみるのもよいかもしれません。

肌断食の方法は簡単で、メイクもスキンケア用品も何も付けないというものです。

化粧品に含まれる界面活性剤の成分などで、肌が本来持っている保湿成分などが失われてしまい、代謝が回復しない状態を、肌に何も付けないことによって、肌本来の機能を取り戻すことが目的です。

これも方法としてはありだけど、敷居が高いタイプの方法の1つと言えます。というのも、会社やら学校など、人と会ってそれなりの格好をしなければならない用事があるのに、常にすっぴんでいることは難しいという方が多いからです。

とはいえ、一応1つの美肌になるための方法ではあるので、ご紹介しておきます。

毛穴の汚れが気になるという人は「蒸しタオル」で毛穴を広げて汚れを浮かし、美肌の手入れをするのもあり

汚れを落とす 保湿をする 代謝を促進する コスト
期間
0円

これは美肌のためのメインの方法にはなりませんが、毛穴の汚れが気になるという方は、「蒸しタオル」で毛穴を広げて、毛穴の汚れを浮かせてから洗顔をするのもありです。

クレンジングをしても、毛穴の中の方の汚れが取れずに困っている、という方は、蒸しタオルを顔全体に3分ほど当てることで、毛穴を開かせることができるので試してみるとよいでしょう。

方法は簡単。タオルを水で濡らしてから軽く絞り、レンジで30秒~1分ほど温めてチンするだけです。

蒸しタオルを外したら、すぐにオールインワンジェルなどで保湿ケアを行い、肌の水分を逃さないようにしましょう。

まとめ

美肌になるにはどうすればよいのか、肌を綺麗にする方法についてご紹介してきましたがいかがでしょうか?

美肌の方法はいろいろあれど、ポイントは、肌の汚れを取る、肌の保湿をする、肌の代謝を促進する、の3つであることが分かれば、自分が優先して行うべき美肌の方法が見えてきます。

特に、肌の汚れを取るなら「クレンジング」、肌の保湿をするなら「オールインワンジェル」、肌の代謝を促進するなら「すっぽんサプリ」を使ってコラーゲンとアミノ酸を摂取する、の3つは、効果も高くて実施もしやすいのでおすすめです。

ご自身の状況にあった、実施しやすい美肌のための方法の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング