【VIOは激痛?】医療脱毛の部位ごとの痛みを徹底解説!

医療脱毛の痛み
Pocket

1,114 views

医療脱毛を受ける際に「痛みの度合いはどれぐらい?痛みが少ない医療脱毛はある?」と気になっている方も多いと思います。

医療脱毛の痛みはエステで行われる光脱毛よりも痛いと言われているので怖くなりますよね。

こちらの記事では医療脱毛の痛みについて気になる点をまとめました。

  • 医療脱毛の痛みはどれぐらいなのか?
  • 痛みを和らげる方法や、痛み止めはある?
  • 部位別の痛みの違いは?

こちらの記事では数々の大手医療脱毛クリニックと皮膚科の医療脱毛を体験して得た知識を元にして、正しい知識をお伝えします。

痛みの程度を知ることで医療脱毛の施術もリラックスして受けれるでしょう。

痛みの少ない医療脱毛クリニックもまとめているので参考にしてみてください。

医療脱毛で部位別の痛みの度合いを解説!VIOは痛いって本当?

部位 痛みの感じ方の目安 痛みレベル
VIO 2倍太い輪ゴムで弾かれたような痛み
ハイジニーナ Iラインは痛みが特に強く部位の中でも1番強いと言われている
一般的に言われる輪ゴムで弾かれたような痛み
鼻下など以外はそこまで痛みを感じない
足、ひざ下 毛の太い部分以外はそこまで痛みを感じない
痛みはさほど感じません

医療脱毛はエステ脱毛(光脱毛)に比べると、効果が高くてその分痛みを伴うと言われています。

「思わず声をあげてしまうほど痛い」という口コミも見かけますので、不安になる方も多いでしょう。

上記の表のように太い毛は痛みを感じやすいです。

それでは細かく部位別の痛みの度合いを見てみましょう。

VIOの医療脱毛痛みは他の部位より2倍痛い?

医療脱毛VIO痛み

脱毛の痛みを表現する際に「パチッと輪ゴムで弾いたような痛み」と表現されることがあります。

これはあくまで、普通の毛質の部位と考えてください。

一般的にVIOは普通の毛質よりも約二倍ほど太い毛なので、輪ゴムも二倍に太くなったものを想像していただけるといいでしょう。

パチっとではなく、バチッという痛みがきます。

中には痛みに耐えられず泣いてしまう方もいるらしいですが、現在のレーザー機械は従来よりも痛みは少なくなっているので、

「想像してたよりも痛くなくえっもう終わり?」と感じる方もいるようです。

あまりに痛い方は医療脱毛の場合、麻酔という手もあるのでご安心ください。

ハイジニーナにする時の医療脱毛痛みは一番痛い?

水着でも安心ハイジニーナ

ハイジニーナとは、VIOの毛の形を整えるのではなくすべての毛を失くすことを指しています。

なので粘膜まで施術していく施術なので形を整えるだけのVIO施術よりも痛みは伴います。

特に痛いのはVラインの中心部分です。

人によって誤差はあるかと思いますが、脱毛する際に一番痛い部分かと思います。

この点はハイジニーナにする必要がない人にとっては関係のない痛みなのでご安心ください。

必要によっては麻酔できるので、痛みに弱い方は麻酔をおすすめします。

脇の医療脱毛痛みは我慢出来るレベル?

医療脱毛脇

レーザー脱毛は黒色に反応し、その毛につながっている、毛が生える元となる毛乳頭や毛を包んでいる毛包幹細胞を破壊していきます。

そのため、脇などの毛が濃い部分はどうしても痛みを伴いがちです。

ですが脇はVIOに比べると痛みは少ないかと思います。

個人差はありますが、「パチッと輪ゴムで弾いたような痛みよりも痛くなかった」という感想もあります。

顔の医療脱毛痛みは鼻下が最も痛い?

医療脱毛顔

顔の毛は産毛なので、弱い出力だと反応しづらいという点があります。

顔の部位によって毛の太さは違いますね。

主に鼻下、顎、頬、おでこ、眉下、などパーツが細かく分かれます。

個人差はありますが、顔の中で濃い毛は鼻下や顎が一般的です。

ヒゲを気にしている女性も多いでしょう。

この鼻下の痛みを例えるならレーザーが当たった部位が「毛抜きで連続で抜かれた感じ」という例えがぴったりです。

足、ひざ下医療脱毛痛みは比較的弱い?

医療脱毛足

足、ひざ下も箇所によって毛の濃さは違います。

一般的に足先に近づくほど濃くなってます。

なので、くるぶしの辺りの施術で痛みを伴う方も多いでしょう。

腕の医療脱毛痛みは感じない人も多い?

医療脱毛腕

腕は比較的痛みをそこまで感じない方も多いです。

指先は感覚が敏感な部分なので、人によっては麻酔なしではつらい部位かもしれません。

ひじなど骨が近い部位は毛が細くてもピリッという感じで痛いです。

ですがそれ以外は、そこまでの痛みはありません。

特に二の腕は毛が細いので、痛みを感じにくい分、効果もゆっくり感じます。

どうしても痛みに耐えれない部位は医師が常駐するクリニックの医療脱毛では医療機関なので麻酔が使えます。

それでは次の章では麻酔について詳しく解説していきます。

医療脱毛では痛み軽減のための麻酔が使用可能です!痛み止めは必要?

医療脱毛で痛み止めは可能?

毛が太くて濃いVIOの脱毛は他の部位よりも痛みが増すので麻酔を使用する方も多いです。

市販のロキソニンなどの痛み止めを気休めに飲む方もいますが、皮膚への痛み軽減への効果はあまり期待できないので痛みに弱い方はクリニックの麻酔を使用することをおすすめします。

医療脱毛の痛みを軽減するために使われる主な麻酔としては、笑気麻酔(しょうきますい)、麻酔クリーム、麻酔テープの3つがあり、

痛みが強いといわれる男性のヒゲ脱毛では、静脈麻酔も選べる場合があります。

ですがこちらは男性の医療脱毛クリニックでないと取り扱いがない場合もあるので、麻酔の種類も無料カウンセリングで確認したほうがいいでしょう。

女性の医療脱毛で提供される麻酔は、表面を麻痺させるものが多く強い作用の麻酔はありません。

痛みを完全に取除くことはできませんが、気持ちをリラックスさせて施術を受けられます。

医療脱毛とエステ脱毛の痛みを徹底比較!効果も圧倒的に違います!

エステ脱毛 医療脱毛
レーザー温度 80度前後 200度前後
毛根への効果 減毛 破壊
必要な回数 約18回 約5回
施術者 エステティシャン 資格を持った看護婦

医療脱毛は医療機関で行われます。

なので、医療の現場で使用できるように高性能の機械で効果の高い施術を行えるのです。

それに伴い、施術の際の光線が強力であればあるほど、効果の高い脱毛できる反面強い痛みも出てきます。

なのでエステ脱毛が痛くないと言われているのは、威力が弱いということでもあります。

それでは医療脱毛とエステ脱毛の痛みの度合いを細かく見てみましょう。

エステ脱毛の痛みは全くない?

医療脱毛とエステ脱毛どっちが効果ある?

エステ脱毛の痛みは輪ゴムで弾かれたような痛みと例えられます。

腕や足などは痛みを全く感じない部位もあるでしょう。

VIOなどの毛の濃い部分はチクチクする痛みを伴います。

医療脱毛の痛みは個人差がある?

医療脱毛-女の教科書-クリニック選びのポイント

医療脱毛の痛みは部位によっては毛抜きで一気に抜かれるような痛みを伴う場合もあります。

ですがこちらも個人差があり、毛の質や回数によっても変わってきます。

このように圧倒的に効果が高い分、医療脱毛は痛みも伴います。

次の章では回数によってどのくらい痛みは変わるのか見ていきましょう。

医療脱毛で回数別の痛みを徹底解説!

回数 痛みの感じ方 痛みレベル
1回目 緊張もするので1回目が一番痛みを感じやすいでしょう。
2回目 1回目よりも毛の量も最初よりも少なくなっているので確実に痛みは少なくはなります。
3回目 大分痛みも軽減されてきているでしょう。
4回目 毛の濃い部分にピリリとした痛みを感じるぐらいかと思います。
5回目 5回で濃い毛の毛根はほとんど破壊出来ていると思います。産毛に対する痛みはほぼ感じません。

回数を重ねていくことで痛みは軽減していきます。

それは慣れるという点もありますが、毛が薄くなり、毛根を破壊していくので、痛みを感じる毛がなくなっていくということでもありますね。

それでは回数別に痛みを見ていきましょう。

1回目の医療脱毛の痛みは感じやすい?

1回目が一番痛みを感じやすいでしょう。

それは緊張からもきますし、初めてのことを体験するときの感覚の影響は大きいです。

ですが、これらを和らげるように、ほとんどのクリニックでは看護師さんが声をかけながら施術してくれます。

どうしても痛みが強い場合は相談してみてください。

そして意外と痛みが少なかった!との声も実は多いです。

「想像していたよりも全然痛くなくて余裕でした」という口コミもよく見かけます。

2回目の医療脱毛の痛みは少なくなってくる?

2回目の医療脱毛はある程度耐性もできているのと毛の量も最初よりも少なくなっているので確実に少なくはなります。

ですが1回目で痛みを感じた方は2回目も不安を抱えているでしょう。

麻酔を検討する方もいるかもしれません。

3回目の医療脱毛の痛みは軽減されてきます!

3回目の医療脱毛は毛が半分ほどなくなることが期待できます。

大分痛みも軽減されてきているでしょう。

ですが、VIOなどの毛が濃い部分はまだ痛みを感じます。

4回目の医療脱毛の痛みは毛の濃い部分に感じるぐらい?

脱毛完了までもう少しです。

痛みも少なくなり、毛の濃い部分にピリリとした痛みを感じるぐらいかと思います。

5回目の医療脱毛の痛みはほぼ感じない?

5回で濃い毛の毛根は破壊出来ていると思います。

あとは産毛が若干残ってる方もいるでしょう。

産毛に対する痛みはほぼ感じません。

次の章ではこれらの痛みに関わってくるレーザーの機械別に痛みの度合いを見ていきましょう。

医療脱毛レーザー機器の種類別の特徴を解説!痛みも変わります!

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー
脱毛方法 ショット式 ショット式&蓄熱式
肌の冷却方法 冷却風で瞬時に肌を鎮静 施術時にジェルを塗って保護、施術ヘッドを直接肌につけて冷却しながら照射
必要な回数 約5回~8回 約5回~8回
レーザーの波長の種類 固体 半導体
レーザーの波長の長さ 755nm 800nm

代表的な種類のアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーで比較しました。

主にショット式は毛根のメラニン色素にダイレクトに反応して破壊するので痛みも伴います。

蓄熱式は毛母細胞などの毛を生み出す工場となる箇所にジワジワとダメージを与えるので痛みは少ないです。

これらのレーザー機器は種類の違いによって痛みの度合いも変わってきます。

それでは細かく見ていきましょう。

アレキサンドライトレーザーの痛みは瞬発的!最新機種は痛みも少ないです!

アレキサンドライトレーザー

代表的な機種が、ジェントルレーズという機種で最新のものですとジェントルレーズプロです。

最新の機種はパルス幅を細かく調整できて痛みも少ないです。

ショット式なので若干痛みは増しますが、確実に毛根を破壊できるメリットがあります。

ダイオードレーザーの痛みは少ないです!

ダイオードレーザーの痛みとは?

代表的な機種が、ライトシェアデュエットという機種で照射ヘッドに冷却装置がついていて、直接肌につけて冷却しながら照射します。

ショット式のダイオードレーザーで、痛みを感じにくい機種です。
 
照射口が四角形で照射漏れしにくいというメリットもあります。

痛みが最も少ないと言われている蓄熱式で有名なのはソプラノやメディオスターNEXTなどの機器です。

まとめ

医療脱毛も最新の機器ですと痛みが軽減されてきています。

痛みが心配な方は麻酔の使用も検討しましょう。

これから脱毛をする方には効果も高く、少ない回数で脱毛完了できる医療脱毛をおすすめします。

下記記事では最新機器を使用した痛みの少ないクリニックを厳選して紹介していますので是非ご覧ください。

安い&効果で全身脱毛を比較!医療脱毛おすすめランキングTOP5!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング