自宅で歯を白くする人気ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング!

Pocket

963 views
  • 黄ばみが気になっている歯を自然な白さにしたい。
  • 歯を白くするお手軽で効果的な方法を探している。
  • ホワイトニング歯磨きは沢山ありすぎてどれを選べばいいのかわからない。
  • 現在このようなことで悩んでいませんか?

    当サイトでは、こういった多くの人が悩んでいる歯の黄ばみの解消方法について、実際に口コミで人気のホワイトニング歯磨きを購入して検証してみました!

    重要となるポイントについてしっかり比較しランキングにしていますので、ぜひ選ぶときの参考にしていただけたらと思います♪

    口コミで人気!歯のホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!

    それでは、今回比較したホワイトニング剤の一覧を紹介していきます。

    ホワイトニング歯磨き粉は、含まれている成分が良いものであればより高い効果を期待できます。

    ただ、料金が極端に高かったり使いにくかったりということであれば現実的ではありませんよね?

    そこで今回、それぞれのホワイトニング剤を比較する上で「続けやすさ」「効果性」という観点から、下記の3点に絞って比較しました。

    • 価格
    • 成分
    • 1日の目安量
    商品名 購入価格 成分 1日の目安量
    薬用ちゅらトゥースホワイトニング
    4,980円 PAA(ポリアスパラギン酸)、リンゴ酸、ビタミンC、GTO、アラントインほか 1〜2回
    厚生省から医薬部外品認定をされている薬用ちゅらトゥースホワイトニングは歯を傷つけず汚れだけを落とし健康的で白い歯にするホワイトニングジェルです。研磨剤など使わない安全性とホワイトニング効果の高さが口コミでもとても好評となっています。
    商品名 購入価格 成分 1日の目安量
    パールホワイトプロEXプラス
    6,030円 メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DLリンゴ酸、IPMPほか 1〜2回
    ステイン除去に効果的なパールホワイトプロEXプラスはタバコのヤニとり効果があると厚生労働省が発表した「ポリリン酸ナトリウム」を中心にホワイトニングに有効な成分を多種配合しています。
    商品名 購入価格 成分 1日の目安量
    はははのは
    2.770円 ココナッツオイル、アロエ、ローズマリー、ホホバオイル、ポリリン酸Na、メタリン酸Naほか 1〜2回
    ナチュラルな「ココナッツオイル」「ローズマリー」「ホホバオイル」やステイン除去に効果的な「ポリリン酸Na」「メタリン酸Na」を中心にほとんど全てが植物成分で作られいるので安心して使用できます。
    商品名 購入価格 成分 1日の目安量
    トゥースメディカルホワイトEX
    5,290円 ウルトラメタリン酸、ピロリン酸、ポリリン酸、フムスエキスほか 1〜2回
    医薬品や食品添加物などに使われている「ウルトラメタリン酸」をはじめ「ピロリン酸」や「ポリリン酸」など、安全性とホワイトニング効果の高い成分が配合されています。
    商品名 購入価格 成分 1日の目安量
    オーラパール
    1,708円 薬用ハイドロキシアパタイト、イソプロピルメチルフェノール、塩化ナトリウム、マクロゴール400、ゼオライトほか 2回以上
    歯の美白効果が高い成分として「薬用ハイドロキシアパタイト」のほか、歯に付着したタバコのヤニなどを除去する「マクロゴール400」など歯を自然の白さにする成分が多く配合されています。
    商品名 購入価格 成分 1日の目安量
    レディホワイト
    4,980円 ポリアスパラギン酸ナトリウム、りんご酸DL、アスコルビン酸、GTOほか 1〜2回
    歯の汚れと黄ばみを除去する「ポリアスパラギン酸ナトリウム」「リンゴ酸」のほか、歯周病予防に効果のある「アスコルビン酸」などを配合。医薬部外品なので研磨剤などは含まれず、安心かつしっかりと効く天然由来成分で「歯が明るく」なります。
    商品名 購入価格 成分 1日の目安量
    プレミアムブラントゥース
    4,980円 ココナッツオイル、ウーロン茶エキス、茶カテキン、パパインほか 2回
    プレミアムブランつトゥースは「ココナッツオイル」や「茶カテキン」など自然由来の成分が多数配合されており、安全性を始め黄ばみ改善・予防や歯周病予防に高い評価を受けています。
    商品名 購入価格 成分 1日の目安量
    オーラクリスターゼロ
    3,292円 アラントイン、シメン-5-オール、茶エキス、ドクダミ、トウエキスほか 9〜20プッシュ
    オーラクリスターゼロは、ホワイトニングに役立つ歯周病や虫歯予防の効果が期待できますが、基本的に口臭予防のためのスプレーなので成分も「アラントイン」「茶エキス」など臭い防止効果のあるものが中心となっています。ホワイトニングとの相乗効果でお口の印象を良くするのに重宝します。

    人気ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング!

    薬用ちゅらトゥースホワイトニング

    歯にダメージを与えず汚れだけを浮かせて落とす研磨剤不使用のホワイトニングジェル!

    歯を白くすることに特化したホワイトニングジェルです。歯の表面を傷つけてしまう恐れのある研磨剤やフッ素などを使っておらず、「ポリアスパラギン酸(PPA)」「リンゴ酸」「ビタミンC」の作用によって着色汚れだけを浮かせておとします。これらの成分は歯の黄ばみの元になるタンパク質や歯垢を取り除く効果があるからです。ちゅらトゥースホワイトニングを使うことで安心して自然で健康的な白さの歯にすることができます。

    価格 【定期】4,980円
    【通常】6,458円
    総合評価
    主成分 ポリアスパラギン酸、リンゴ酸、ビタミンC、GTOほか
    【編集部のコメント】
    ちゅらトゥースホワイトニングは歯を白くすることに特化して作られ、厚生労働省から医薬部外品として認定されている信頼度の高いホワイトニングジェルです。一般的な歯磨き粉に含まれていることが多いけれど歯を傷つけてしまう恐れのある研磨剤などの成分を一切使用せず高い安全性と着実な効果を期待することができます。また口臭対策や虫歯の予防に役立てることまでできるのも嬉しいところ。柑橘系の爽やかな香りで毎日継続して効果を体感しやすい点が女性にも好評となっています。

    はははのは

    オーガニックな成分で高い洗浄力を実現したホワイトニング剤!

    ほとんどの成分を食物由来のオーガニックな成分で作られていながら、高い洗浄力を実現している「はははのは」。一般の歯磨き粉でよくみられる研磨剤や漂白剤、着色料といった歯を傷つけるリスクのある成分を徹底的に排除しているため、子供でも安心して使えるほど低刺激で高い安全性があります。ホワイトニングの効果はもちろんのこと、歯石や虫歯から口臭まで予防・対策をこの一本で完結することができます。汚れだけを歯の表面から落とし自然な白さの歯にするホワイトニングジェルです。

    価格 【定期】2,700円
    【通常】3,300円
    総合評価
    主成分 ココナッツオイル、ハッカ油、ホホバオイルほか
    【編集部のコメント】
    ホワイトニングに効果的な天然成分で作られている「はははのは」は汚れを浮かせて落とすだけでなく、をコーティングしてキレイになった歯の状態を維持するホワイトニングジェルです。使った人の95%もの人が3週間ほどで効果を実感しているというデータもあります。実際使ってみると発泡剤不使用のため泡立ちがなく普通の歯磨き粉とは全く使い心地が違っていましたが使い続けて1ヶ月目くらいの時に友達から「あれ、歯が白くなってるね!」と言われるほど効果を実感することができました。初めてで本当にはが白くなるのか気になっていたのですが、10日間の全額返金保証があり安心して始めることができたのが良いきっかけになりました♪

    パールホワイトプロEXプラス

    歯周病や口臭の予防もできるホワイトニング歯磨きジェルで歯を白く強く!

    ステイン汚れを落として歯を白くする「ポリリン酸ナトリウム」「メタリン酸」「リンゴ酸」や歯を強くする「ハイドロキシアパタイト」を中心にホワイトニングに有効な様々な成分が含まれています。また「ハイドロキシアパタイト」が再石灰化を予防して歯を強くして「IPMP」がピンク色の健康的な歯茎にして歯周病を予防、「チャ乾留液」などの効果で口臭の対策までしてくれます。歯に負担をかけずに口内を健康に保ちながら、自然で健康的な白さにすることを助けてくれるホワイトニングジェルです。

    価格 【定期】6,480円
    【通常】8,400円
    総合評価
    主成分 メタリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム、DL-リンゴ酸ほか
    【編集部のコメント】
    歯のホワイトニングに必要な最新の成分が配合されたパールホワイトプロEXプラス。実際に使ってみると、まずボトルのキャップを開けた時には甘酒のような香りがしたのが印象的でした。ジェル自体は無色で歯ブラシに乗せると毛の中に染み込んでいくくらいのトロッとした感じで、使い心地は白い泡など全く出ず、水で歯磨きをしているような感じでした。使い終わると口の中が気持ちよくスーッとします。使い続けて1週間目には歯ぐきが引き締まったような感じがするようになり、1ヶ月目でだんだん歯が自然な白さになってきたのを実感できました。ホワイトニングだけでなく歯周病予防や口臭対策にもなり使っているのが楽しくなってくるホワイトニングジェルです♪

    オーラパール

    有効な9つの成分配合でホワイトニングから歯周病予防、口臭対策まで総合的にお口をケア!

    ホワイトニング効果はもちろんのこと歯周病の予防や口臭の対策にも効果を発揮する「マクロゴール100(PEG-8)」や「ハイドロキシアパタイト」「ゼオライト」といった成分が多数豊富に配合されたオールイン歯磨き粉です。これ一つだけでお口に関するほとんどの悩みをケアすることができるんです。特に特徴ていなのはハイドロキシアパタイトが虫歯になりかけの歯の表面を修復するという作用でしょう。歯に負担をかける成分は含まれていないので安心して使い続けることができるのも嬉しいところです。

    価格 【定期】1,700円
    【通常】2,000円
    総合評価
    主成分 ハイドロキシアパタイト、ゼオライト、マクロゴール100、塩化セチルピリジウムほか
    【編集部のコメント】
    オーラパールは製薬会社が8年の歳月をかけて開発して厚生労働省から医薬部外品に認定されている信頼度の高いホワイトニング製品です。1ヶ月分が1,710円という価格はホワイトニング専用歯磨き粉の中ではとても安価ですが、歯に対する高い美白効果をはじめとして口臭や虫歯、歯周病などへの予防や対策に効果を発揮します。ナノ粒子化した「ハイドロキシアパタイト」は歯の表面についた傷の修正をして滑らかなツルツルの状態にまでしてくれます。控えめな泡立ちとミント系のクセのない塩味が爽やかなので毎日続けやすい歯磨き粉と言えるでしょう。

    レディホワイト

    天然由来の成分が汚れを包み込んで落とす爽やかなホワイトニングジェル!

    「ポリアスパラギン酸」が歯の表面の着色汚れを包み込んで吸収する形で除去して、その後の再付着を防止し「リンゴ酸」と「アスコルビン酸(ビタミンC)」が口臭予防や殺菌の効果を発揮します。これら3つの天然成分のトリプルパワーが作用して、継続して使い続けることで、歯を明るく自然で健康的な白さにしてくれるでしょう。さらにその後も着色汚れをブロックしてくれるのも嬉しいところですね。

    価格 【定期】4,980円
    【通常】9,980円
    総合評価
    主成分 ポリアスパラギン酸ナトリウム、リンゴ酸、GTO、アスコルビン酸ほか
    【編集部のコメント】
    医薬部外品のレディホワイトは研磨剤や漂白剤、発泡剤などの刺激があり歯に負担のかかる成分が含まれず、天然由来の成分に特化して作られた、効果的で安心のホワイトニングジェルです。また口臭予防の効果まで期待できます。アップルミントの清涼感が口の中を爽やかにしてくれるので継続して続けやすいのも嬉しいところ。毎日の歯磨き習慣の中で続けることで徐々にはを自然な白さにしていくことができるでしょう。

    最もオススメは「ちゅらトゥースホワイトニング」!

    薬用ちゅらトゥースホワイトニングがオススメな5つの理由

    1. 天然由来成分でステインや黄ばみを除去し自然な白さの歯にできる。
    2. 柑橘系の爽やかさで子供から大人まで使いやすい。
    3. 研磨剤やフッ素不使用なので安全・安心。
    4. 刺激が抑えられていて口の中がピリピリすることがない。
    5. 厚生労働省から医薬部外品と認められているので信頼性が高い。

    最もおすすめなのは薬用ちゅらトゥースホワイトニングという結果になりました。
    歯に負担をかけずに汚れだけを浮かして落とす「ポリアスパラギン酸」歯茎の健康を維持しエナメル質を高めて汚れをつきにくくする「ビタミンC」自然治癒力を高める作用と疲労回復の効果でダメージのある歯茎を綺麗にする「りんご酸」。

    これら3つの有効成分を使って医薬部外品として作られた歯のホワイトニングジェルがちゅらトゥースホワイトニングです。

    研磨剤やフッ素など歯を傷つける成分は一切使われていないので、安全に歯を白くすることができるのが安心できて嬉しいですね。

    また、厚生労働省から医薬部外品として効果と安全性が認められており、とても信頼性の高いホワイトニングジェルなので、自然で健康的な白さの歯になることが期待できますよ!

    なぜホワイトニング歯磨きなのか⁉︎他の改善法と徹底比較した結果は!


    これまでオススメのホワイトニング歯磨きについて見てきました!

    でも、「ホワイトニング歯磨きってそもそも本当に歯を白くする効果があるの?」という疑問も中にはあるかと思います。

    そこで、世間一般に知られている歯を白くする方法とホワイトニング歯磨きの方法と何が違うのか??徹底的に比較してオススメ順に並べてみました!

    方法 効果 手軽さ コスト おすすめ度
    ホワイトニング歯磨き
    歯医者さん
    重曹
    活性炭
    食べ物
    ホワイトニングペン
    歯の消しゴム
    フロスでお手入れ

    最もお勧めできるのはホワイトニング歯磨き粉と歯医者さん!

    7つのホワイトニングについて比較した結果、いちばんオススメなのはホワイトニング歯磨き&歯医者さんという結果になりました。

    ホワイトニング歯磨きはお家で歯磨き習慣の中でホワイトニングができるという手軽さがいちばん魅力的な部分かと思います。普段の生活習慣の中で行えるので、継続していくことも難しくはないですよね!

    また歯医者さんにホワイトニングしてもらうのも効果的です。歯科医院などに通い歯医者さんに専用の機械を使ってホワイトニングしてもらうことで、短期間で効果的に結果を得やすくなります。

    歯を白くしたいときに確実にホワイトニングできますが、通院の手間や費用をかけられない場合はホワイトニング歯磨きが最もオススメですよ!

    ホワイトニング歯磨き粉の3つの正しい選び方!


    冒頭でもホワイトニング歯磨きを比較してきましたが、こちらではより詳しい選び方について振り返っていきましょう。巷にはホワイトニング歯磨きだけで何十種類もあるので、一体どれを選べばいいのか迷ってしまうと思います。

    なので、ここではホワイトニング歯磨きを選ぶ際に欠かすことのできない3つの重要ポイントを紹介していきます!

    【選び方1】汚れや黄ばみを効率的に落とす有効成分が含まれているか?

    歯を白くする効果のある成分は沢山あるんですが、特に「ポリアスパラギン酸」のように歯磨きで落とせない汚れを浮かせて剥がして落とす成分と、「リンゴ酸」「ビタミンC」のような、汚れを再び歯につきにくくする成分が含まれていることが大切です。

    これらの作用のある成分が効率的に配合されているホワイトニング歯磨きを使われるのが良いかと思います。

    【選び方2】体に安全な成分で作られているか?

    やっぱり毎日の歯磨き習慣としてホワイトニングをしていくので、歯にダメージを与えないものを選ぶことが重要です。

    市販の歯磨きのほとんどには研磨剤やフッ素などの歯を削る作用のある成分が含まれています。

    使えば使うほど歯を傷つけてしまうリスクが高まってしまっては元も子もありません。

    歯が傷ついてしまうとそこからさらに黄ばみの原因になるということもあり得ます。

    なので、こうした研磨剤やフッ素が含まれていないホワイトニング歯磨きを選ぶことが大切なポイントになります。

    【選び方3】適正な価格であるかどうか?

    とにかく安いものをということではなく、商品の成分や効果期待度に見合った価格かどうかが大切です。

    もちろん安いほうが良いのは間違いありませんが、「安価な代わりに成分量が少なく効果が得にくかった」ということはよくある話ですよね。

    なので値段だけで決めてしまうのではなく、商品の内容と照らし合わせて、「適正なのか?」という点をよく見てみると、きっと損はしないでしょう!

    ホワイトニング歯磨き粉の効果的な使い方は?そもそも効果はあるの?


    せっかくホワイトニング歯磨きを使っていくのなら、より効果の得やすい方法で歯を白くしていきたいですよね?

    ここではホワイトニング歯磨きの効果的な使い方と、そもそも効果は本当にあるのものなのか?について紹介していきます!

    ホワイトニング歯磨き粉を効果的に使う3つのステップ

    ホワイトニング歯磨きは次の3つのステップを踏んで使っていくと効果を得やすくなります。

    ステップ1市販の歯磨き粉で黄ばみをピンポイントで落とす。

    まずは黄ばみが気になる部分や着色のひどいところだけを、市販の研磨剤入り歯磨き粉で磨きます。

    磨く際は、歯が傷ついてしまわないようゴシゴシ磨かずに、やさしく磨きましょう。

    最初にこれをすることで、次に行うホワイトニング歯磨きの成分が歯に浸透しやすくすることができます。

    ある程度磨いて着色が落ちてきたら、しっかりとゆすいで歯磨き粉がの頃ないように洗い流してください。

    ステップ2ホワイトニング歯磨きで全体を磨く

    次に、ホワイトニング歯磨きを使って歯磨きをします。

    歯ブラシに水をつけない状態で歯磨きをつけて、白くなる部分にムラが出ないように歯の全体をまんべんなく丁寧に、やさしく磨いてください。

    決してゴシゴシと磨いたりしないよう、そこは注意してくださいね。

    全体を磨くときに大切なのは、例えば上下左右面裏というように順番を決めることで磨き残しがないようにすることです。

    また磨くときには小さな円を描くように磨くと、歯をツルツルにする効果を期待できるのでオススメですよ。

    歯の全体を磨き終えたら、あとは口の中をゆすいで軽く洗い流しましょう。

    少し有効成分が残っている状態が好ましいですね。
    成分がステインに付着して、汚れがより落ちやすくなりますので。

    ステップ3フッ素で再石灰化を促す。

    最後は歯をコーティングする効果のあるフッ素を多く配合している歯磨き粉で仕上げになります。

    ホワイトニング歯磨きを使った後の歯は、エナメル質が少しの間敏感になっていて刺激を受けやすくなっているので、フッ素を使うことで歯を保護して、同時に有効成分を閉じ込めておくことができるんです。

    使い方は歯ブラシにフッ素を塗って、歯の全体をコーティングするように磨くだけです。

    磨いたあとは、口の中をよくゆすいで洗い流してください。

    「シュミテクトやさしくホワイトニング」と「ちゅらトゥースホワイトニング」はどちらがいいの?

    当サイトではホワイトニング歯磨きとして「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」をオススメしていますが、「シュミテクトやさしくホワイトニング」も口コミでは高い評価を受けています。

    そこで、よく「どっちがいいの?」なんて比較されがちなこちらの2商品について、徹底的に比較してみました!

    方法 ちゅらトゥースホワイトニング シュミテクトやさしくホワイトニング
    価格 4980円 410円
    主成分 ポリアスパラギン酸、GTO、ビタミンC、りんご酸 改良ツインシリカ、ポリリン酸ナトリウム、硝酸カリウム、フッ化ナトリウム
    1日に使う回数 1〜2回 1〜2回
    特徴 ポリアスパラギン酸で歯を傷つけることなく汚れを浮かして剥がし、りんご酸やビタミンCの効果で汚れをつきにくくすることで歯を白くします。 低研磨性の改良ツインシリカをはじめ、ポリリン酸ナトリウム、硝酸カリウムなどの力え歯を自然な白さにしていきます。
    効果期待度

    2つを比べてみた結果、価格と成分に大きな違いがあることがわかりました!

    価格の面ではシュミテクトやさしくホワイトニングが圧勝で、他に探しても500円前後のホワイトニング歯磨きに出会ったことがありません。

    なので、ホワイトニング歯磨きというジャンルでは最安値かと思います。

    また、成分の内容に関しては全くの別物です。ただ、薬用ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤などの歯にダメージを与える成分が含まれていません。

    汚れを浮かせて取る主成分で作られた専用の液体なので、効果期待度では歯磨き粉のシュミテクトやさしくホワイトニングに勝ることがわかりました。

    まとめると、安さで選ぶならシュミテクトやさしくホワイトニング、効果で選ぶなら薬用ちゅらトゥースホワイトニングがオススメですよ♪

    虫歯や差し歯にもホワイトニング歯磨き粉は効果があるの?


    ホワイトニングをするとき、虫歯があっても大丈夫なのか?とか、差し歯も同じように白くできるのか?気になる人はとても多いです。

    ここでは虫歯や差し歯があってもホワイトニング歯磨きは効果があるのかを紹介していきます!

    虫歯があってもホワイトニング歯磨き粉を使って大丈夫?

    ホワイトニング歯磨きを使うぶんには虫歯があっても特に気にする必要はありません。

    ただ、歯の詰め物に関してはホワイトニング歯磨きの効果はありませんので、どうしても気になって徹底的に改善したい場合は、歯科医院のホワイトニングの施術を受けることをおすすめします。

    歯医者さんのホワイトニング施術を受ける場合は、虫歯のある場所や状況によっても変わってきますが、基本的にはホワイトニングをする前に虫歯の治療をしてもらった方が良いでしょう。

    最初に虫歯治療をして、次にホワイトニング、最後に詰め物の色直しという3段階で行うのが理想なんですが、ただ、この場合は歯への負荷が大きくなるリスクもあります。

    なのでまずは主治医の先生とお口の状況についてよく相談することから始められることをおすすめします!

    差し歯にもホワイトニング歯磨き粉は効果はあるの?

    ホワイトニング歯磨きで差し歯も白くすることはできるのか?

    結論から言うと差し歯を天然歯と同じようにホワイトニングすることはできません。

    保険適用で作る差し歯の素材は「レジン」と呼ばれるプラスチックの素材なんですが、初めはキレイでも数年のうちに汚れがつき、それが徐々に内側まで浸透する形で変色していきます。

    その結果、差し歯は一目で分かるほど黄色くなります。

    このように素材内部まで変色してしまう着色汚れなので、歯の表面のステインを浮かして剥がしキレイにする天然歯用のホワイトニング歯磨きでは差し歯を完全に漂白することができないのです。

    「レジン」の素材の差し歯が黄ばんでいるのをどうにかしたい場合は、歯の全体をホワイトニングした後に、差し歯をセラミック素材で新しく作り直すことで、自然な仕上がりにすることができます。

    そもそも歯が黄ばむ原因は?

    ここまでホワイトニング歯磨きについてお伝えしてきました。しかし、そもそもどうして歯が黄ばんでしまうのでしょうか?ホワイトニング歯磨きを買う前に、もう一度原点に立ち返って考えていきましょう!

    この根本的な理由はいたってシンプルで、大きく分けると外部からの着色と内部の着色の2種類となります。

    外部からの着色

    まずは外部からに着色について見ていきましょう!

    ①色の濃い食品(珈琲屋赤ワインなど)をよく摂っている。

    付着するのは飲食物の色素ですが、一度ついてしまうと簡単にブラッシングで落とすことが難しくなります。
    着色の原因となる代表的な飲食物はコーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、コーラ、ココア、カレー、ケチャップ、合成着色料が使われている食品、タバコ及び葉巻などです。

    ②タバコのヤニ。

    これも歯の表面にヤニが付着することで黄ばみが生じることになります。

    ③歯石。

    歯石があるとはがとても汚く見えるだけでなく口臭や歯周病の原因にもなります。

    ④歯の磨きすぎ。

    誤った歯磨き方法を続けていると黄色く見えるようになります。例えば粗い研磨剤が配合された歯磨き粉を使っていると、徐々にエナメル質が削られてそこから黄色くなってしまうのです。

    ⑤口腔内の乾燥。

    口が乾燥すると、唾液による洗浄効果が弱まり、歯に着色が見られるようになります。口呼吸の改善や歯列矯正及びドライマウスの治療などをする必要があります。

    内部からの着色

    続いては内部からの着色についてです。

    ①加齢が原因の黄ばみ

    年齢を重ねるごとに人間の歯は黄色くなっていくのが現実です。
    象牙質は本来的に黄色いのですが、新陳代謝の繰り返しと歯磨きや歯ぎしりといったことでエナメル質が薄くなることがその原因です。

    ②神経のない歯

    虫歯の治療などで神経を取った歯やいつの間にが神経が死んでしまった歯は、時間が経つとともに徐々に黒ずんできます。
    特に神経が死んでいる歯は、中から黒くなっているのでしっかりとした治療が必要になります。

    ③遺伝に起因する着色

    遺伝的な代謝異常や病気による歯の変色が起きることがあります。
    考えられるケースは底フォスファターゼ血症、先天性ポルフィリン症、過ビリルビン血症、上皮小体機能亢進症、先天性梅毒、母親が先天性タンパク血症、糖尿病の場合などです。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    ここまでオススメのホワイトニング歯磨きやその選び方、効果的な使い方などを紹介してきました。

    ホワイトニング歯磨きは歯を傷つける心配のない専用のものを使うのが良いことがわかったかと思います。もっともおすすめの方法はホワイトニング歯磨きと歯医者さんに背術してもらうことでした。

    どちらも効果を期待するできますが、とても高額で通院の手間のかかる歯科医師さんの施術に足踏みしている場合は、ホワイトニング歯磨きを使われるのが最善の方法でした。

    どのホワイトニング歯磨きを使うか迷っている方は、当サイトおすすめの「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」を使ってみてください。

    最後に公式サイトも貼っておきましたので、健康的で自然な白さの歯になって人生をより充実したものにしていくために、一歩でも早くホワイトニング歯磨きをはじめてみることをおすすめします♪

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    オンナの教科書の最新情報をお届けします

    この記事に付けられたタグ

    アクセスランキング