【肌荒れも?】正しく飲んでレッドスムージーで美肌を手に入れよう♪

Pocket

240 views

レッドスムージーには美肌やアンチエイジングの効果があると言われています。

でも、中には・・・

レッドスムージーを飲んだら肌荒れした
日焼けしてしまった

などの恐ろしい口コミもあります。

今回はレッドスムージーがなぜ美肌に効くのか、より美肌になるための成分やその成分を含んだ食材はなんなのか。

トラブル無くレッドスムージーを楽しむために注意すべきことなどをご紹介します。

美肌レッドスムージーにオススメの成分と食材


スムージーは野菜や果物を生のまま皮や種ごとミキサーにかけて、その栄養を余すところ無く手軽に取り込むという飲み物です。

野菜や果物には「酵素」や「ビタミンC」「ビタミンA」が豊富なことは、ご存知の通りですがレッドスムージーに入れる赤い野菜や果物には「ポリフェノール」が豊富なんです。

「ポリフェノール」「酵素」「ビタミンC」「ビタミンA」と言えば、美肌成分として美容雑誌などでもお馴染みですよね。

これらの入ったレッドスムージーは「飲む美容液」と言っても過言ではありません。

これらの美容成分の入った食材を積極的に取り入れることで、美肌を目指しましょう♪

抗酸化作用のあるポリフェノールはレッドスムージーの最強成分!


ポリフェノールには強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用にはお肌のシミやシワなどの原因となる、活性酸素による酸化を防ぐはたらきがあります。

活性酸素を発生させる原因は紫外線やストレス、そしてタバコなどと言われています。日々生活する中では避けられない原因もありますよね。

でも、心強いことに抗酸化作用のあるポリフェノールを含む食べ物を取り入れることで、活性酸素による酸化を抑えお肌を健康に保つことができます!

ポリフェノールが多く含まれる食材はアサイーやブルーベリーですが、赤ぶどうやいちごなどのフルーツです。

野菜では紫キャベツ(レッドキャベツ)や、赤タマネギ(アーリーレッド)などにも含まれています。

ポリフェノールは食品の渋みなどの成分で赤い色をしているのが特徴です。つまりレッドスムージーの「レッド」はポリフェノールの色なのです!

食材はスーパーで手に入りやすいものもありますし、生でなくても冷凍や缶詰であればコンビニでも手軽に手に入ります。

このようにポリフェノールはシミやシワを防ぎ、透明感のある肌にも期待できるおすすめの成分なのです。

食物酵素で代謝アップで細胞レベルで美肌に!


酵素は細胞を活性化させて代謝させる効果を持ちます。

実際に酵素は人体で生成され、「消化酵素」と「代謝酵素」に振り分けられます。

1日中ダラダラ食べ続けていると酵素の多くが「消化酵素」に振り分けられ、痩せるのに必要な「代謝酵素」が不足してしまいます。

体内の酵素が減ると代謝が悪くなりお肌もくすみ老化が進んでしまいます。

でも、生の食材にも酵素が含まれています。食材を生のまま食べると「食物酵素」という酵素を取り入れることができ、「食物酵素」は「消化酵素」のはたらきを助けてくれます。

こうして、「消化酵素」の使用量が減ると「代謝酵素」の生成が増え代謝がアップしてお肌も元気に!

生野菜や果物の酵素は加熱をしてしまうと壊れてしまいます。生の野菜や果物を使うことでたっぷりと酵素を取り入れることができます。

このように生の食材の酵素は人間の細胞を活性化させ、代謝を促進し美しい肌への生まれ変わりを期待できる成分なのです。

美白のビタミンC!コラーゲンの生成も促進しもっちりな美肌に♪


ビタミンCといえば美白です!

美白というと太陽を避けて紫外線を浴びないようするだけが対策ではありません。皮膚科でも美白したいというと「ビタミンC」を処方してくれますよね。

「ビタミンC」にも強い抗酸化作用があり紫外線による酸化を防いでくれるのですが、コラーゲンの生成も促されるので皮膚の代謝がよくなります。

血行がよくなり内側から新しい皮膚が再生し酸化した皮膚が、古い皮膚に変わるので透明感のある白い肌へと変えてゆきます。

ビタミンCを多く含む食材はアセロラやいちご、グレープフルーツなど酸っぱいものが多いです。

アセロラは生の食材が入りづらいので、ジュースが入手しやすいと思います。

このようにビタミンCには肌の代謝を早め、美しく透明感のある白い肌にも期待できるおすすめの成分なのです。

保湿だけでなく代謝アップでシミそばかすにもビタミンA!


そして、忘れていけないのがビタミンAです。ビタミンAはβカロテンやレチノールなどがあるのですが、ビタミンAは保湿や代謝に効果を発揮します。

化粧品などでも「レチノール配合」などというものを、よくみかけますよね。代謝をよくしてターンオーバーが促進し、新しい肌に生まれ変わりやすくする成分です。

肌に沈着していたシミやくすみ、そばかすも排出されやすくなり、新しい細胞が生まれることで肌のハリもアップします。もちろん、肌に付けるより飲む方が効果があります。

ビタミンAを含む食材としては、ニンジンやマンゴー、アンズ、ネクタリンなどオレンジ色に近い食材が多いようです。

このようにビタミンAは代謝をよくし、新しい細胞を生み出すことでシミやくすみのないハリのある肌が期待できるオススメの成分なのです。

レッドスムージーを飲むときの注意3点


さあ、レッドスムージーに最適な食材を手に入れたら、あとはミキサーにかけて飲むだけ!・・・なんですが、注意したいことが3点あります。

レッドスムージーを飲むときの注意3点
  • 肌荒れ(好転反応によるもの)
  • 日焼け(ソラレンの光毒性のよるもの)
  • 冷え性(南国の食材や冷やし過ぎによるもの)

レッドスムージーを飲んで肌荒れした?


美肌の為にレッドスムージーを飲んだのに「肌が荒れてきた」という口コミがあります。

肌荒れの他にも、だるさ、眠さ、発熱、食欲不振、吹き出物、肌あれ、頻尿、下痢などの症状が出る場合も!ちょっと恐いですね。。

じつはこれ、「好転反応」と呼ばれる現象かもしれません。信じられないかもしれないですが良いことなんです。

今までの食生活からレッドスムージーを飲む生活に変わって、体がその生活に順応するための時期です。その時期を過ぎればお肌も綺麗になってきます。

ただし、アレルギーなどのある方は食材にアレルゲンが入らないように十分注意してください。体調が戻らないようであればレッドスムージーは止めて受診しましょう。

レッドスムージーで日焼けする?


食材にソラレンが入っていると日焼けをするかもしれません。

「オレンジやレモンを朝食に食べると日焼けする」と言われたことはありませんか?実は柑橘系の食材にはソラレンという成分が含まれています。

ソラレンには紫外線の吸収を高める「光毒性」という性質があります。つまり、ソラレンを取ったあと紫外線を浴びると日焼けをするということです。

ご存知のように紫外線は美肌の大敵です。でも柑橘系はビタミンCも豊富な優秀な食材です。柑橘系の食材を取る場合には食後日光に当らない夜などにするのがよいでしょう。

なお、アサイー、ブルーベリー、いちごなどには、ソラレンは入っていませんので、朝から安心して飲むことが出来ます。

レッドスムージーで冷え性になる?


冷えは代謝が悪くなるので美肌の大敵ですよね。でも、レッドスムージーの飲み方を間違うと体を冷やしてしまうことがあります。

体を冷やす理由は2つです。

レッドスムージーで体を冷やす理由
  • レッドスムージーが冷たすぎる
  • レッドスムージーで南国の食材を取りすぎる

レッドスムージーが冷たすぎるとカラダを冷やす

冷たい飲み物は体を冷やします。

レッドスムージーはもともとフローズンドリンクのように飲んでいましたが、暑い夏ならともかく寒い冬に大量に飲もうものなら体を冷やします。

暖かい部屋での冷たいドリンクは美味しいのですが、これも程度の問題です。冬のレッドスムージーは冷やしすぎないようにしましょう。

レッドスムージーで南国の食材を取りすぎるとカラダが冷える

食材にも体を温めるものと冷やすものがあります。南国のフルーツなどは体を冷やす効果がありますので、取りすぎると体を冷やしすぎる可能性があります。

南国のフルーツはポリフェノールを多く含み甘くて美味しいものも多いのですが、冬にはあまり取らない方が良いでしょう。

旬の食材を使うと季節にあった、体に良い食材を取ることができます。旬の食材を意識しましょう!

まとめ

レッドスムージーに入れる赤い食材は、ポリフェノールや酵素、ビタミンCやビタミンAが豊富です。これらどの成分もお肌を美しくしてくれる効果があります。

これらの成分は化粧品などに入っていることも多いのですが、お肌は汗や老廃物の排出器官の役割もあり、成分はあまりお肌からは吸収しません。

もちろん、口は取り入れるための器官ですし、取り入れた栄養を体全体に行き渡らせるため方法も持っています。肌に付ける化粧品よりは口から摂取する方が有効です。

また、レッドスムージーを飲み始めても、誤った飲み方をすると、血行が悪くなり代謝がおちてお肌が荒れたりすることもあります。

おかしいな?と思ったら是非食材やレッドスムージーの温度を確認してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング