脇の下の黒ずみは脱毛で解消できる?治る人と治らない人を徹底解説!

Pocket

527 views

脇の下の黒ずみを解消したいけれど、脱毛すれば脇の黒ずみは解消するの?

・・・と疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこで、脱毛で解消することができる黒ずみと解消できない黒ずみについて徹底解説してみました!

【まずはチェック!】自分の脇の黒ずみが脱毛によって解消できるかどうかを知る!

脇の黒ずみに対して、脱毛は万能のように思われがちですが、脇の黒ずみには脱毛で解消できる黒ずみと解消できない黒ずみがあります。

特徴
脱毛で治る黒ずみ 除毛処理による黒ずみ。(初期~中期)
脱毛で治らない黒ずみ 皮脂や角質、制汗剤による黒ずみ
ホルモンバランスの乱れによる黒ずみ
色素沈着した黒ずみ(除毛処理による黒ずみ重度のもの)

それぞれの特徴を見ていきましょう!

 

脱毛で解消できる脇の下の黒ずみと解消方法

ほとんどの脇の下の黒ずみは、脱毛によって解消することができます!

脇の下の黒ずみの原因でもっとも多いのは、除毛処理による刺激です。

従って、脱毛することによって除毛処理をする必要がなくなれば、脇の下の黒ずみは自然と解消されていきます!

除毛処理と言ってもいろいろな方法があるので、一覧でまとめてみました。

脱毛方法 特徴 おすすめ度
医療脱毛 毛根にレーザーで直接ダメージを与えることで脱毛します。
光脱毛 毛を伝って毛根に熱を加えることにより脱毛します。
クリーム 酸の力で毛根を溶かすことにより脱毛します。
ワックス ブラジリアンワックスとも呼ばれ、一気に毛を引き抜きます。

ご紹介した脱毛方法についてそれぞれ説明していきます。
 

医療脱毛

脇の下の黒ずみ解消に一番オススメの脱毛方法です!

医師が処置にあたるので、安心で安全です。

一時しのぎの方法ではなく、しっかり医療用レーザーが毛根を破壊してくれるので、永久的に除毛処理の悩みから開放されます♪

医療脱毛の選び方に関してオンナの教科書では、実際に医療レーザーを受けてみて比較をしています。

効果を一番実感したところや、料金で一番おすすめなクリニックをランキングにしているので、ぜひ見てみてくださいね♪
 

安い&効果で全身脱毛を比較!医療脱毛おすすめランキングTOP5!

 

光脱毛

いわゆるエステと呼ばれるところで行われる除毛処理です。

光脱毛でも一応脱毛は出来ますが、あまりおすすめができないのに次のような理由があります。

  • 光脱毛の施術者には資格は必要ないので、安全性やトラブル時の処置に不安要素がある。
  • 一時的に毛が少なくても継続しないとまた毛が増えてしまう。
  • 費用が安いように見えるけれど、効果を実感するには回数が必要で結局高い。
  • 長期間かかる。
  •  

    除毛クリーム

    除毛クリームは、毛根を溶かす酸を使って自宅でも除毛ができるので最近人気があります。

    しかし、除毛クリームは以下の点でおすすめできません。

  • 毛根を溶かす酸が、肌を傷めてしまう。特に敏感肌の方は注意が必要。
  • 商品によって成分配合が違うので、取扱いが難しくコツがいる。
  • 除毛効果は一時的なので、繰り返し使用する必要がある。
  •  

    ワックス

    ブラジリアンワックスとも呼ばれるロウ成分で毛を一気に抜きます。

    一時期話題になりましたが、以下の点でおすすめできません。

  • 脇に使用すると、表皮が剥がれてしまうことがある。
  • 抜くのに失敗し内出血となり、黒ずみになることがある。
  • 除毛効果が一時的
  • ここまで、脱毛で治る黒ずみである除毛処理による黒ずみについて見てきましたが、脱毛しても治らない黒ずみとはどのような黒ずみでしょうか?

    詳しく見ていきましょう!

     

    脱毛で解消できない脇の下の黒ずみと解消方法

    黒ずみ種類 特徴
    皮脂や角質、制汗剤による黒ずみ 毛穴に汚れが詰まることによって起こる脇の黒ずみです。
    ホルモンバランスの乱れによる黒ずみ 出産、睡眠不足、ストレスによってホルモンバランスが乱れると黒ずみができることがあります。
    色素沈着した黒ずみの解消方法 長年の除毛処理のダメージの蓄積によって色素が沈着してしまった黒ずみ

    確かに脇の下の脱毛は、脇の下の黒ずみ解消に有効な手段とは言えますが、以下の場合には、脱毛することによって脇の黒ずみは解消しない可能性があります。

    脱毛しようとする前に、自分の黒ずみが脱毛で解消できない黒ずみでないかチェックしておきましょう!

     

    皮脂や角質、制汗剤による黒ずみの解消方法


    脇には汗腺が多く、汗や臭いを抑える為に皆さん制汗剤を使います。

    制汗剤の中には、毛穴を塞いで汗を一時的にまたは数日抑えるタイプの制汗剤が人気です!

    この制汗剤は、汗やニオイを防ぐのに効果を発揮しますが、毛穴が詰まった状態が長く続くので新陳代謝が低下、皮脂や角質汚れが溜まり黒ずみの原因となってしまうことがあります。

     

    ホルモンバランスの乱れによる黒ずみの解消方法


    あまり若い女性には知られていないことですが、ホルモンバランスの乱れによっても脇の黒ずみは起こります!

    女性ホルモンには、卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」があります。

    通常、「エストロゲン」が優位ですが、ホルモンバランスの変化により、「プロゲステロン」が優位に立つとメラノサイトが刺激され黒ずみができやすくなります。

    ホルモンバランスの乱れによる黒ずみで代表的なのは妊娠中です。
    妊娠して初めてホルモンバランスの乱れによる脇の黒ずみを体験する方も多いです。

    ホルモンバランスを調節しているのは、脳の視床下部です。

    そのため妊娠中以外にも、生活習慣の乱れ・食生活の乱れ・ストレス等によってもホルモンバランスは乱れてしまいます。

    また、女性ホルモンは卵巣から分泌されるので、
    下腹部の冷えや卵巣の病気もホルモンバランスが乱れる原因になります。

    ホルモンバランスが乱れると生理不順・排卵障害が起きたりするので、自分のホルモンバランスが乱れていないかの判断基準の1つになりますね。

    まずは、心当たりのある原因を取り除くことが大事ですが、あまりにもホルモンバランスの乱れがひどい時には一度産婦人科を受診しましょう。
     

    色素沈着してしまっている黒ずみの解消方法

    脱毛をすると黒ずみも一緒に消えると思いがちですが、新しい肌への負担が減るだけでこれまでの脇の黒ずみが改善する訳ではありません。

    脱毛サロンに通う以前に、既に(日焼け、自己処理による毛抜き・カミソリ)などによって既に脇に色素沈着ができてしまっている場合には、いずれは解消へ向かうものの、脱毛したからといって直ちに黒ずみは解消することはできません。

    脇の黒ずみを脱毛で解消するときのQ&A

    それでは、最後に脇の黒ずみを脱毛するときに起こりがちな疑問についてまとめました!

    レーザー脱毛後の脇の下の黒ずみを防ぐには?

    脱毛サロンや美容皮膚科では、レーザー照射後に冷却処理をしてくれます。

    しかし、それだけではケア不足です!

    レーザー脱毛後は、レーザーを照射した皮膚表面が軽い火傷状態になっています。

    つまり、皮膚の新陳代謝が低下し、皮膚表面が乾燥状態になっています。

    レーザー脱毛は、黒ずみケアまでをしてくれる訳ではありません。
    黒ずみを解消するためには、クリームなどを使用した積極的な保湿・美白ケアが必要です!

     

    脇に黒ずみがあっても脱毛できる?

    既に黒ずみができている状態でレーザー脱毛をしようとしても、毛根だけでなく皮膚表面にもダメージを与えてしまうので黒ずみの度合いによっては施術を断られることもあります。

    まずは毛抜きやカミソリによるムダ毛処理をやめて、肌に負担の少ない電気シェーバーに変えることをおすすめします。

    同時に、皮膚の再生を助けてくれる美白クリームなどを使用して肌の状態を回復させるのが先決です!

    まとめ

    脇の黒ずみ解消に脱毛は効果的です。

    しかし、【脱毛=黒ずみ】解消のように思ってしまっていると、脱毛しても黒ずみが解消できず、こんなはずではなかったということになっていまいます。

    脱毛は処理にかかる費用も高いので、まずは自分の黒ずみが脱毛で本当に解消されるのか?じっくり検討してみることをお勧めします。

    また、脇の皮膚に既に重度のダメージを受けてしまっている方には、当オンナの教科書で黒ずみに効果的なクリームも実際に使用して比較検討しているのでぜひ参考にして下さい♪

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    オンナの教科書の最新情報をお届けします

    この記事に付けられたタグ

    アクセスランキング