【1日10分でくびれGET】フラフープダイエットの4つの効果とやり方!

フラフープ ダイエット
Pocket

720 views

フラフープといえば幼少期に一度は遊んだことがあると思います。回すのが得意な女の子っていましたよね。

そんなフラフープを使ってダイエットができることをご存知でしょうか?どのような仕組みで痩せられるのか紹介します。

フラフープダイエットの4つの効果!

フラフープダイエット 効果

フラフープのダイエット効果について紹介しています。

まずはどんな効果があるのかをチェックしておきましょう!

1.骨盤のゆがみを解消できる

フラフープダイエットでは骨盤のゆがみを改善することができます。姿勢の悪さや筋肉不足、妊娠・出産でも骨盤はゆがんでしまいます。

骨盤は上半身と下半身をつなぐ要ともいえる重要な存在ですが、その周りは筋肉と靭帯だけで支えられているのでゆがみやすいのです。

骨盤がゆがむと…
骨盤がゆがむと、下腹がポッコリ出てきたり、腰痛になったり、お尻や太ももの筋肉が緩んで垂れてしまったりと良いことがありません。シルエットが悪くなって太って見えたりすることも…

フラフープを行うと、腰回りを大きく動かすので骨盤のゆがみを矯正できます。腰回りの筋肉とインナーマッスルが鍛えられて自然と骨盤が元の位置に戻るのです。

フラフープで骨盤のゆがみが解消されるとウエストや腰回りがスッキリさせることができますよ!

2.便秘の解消をサポートする

フラフープで腰回りとお腹を刺激することが便秘解消にも効果的です。

便秘のときに下腹(腸)を手で揉んで解消する腸もみマッサージがありますが、その要領でフラフープで外側から腸を刺激するのです。

ダイエット中は食事制限などで便秘になりがちです。

ダイエット中の便秘は…
便秘になると腸内に有害物質や老廃物が溜まって代謝が悪くなりダイエットには悪影響です。

便秘が解消されることで溜まっていた分の体重が減ったり、排出サイクルが整って代謝が上がったりもします。

特に女性は便秘になりやすいので、そんな方にフラフープダイエットはオススメです。

3.消費カロリーは10分で100kcal!効率よく脂肪を燃やす

フラフープは有酸素運動です。10分程度回し続けると100kcal消費できる運動効率の良さはランニングにも匹敵します。

有酸素運動なので続ければ続けるほど脂肪が燃えてダイエット効果が高まります。

ランニングのように天気に左右されず室内で行うことができますし、水泳やジムのようにお金をかけて通う必要もありません

Point
最初に購入さえすれば、あとはいつでも自宅で有酸素運動ができるというのも地味にうれしいメリットです。

4.くびれを作るのにも最適

フラフープにより腹斜筋(お腹の横にある筋肉)や腹直筋(腹筋を形成する筋肉)やインナーマッスル(骨格近くにある深層筋)を鍛えることができます。

この筋肉が鍛えると、お腹周りの余分な脂肪が燃焼されてウエストを引き締めることができるんです!

フラフープダイエットではで魅力的なくびれまで手に入ってしまいます!

【基礎・応用編】レベル別・フラフープダイエットのやり方を動画で解説!

フラフープダイエットを実践するにあたり、基本的なやり方やコツを覚えておくと、より効果的にダイエットすることができます。

【基本編】はじめは基本編でコツを調べよう

やり方
  1. 足を腰幅に開いて膝を軽くゆるめます
  2. フープを腰にぴったりくっつけて、左右に振りながら勢いをつけてフラフープを回します
  3. お尻や太ももに落ちてきても粘って回し続けるようにしましょう

下がってきてもお尻を左右にフリフリするように回すと上がってきます。

まずは回せるようになりましょう!

うまく回すコツ
  • 足を腰幅に開くことは重要です。開き過ぎ・閉じ過ぎはうまく回せなくなります。
  • ひざを曲げてしっかりバランスを取っておくことも回し続けるコツです。
  • 腰で円を描くのではなく、腰を前後に動かすようにして回してください。
  • フラフープが右回りなら右足を、左回りなら左足を半歩前に出すと回しやすいです。

フラフープをうまく回せないという方はこれら4つのポイントを確認してもう一度回してみましょう。

【応用編】慣れてきたらレベルアップしよう

やり方
  1. 手を上に挙げたり、前に伸ばしたりして体全体の動きをつけていきます
  2. すり足でフープと同じ方向に体を回転させます
  3. 足の裏・太もも・お腹に力を入れたままフープのスピードをどんどん速くしていきます
  4. 反対にゆっくりフープを回して骨盤の動きを感じながら回します

これらの動きも取り入れて行うとより効果的にダイエットができます。

効果的に痩せるには?フラフープを回す時間・実践頻度を知っておこう

フラフープダイエット コツ

基本的な回し方・やり方がわかったら、回す時間や、フラフープをやる頻度、コツについても頭に入れておきましょう。

これを知っておけば、より効果的にダイエットをすることができます。

回す時間は10分程度から始めるのがおすすめ

早く効果を得たいと思って最初から長時間回し続けると筋肉を傷めたり腰痛を引き起こしたりします。

最初は1日10分程度から始めて下さい。慣れてきたら20分~30分と時間を増やしていきます。

実践する頻度は週3~4回を目安にしよう

腰に負担を感じない方は毎日行っても良いですが、目安としては週に3回~4回でも十分です。

忙しい人でも運動が苦手な人でも気軽に楽しく出来るのがフラフープダイエットなので、無理のない範囲で実践してみましょう!

フラフープダイエットの口コミ紹介!成功例のビフォーアフターがすごい!?

おすすめフラフープを選ぶ3つのポイントを紹介

フラフープ 選び方

フラフープはホームセンターや100円ショップでも手に入れることができます。

ただ、あなたの体にフィットするフラフープを選ばなければなりません。こちらではその選び方を紹介します!

1.フラフープの重さは重すぎず・軽すぎずがおすすめ

フラフープの平均的な重さは500g程度です。これでも十分ですが、よりダイエット効果を上げたい場合はもっと重いものを選びましょう。重いもので1.5kgのタイプがあります。

また軽いフラフープでは回しにくいと感じたときも重いものに変えてみて下さい。重い方が遠心力が付いて回しやすくなります。ただ、無理に重いものを選ぶと腰痛やウエストの傷みに繋がるので注意しましょう。

2.大きさは身長に合わせて選ぼう

大きさは一般的な直径90~95cmのフラフープであれば、ほとんどの人は問題なく使えます。

しかしウエストが太かったり低身長だったりする方は大きさを変えて下さい。

  • ウエスト85cm フラフープの直径105cm
  • ウエスト95cm フラフープの直径110cm
  • ウエスト100cm フラフープの直径115cm

身長が150cm以下の人については、直径85~90cmのフラフープがおすすめです。

3.フラフープのおすすめの形状は凹凸があるタイプ

フラフープはといえば、普通は輪っかになっているタイプを想像すると思いますが、輪の内側に凹凸があってよりお腹に刺激を与えてくれるタイプもあります。

とくにこだわりがなければ、このタイプがおすすめです。

他にも分解できる組み立て式のフラフープもあります。自宅外に持ち出す人、自宅でもしまう場所に困る人なら組み立て式の方が便利ですね。

自分の使い方に合ったフラフープを選んでみて下さい。

実践ブログも参考にしてみよう

フラフープダイエットを実践しているブログをいくつか紹介しておきますので、実践している人の様子も参考にしながら取り組んでみてください!

フラフープダイエット2ヶ月やってみた!-ゆらゆらら-

フラフープダイエット ブログ1

2か月間のフラフープダイエットの結果が掲載されています。

こちらのブログの運営者さんは2か月で体重−1.4kg、ウエスト-2cmだったそうです!

やってみて感じた体験談なども掲載されているので、それも参考になるかと思います♪

-10kg痩せた速瀬のダイエットブログ。

フラフープダイエット ブログ2

胸を減らさずにくびれが欲しい!!という筆者さん。

実践している内容を詳しく掲載しています。

フラフープダイエットは楽しくできる、ストレス発散になるとのことでした♪

ブログへ

フラフープダイエットを1か月実践!ウエスト4cm減の効果が-ヤセレポ-

フラフープダイエット ブログ3

1ヶ月間フラフープダイエットを実践した結果、方法やコツについてまとめられています。

フラフープダイエット以外にもいろいろなダイエットのレポートが掲載されています!

ブログへ

まとめ

フラフープダイエットの効果・効率的なやり方についてまとめました。

フラフープダイエットは、どんな人でも簡単に実践できますし、お金もスペースも必要ないダイエット方法です。

テレビや動画を見ながらでも実践できるので、ぜひやってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング