くるぶし黒ずみの治し方!!何を使うと綺麗に消える?

Pocket

11,610 views

くるぶしの黒ずみは、知らない間に進行してしまっていたりするのでハイヒールを履きたいときに時に目立ってしまい困ってしまいますよね!

そんなくるぶしの黒ずみをどうしたら早く消せるのかということについてまとめました♪

【即効性順】くるぶしの黒ずみの治し方

くるぶしの黒ずみを治すのに大事なことは、これ以上進行させないことです!

  • 床に座る習慣のある人は、座布団を使用する。
  • 靴ずれで黒ずんでしまう人は、ストラップや擦れる箇所にシリコンパッドを利用する

など、少しだけ普段の生活を見直しましょう!

その上で、効果的なくるぶしの黒ずみの治し方を即効性順にご紹介していきます。

くるぶしの黒ずみ皮膚科ではどんな処方?

くるぶしの黒ずみに対する皮膚科での処方は、

  • ハイドロキノン、トレチノイン
  • ヒルドイドクリーム

が処方されます。

それぞれ詳しくみていきましょう!

ハイドロキノン、トレチノイン

ハイドロキノン、トレチノインは、それぞれ違った働きをしますが、併用すると効果が高まることから一緒に処方されることが多いです。

それぞれの働きを見てみましょう!

ハイドロキノン メラニンを合成するチロシナーゼという酵素を阻害し、更にメラニン色素を作る細胞の働きも抑えます。
トレチノイン 肌表面の皮膚再生を活発化させるので、メラニンによる黒ずみの排出を早めることが期待できます。

いい事ずくめに見えるハイドロキノンとトレチノインですが、

  • 刺激が強い、赤みが出ることがある
  • 紫外線に当たると褐変する

などの副作用があるので、使用には注意が必要です!

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドには、ヘパリン類似物質という

  • 細胞間の水分保持
  • 血行促進作用

を保つ成分が含まれます。

この保湿作用によって、角質の水分の蒸発を防ぐことが出来るので、アトピー性皮膚炎の治療にも使用されるクリームです。

また、抗炎症作用もあるので、広く使われている人気のクリームです!

ヒルドイドクリームは、どちらかというと積極的に美白をしようというクリームではなく、保湿や皮膚再生を早めることにより緩やかに黒ずみを回復していこうというクリームです。

おすすめのくるぶし用黒ずみ解消クリームは?

皮膚科に通う時間が無い方のために、薬局や通販で手軽に購入出来るおすすめ黒ずみ解消クリームをまとめました!

市販薬アットノン

アットノンは、小林製薬から発売されている傷跡や火傷跡を目立たなくするお薬ですが、膝の角化症にも使用されるくるぶしの黒ずみにも効果が期待できるお薬です。

アットノンには、皮膚科で処方されるヒルドイドと同じくヘパリン類似物質が入っているので、保湿以外にも皮膚再生の促進が期待できます。

通販の美白クリーム


黒ずみ用の美白クリームは沢山ありますが、使用する部分ごとに適したクリームは違うので選ぶのが難しいですね!

色々な美白クリームを使用してみて、くるぶしの黒ずみに適していると感じた美白クリームはラスターです。
テクスチャーがしっかりしており、露出した肌の美白に適していると感じました。

通販の美白クリームは、保湿や皮膚再生の促進だけでなく積極的にくるぶしの美白をしたい方にオススメです♪

 

人気のワセリンでくるぶしの黒ずみは消える?

ワセリンは、石油を精製して不純物を取り除き純度を高めたものですが、安価で副作用もほとんど無いことからマッサージオイルなどとしても使用されます。

作用としては、肌表面をコーティングして水分の蒸発を防いでくれます。

保湿効果は期待できますが、くるぶしの黒ずみに対しては効果は殆ど無いと言えます。

くるぶしに黒ずみやたこができる2つの原因!病気でくるぶしが黒ずむことも

くるぶしが黒ずむ原因には大きく分けて2つの原因があります。

  1. 摩擦や圧力による黒ずみ
  2. 病気による黒ずみ

それぞれについて少し詳しく見てみましょう!

くるぶしの黒ずみ原因①:摩擦や圧力

くるぶしの黒ずみやたこの大部分の原因が、摩擦や圧力です!

くるぶしは骨が少し出っ張っているので、カーペットやフローリングに直接正座やあぐらをかいて座る習慣のある人は日常的に摩擦や圧力が加わります。

合わない靴やサンダルのストラップとの摩擦もくるぶしの黒ずみの原因になります。

また、くるぶし部分の皮膚の新陳代謝が活発でないこともくるぶしが黒ずんでしまう原因の一つです。

くるぶしの皮膚には皮脂腺が少なく皮膚再生がそれほど活発ではありません。

そのため、黒ずみが一度できてしまうと、なかなか消えない訳ですね。

くるぶしの黒ずみ原因②:糖尿病などの病気

糖尿病の合併症で、くるぶしに黒ずみができてしまうことがあります。

糖尿病は神経障害で足病変があっても痛みを感じにくいというのが特徴です。

糖尿病の方でくるぶしが黒ずんだ場合には、足の壊疽の前触れである可能性があるので、早急に内科を受診する必要があります。

くるぶし黒ずみ治し方まとめ

これまでご紹介してきたくるぶし黒ずみ解消法をまとめると、

  1. ハイドロキノン、トレチノイン
  2. くるぶし用の黒ずみ解消クリーム
  3. ワセリン

③⇒①に向かうにつれてくるぶしの黒ずみの解消の即効性は上がっていきます。

しかし、ハイドロキノンやトレチノインは副作用が強いので、万人向けにおすすめは②のクリームです。

ここまで色々なくるぶしの黒ずみ解消法をご紹介してきましたが、希望する解消速度と自分の肌(肌が強い方か敏感肌か)によって治し方を選択するようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング