【酵素ダイエット】レッドスムージーVS酵素ドリンクどっちが効果ある?

Pocket

253 views

アメリカのセレブモデルが愛飲していたということで、日本でも爆発的に有名になった「酵素ダイエット」。酵素ドリンクを飲んでいる方も多いと思います。

でも、酵素は生の食材に豊富に含まれているといいますよね。

生の食材の「酵素」で痩せるのならレッドスムージーにも「酵素」は豊富なので痩せるはず!

酵素ダイエットをするなら「レッドスムージー」と「酵素ドリンク」どちらがよいのでしょうか?それぞれのメリットデメリットを含めて見ていきましょう!

レッドスムージーと酵素ドリンクの違いとは


レッドスムージーと酵素ドリンクの大きな違いは「発酵させているかどうか」です。

レッドスムージーも酵素ドリンクも、生の野菜や果物を皮ごと使ったドリンクで、どちらもダイエットに効くと言われています。

レッドスムージーは赤い野菜や果物を皮や種ごとミキサーにかけて、液状にしたものをその日の内に飲みきります。

酵素ドリンクは野菜やフルーツを長い時間をかけて発酵させて作るシロップです。飲むのも数日をかけて飲みますので発酵を維持するために砂糖を使います

レッドスムージーで酵素ダイエットのメリット・デメリット


レッドスムージーは、生の野菜や果物と水を皮や種ごとミキサーにかけて作ります。数種類の食材を加熱調理することもなく手軽に取ることができます

サラダで食べると大量となる野菜や果物もスムージーにすれば、たいした分量にもならず飲みやすいですよね。これならたくさんの「酵素」が取り入れられますよね。

でも、レッドスムージーで酵素ダイエットと考える場合、やはりメリットだけでなくデメリットもあります。

メリット
  • 生の野菜や果物をとれるので酵素がたくさん取れる
  • 厚生労働省が推奨している「1日に野菜350g摂取」も簡単にできる
  • 食物が粉砕されているので消化しやすい
  • 入れる食材により腹持ちがいい
  • 自分で手軽に作ることができる
  • リバウンドしづらい
デメリット
  • 材料や冷やし過ぎで体を冷やすことがある
  • 自分で作る場合材料を揃えるのが大変なことがある
  • 同じ食材ばかりで作ると栄養が偏る
  • 入れる食材により腹もちせずお腹が減る

レッドスムージーは自分で作ろうとした場合、調理は簡単なのですが、生の野菜や果物をいろいろ入手し早めに使い切らないといけません。気になる方には少し面倒ですね。

酵素ドリンクで酵素ダイエットのメリット・デメリット


酵素ドリンクは酵素をそのまま取り入れるのではなく、生の食材を1回発酵させて酵素を増やしたエキスを飲みます。

実際に、「酵素ドリンク」を自分で作ろうとすると、たくさんの種類の生の野菜や果物を揃える必要があります。

その生の野菜や果物を上白糖などと混ぜて発酵させるため、作るのにとても時間がかかります。また、せっかく自作しようとしても発酵がうまく進まず失敗することさえあります。

「酵素ドリンク」を使った酵素ダイエットにもメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 食材を発酵させることで、生野菜より酵素が多い
  • 少しでさまざまな食材の栄養を取れる
  • リバウンドしづらい
デメリット
  • 発酵させるために上白糖を使うので糖分が多い
  • 少し飲めばいいので腹持ちがしない
  • 自分で作るのには手間がかかる
  • 市販品の場合、高価になることがある

酵素ドリンクは、自分で作ろうとした場合の手間は大変なものですが、野菜の栄養や酵素がつまったエキスを飲めるので、濃縮した感じがいいですね。

まとめ

レッドスムージーも酵素ドリンクも比べると、それぞれにメリット・デメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

どちらを選択しても間違ってはいません。あなたに合った方法で無理なくダイエットできればいいと思います。

レッドスムージーのおすすめポイント
  • 自分で手軽に作れる
  • 安い市販品が売っている
  • 腹持ちがする
酵素ドリンクのおすすめポイント
  • 酵素がたっぷり
  • ファスティングの補助食にも
  • 体重の減少が早い

どちらの方法を選ぶべきか悩んでしまうという場合には、目的の体重になるまでダイエット方法を一定期間で交代するのも良いかもしれません

これは冗談ではなく、体って同じことしていると慣れてしまうこともありますよね?

体質は2週間で変わるともいいますから体質が変わって慣れてしまう頃、1ヶ月〜3ヶ月でダイエット方法を変えてみてもいいと思います。

「酵素」を制する者が「ダイエット」を制する!あなたに合った方法で目標クリアまで頑張りましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング