マツエクOKのおすすめクレンジングランキング!通販品・市販品特集

Pocket

11,283 views

せっかくつけたマツエクが、1週間もしないうちにポロポロと取れてきてしまう…そんなあなたは、クレンジング選びを間違えているかも?マツエクを付けたらクレンジング選びは超重要なんです。

今回の記事では、マツエクにもつかえるクレンジングの選び方やおススメの製品、さらに、正しいクレンジングの仕方までご紹介します。マツエクを長持ちさせたい方は、是非参考にしてくださいね。

マツエク用クレンジングの選び方は?

最近は、パッケージに「マツエクOK」「マツエクしてても使える」と明確に書いてあるクレンジング製品も増えてきましたが、そもそもマツエクにもつかえるクレンジングっていったいどんなものなのでしょうか?

その秘密、実は成分にあるんです。

マツエクつけたらクレンジングは「オイルフリー」

まず覚えておきたいのが、マツエクには「オイルフリー」のクレンジングを選ぶということです。

人工まつげを付ける際には接着剤(グルー)を使用します。この接着剤は一般的に「シアノアクリレート」という成分で構成されており、空気中の水分と結合すると固まる性質を持っています。

しかし、オイル入りのクレンジングを使うことによってオイルと結合してしまい、せっかく固まっていた接着剤が溶けてしまうことがあるのです。

それを避けるためには、オイルが入っていない「オイルフリー」のクレンジングを選ばなければなりません。

>>今すぐマツエクOKのクレンジングおすすめランキングを見る

オイルフリークレンジングの見分け方

引用:小西さやか(2016年)『日本化粧品検定1級対策テキスト コスメの教科書』 主婦の友社

では、オイルフリーのクレンジングはどうやって見分ければいいのでしょうか?もちろん、オイルフリーと明確に書かれていればいいのですが、実際は記載されていないことも多いもの。

そこで参考にしたのが、上図です。

この図は「日本化粧品検定1級対策テキスト」に掲載されているクレンジングの「水系ジェルと油系ジェルの見分け方」です。これによると、オイルフリーかどうかは成分表示をみればわかるそうです。

オイルフリー表示なし
  • 成分表示の一番上が「水」オイルフリー水系ジェルタイプ
  • 成分表示の一番上が「界面活性剤」オイルイン水系ジェルタイプ
  • 成分表示の一番上が「油分」油系ジェルタイプ

化粧品の成分表示の一番最初に書かれているのは「基剤」、つまりその製品のベースとして使われる主成分です。これが水系なのか、またはオイル系なのかで判断ができるということなのです。

たとえば、市販品の「ビオレうるおいクレンジングリキッド」の成分一覧を見てみると、最初に書かれているのが「水」なのでこれはオイルフリーの水系ジェルタイプということがわかります。

これなら成分表示を見て自分でオイルフリーの判断ができますね。

>>今すぐマツエクOKのクレンジングおすすめランキングを見る

基剤が「水」以外でもマツエクに使えるクレンジングがある

ここでもう一つお伝えしておきたいことがあります。実は基剤が「水」という表記ではなくてもマツエクOKのクレンジングがあるんです。

たとえば、クレンジングの人気ランキングでも紹介した17個のクレンジングのうち、マツエクにも使えるとうたっているクレンジングをチェックすると、成分表の1番目は以下のようになっています。

クレンジング製品名 基剤
アルファピニ28 ボタニカルリキッドクレンジング クマタケラン葉/茎水
スキンビル ホットクレンジングジェル グリセリン
フィトリフト ホットクレンジングジェル グリセリン

グリセリンは多くの化粧品に配合されている水溶性の保湿剤であり、ケマタケラン葉/茎水も植物から抽出した水溶性の保湿剤です。つまり、いずれも水溶性の溶剤ということが共通しています。

「水」という表記の他にも、最初に書いてある成分が水溶剤であるかどうか(界面活性剤は除く)に注目して判断すると良いですね。

>>今すぐマツエクOKのクレンジングおすすめランキングを見る

最近はオイルクレンジングでもマツエクOKのクレンジングがたくさんある!

そして最近は、オイルクレンジングでもマツエクOKのものが増えています。

皆さんご存知のシュウウエムラアルティム8∞スブリムビューティクレンジングオイルアテニアスキンクリアクレンズオイルなど、人気のクレンジングオイルはどれもマツエクに対応しているんです。

ただ、それらには注意書きとして「一般的なグルー(シアノアクリレート系)を使用したマツエクならOK」と書かれているので、それ以外のグルーで接着している場合は要注意。

心配であれば、アイリストさんにどんな種類の接着剤を使っているか確認してみると良いでしょう。

マツエクOK!おススメクレンジングランキング

ここでは、マツエクしてても使える編集部おススメの美容液クレンジングをランキング形式で紹介します!

マツエクにも使える優しい成分でありながら、汚れをしっかり落としてくれる洗浄力も持ち合わせていることが大切ですので、総合的に判断してランキングにしています。是非参考にしてください。

アテニアスキンクリアクレンズオイル

マツエクOKのオイルクレンジング!

オイルクレンジングのスピーディーなメイク落ちと、マツエクにも使えるという利便性が両立したスキンクリアクレンズオイル。くすみ対策もできるので、エイジングケアにもぴったりです。

価格 【通常】1,700円
総合評価
成分表示1番目 エチルヘキサン酸セチル(油性成分)
【編集部のコメント】
オイルフリーではありませんが、マツエクに使えるという画期的なオイルクレンジング。さっと落とせるオイルクレンジングのメリットと、マツエクが落ちない機能性が両立した優秀クレンジングなんです。メイク落ちが悪いと目の周りをごしごしこすってしまって、その摩擦でマツエクが取れたりすることもありますが、アテニアなら心配無用。すっとメイクとなじみ、するんと落ちるので、とにかくマツエク利用者にはうれしい機能が満載なんです。

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

マツエクOK!心地よいスクラブで汚れ落ちも抜群

こんにゃく由来のプルプルのスクラブが気持ちいいクレンジングジェル。ジェルが汚れに密着し、メイクもふわっと浮き上がらせてくれます。洗い上がりはさっぱり&しっとり。濡れた手でも使えるので、使いやすさも抜群です。

価格 【定期】2,848円
【通常】5,596円
総合評価
成分表示1番目
【編集部のコメント】
公式サイトにもマツエクOKの記載があり、成分表示の1番目も「水」ですので、正真正銘のオイルフリークレンジングです。オイルフリーながらも洗浄力は抜群で、プルプルのスクラブも気持ちいい!初回は通常価格から割引された上に、2本付いてくるコスパの良さもおススメポイントです◎

ファンケルマイルドクレンジングオイル

マツエクOK!優秀オイルクレンジング

オイルクレンジングなのにマツエクにも使えるファンケルマイルドクレンジングオイル。アイメイクもごしごしこすらずするんと落ちるので、まつげへの負担も最小限です。シンプル処方でむだなものが入っていないので肌に優しく洗えちゃいます。

価格 【初回ハーフサイズ】500円
【通常】1,700円
総合評価
成分表示1番目 エチルヘキサン酸セチル(油性成分)
【編集部のコメント】
ベースは油性成分ですが、マツエクOKのファンケルのマイクレ。メイク落ちがとっても良くアイメイクもスルンと落とせるので、マツエクを付けていても摩擦で取れてしまう心配がなく、おすすめのクレンジングです。シンプル処方なので特に美容成分などは入っていませんが、洗い上がりのツッパリ感もなく、とてもやさしい洗い心地。W洗顔が必要なのでその点注意です。

HALENAオーガニックホットクレンジングジェル

敏感肌用マツエクOKのクレンジング!

マツエクOKのホットクレンジングジェル。ぽかぽかとあたたかい温感が気持ちよく、クセになる人続出です。ベースはグリセリンで水性成分なのでマツエクにも使えます。しっかりとメイクを落とす洗浄力もありながら、保湿・保潤のための美容成分もたっぷり配合されてますよ。

価格 【初回】980円
【通常】3,300円
総合評価
成分表示1番目 グリセリン
【編集部のコメント】
公式サイトにもマツエクOKの記載があり、成分表示の1番目も水溶剤の「グリセリン」ですので、マツエクをつけていても安心して使えます。とにかく他の美容液クレンジングと比較すると初回価格の安さに驚き!洗浄力と保湿力と兼ね備えており、メイクを落としながらも洗い上がりはしっとり。敏感肌用として作られているだけあって、肌に優しい洗い心地なんです。

kikimateクレンジングジェル

敏感肌OK!マツエクOK!のクレンジングジェル

敏感肌用のクレンジングジェルkikimate。マツエクにも使え、肌にもやさしいクレンジングなんです。ただ、メイク落ちはとても優秀!1回のクレンジングでしっかりさっぱりメイクを落としてくれます。柑橘系のさわやかな香りもファンが多い理由なんです。

価格 【初回】1,500円
【通常】4,900円
総合評価
成分表示1番目
【編集部のコメント】
敏感肌用なのでとても肌に優しく作られているkikimate。柑橘系の香りが特徴です。ベースは水なので正真正銘のオイルフリークレンジング。よって、マツエクにももちろんOKです!水系のジェルクレンジングですが、洗い上がりはかなりさっぱりなので、すっきりとした使用感が好きな人にはおすすめかも。すこし重めのジェルなので、アイメイクを落とすときには摩擦に注意して優しく洗いましょう!

編集部がアテニアスキンクリアクレンズをおすすめする3つの理由!

アテニアスキンクリアクレンズをおすすめする3つの理由

  1. マツエクにも使えると明言されている
  2. オイルクレンジングなのでアイメイクがさっと落とせてマツエクにも優しい
  3. +αのエイジングケア効果がある

アテニアスキンクリアクレンズは「マツエクOK」とメーカーが公式に発表しています。ですので、ほとんどのマツエクには対応しているので安心して使えます。(シアノアクリレート系以外の接着剤については落ちる可能性あり)

また、オイルクレンジングなので、アイメイクをごしごしこする必要がなく、スルンと落とせるので、摩擦によってマツエクが取れてしまう心配も最小限になっています。

さらに、くすみ除去・予防、毛穴ケア効果、保湿効果などのさまざまなエイジングケア成分が配合されているので、マツエクに使える、ということ以外でもメリットがたくさんあります。

オイルクレンジングなので、「本当に大丈夫?」と不安に思うかもしれませんが、編集部も実際に1か月使ってみて、マツエクが極端にはやく抜けることはありませんでしたよ。

なんといっても175mlの大容量で1,700円というコスパの良さと、初回だけでなくずっとその価格が変わらないという買いやすさも高評価!

マツエクを付けている方に本当におすすめのオイルクレンジングなんです。

薬局やドラッグストアで買える!マツエクOKのプチプラ市販クレンジングまとめ

ブランド マツエクOK マツエクNG
ビオレ ・うるおいクレンジングリキッド
・メイクとろりんなで落ちジェル
・メイク落としふくだけコットン
・メイク落としふくだけコットンうるおいリッチ
・メイク落としパーフェクトオイル
ダヴ ・ふきとり水クレンジング
・3in1 メイクも落とせる泡洗顔料
・モイスチャーミルククレンジング
・オイル泡クレンジング
・モイスチャーケアオイルクレンジング
ファンケル ・マイルドクレンジングジェル
・マイルドクレンジングオイル(※)
専科 ・パーフェクトオイルホイップ ・パーフェクトウォータリーオイル
AHAクレンジングリサーチ ・クレンジングウォーターオイルフリーb
・アクアクレンジング
・ブライトクリアオイルジェルクレンジング
・オイルクレンジングNa
・リファイニングミルククレンジングb
・モイストジェルミルククレンジング
・ジェルクレンジング
・モイストオイルクレンジング
ソフティモ ・ホワイトスーパークレンジング
・ホワイトクレンジングジェル
・スピーディクレンジングリキッド
・ホワイトモイスチュアクレンジングウォッシュ
・スピーディクレンジングオイル
・ホワイトコールドクリームN
DHC DHC薬用ディープクレンジングオイル

(※基剤が油剤ですが、公式サイトにマツエクOKの記載があるもの)

美容液クレンジングだけでなく、ドラッグストアや薬局で購入できる市販品のクレンジングについても、マツエクOKの製品を上の表にまとめました。

全体的にやはりオイルクレンジングはマツエクNGのものが多く、リキッドタイプやミルクタイプはOKのものが多いようですね。

ただ、ファンケルマイルドクレンジングオイルなど、一部のオイルタイプのクレンジングはマツエクOKのものもあるので、パッケージや成分を確認してから使うとよいでしょう。

>>マツエクOKのクレンジングおすすめランキングに戻る

人気の無印良品のクレンジングでマツエクOKのクレンジングはコレ!

商品名 基剤 特徴
マイルドミルククレンジング
メイクとのなじみが良く肌への負担が少ない乳液タイプです。天然うるおい成分としてアンズ果汁、桃の葉エキスを配合。しっとりした洗い心地が特徴です。
マイルドクリームクレンジング
クレンジング後の肌のしっとり感が特長のクリームタイプのクレンジングです。天然うるおい成分としてアンズ果汁、桃の葉エキスが配合されており、乾燥が気になるお肌にもぴったりです。
オイルフリーリキッドクレンジング
PG(水性成分) クレンジングのオイル成分が気になる方のためのオイルフリークレンジングです。天然うるおい成分としてアンズ果汁、桃の葉エキスが配合されています。
オーガニッククリームクレンジング
メイクや毛穴の汚れをやさしく落とす保湿クリームのようなメイク落としです。8種類のオーガニック植物エキスとオーガニックのアロエベラ液汁がうるおい成分として配合されています。オーガニックのエッセンシャルオイルを使用し、リラックスできる香りです。

(※基剤(成分表示の1番目)が「水」または水性成分のものをピックアップしています。)

無印のクレンジングでマツエクにも使える「オイルフリー」のものは上の表のとおりです。

人気のオイルタイプのクレンジングは、いずれも公式サイトに「マツエクOK」という記載がなかったため、使用しないほうが良さそう。

ミルクタイプやクリームタイプ、リキッドタイプのクレンジングであれば成分的には問題ないと判断できますよ!

無印良品のクレンジングについては特集記事を用意しているので、以下の記事も是非参考にしてみてください。

無印良品クレンジングジェル・オイル・クリーム全比較!おすすめ特集

>>マツエクOKのクレンジングおすすめランキングに戻る

マツエクを長持ちさせる正しいクレンジング方法

せっかくマツエクOKのクレンジングを選んでも、洗顔の方法を間違えてしまえば元も子もありません。ここでは、マツエクを付けた時の正しいクレンジング法についてお伝えします。

マツエクを付けているときのクレンジングで気を付けるべき2つの注意点

まず洗顔に入る前に、事前に気を付けなければならないことがあるので、2つのセルフチェックを行ってください。

クレンジング前のセルフチェック
  • 用意したクレンジングはマツエクに対応しているか?
  • マツエク装着後、2時間以上経過しているか?

1つ目は、これまでご紹介してきたとおり、クレンジング剤のチェックです。今一度、パッケージや成分表示を確認して、マツエクに対応しているか確認しましょう。オイルフリークレンジングの洗浄力に不安がある場合は、アイメイクだけはマツエク対応クレンジングを使い、それ以外の部分はオイルクレンジングを使っても大丈夫です。

2つ目は、マツエク装着後の経過時間のチェックです。装着してから2時間は接着剤(グルー)が固まっていないため、水気は厳禁。クレンジングなどで顔を濡らすのは2時間以上経過してからにしましょう。

マツエク装着時の正しいクレンジング方法

上記のセルフチェックができたら、クレンジングを行います。手順は以下のとおりです。

正しいクレンジングの方法
  1. クレンジング剤を手にとり、アイメイク以外の場所になじませます。
  2. クレンジングの最後に、まぶたに指を2本あて、横にスライドさせるようにやさしくクレンジングをなじませます。
  3. 流水または洗面器に溜めたぬるま湯を手ですくいながらクレンジング剤を洗い流します。

顔の広い範囲からクレンジング剤をなじませ、アイメイク部分は最後にすることで、クレンジング剤がマツエクに触れる時間を短くします。

また、アイメイクは優しく落とすことがポイントで、マツエクに負担をかけないためには横方向に指を動かすのがポイントです。

さらに、洗い流すときは必ず手でぬるま湯をすくいながら行いましょう。

これは厳禁!クレンジングのNG行為
  • アイメイクを縦方向(まつ毛の生えている方向)にこすってクレンジングをなじませる行為
  • シャワーでクレンジングを洗い流す行為
  • 洗顔後にタオルでごしごしとこする行為

アイメイクを縦方向にこすってクレンジングをなじませてしまうと、マツエク部分を引っ張る形になってしまい取れやすくなります。

また、シャワーを直接顔に当てる行為はマツエクに圧力がかかり変な方向に曲がってしまう可能性があるので厳禁ですし、洗顔後にタオルでごしごしこする行為も同様です。後者2つはお肌にも良くありません。

正しい洗顔方法を守れば、本来は3週間ほど持続するマツエク。せっかくお金を払ってつけたのに、すぐに取れてしまっては本当にもったいないですよね。長くきれいにマツエクを維持するために、正しい洗顔方法でメイクを落としましょう!

>>マツエクOKのクレンジングおすすめランキングに戻る

まとめ

最近はマツエクOKのクレンジングもかなり増えてきているので、選択肢が増えてきてうれしいですよね!

ただやはり、プチプラのオイルクレンジングはNGなものが多いので注意が必要!

オイルクレンジングはそのメイク落ちの良さから女性に人気なので愛用者も多いと思いますが、マツエクを付けている場合は安いオイルタイプは使わないのが賢い選択です。

今回ランキングで紹介したような、ある一定の価格以上のオイルクレンジングであればマツエクOKのものがほとんどになってきていますし、くすみケアや毛穴ケアなどそれ以外の美容効果も期待できるものが多いです。

マツエクには、オイルフリータイプ、または、プチプラ以外のオイルタイプのいずれかのクレンジングを使い、しっかりと長持ちするようにケアしていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング