どのくらいの日焼けならOK?色黒でも医療脱毛できるクリニック5選!

医療脱毛-日焼け
Pocket

92 views

医療脱毛に通っているのに「日焼けしてしまった!」「脱毛後に海に行く予定があるんだけど…」と悩んでいる方も多いと思います。

こちらの記事では医療脱毛と日焼けについての下記疑問点をまとめました。

  • 医療脱毛前に日焼けはどのくらいの程度ならOK?
  • 医療脱毛後に日焼けしてしまった場合の対処方法は?
  • 色黒でも医療脱毛できるクリニックは?

などの疑問を徹底解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

どのくらいの日焼け・色黒なら医療脱毛を受けてもOK or NG?

医療脱毛であっても、エステ脱毛であっても、脱毛前の日焼けは基本的にNGです。

医療脱毛前の日焼けがNGの理由
  • 火傷のリスクが高まります
  • レーザー脱毛機の出力を上げることが出来ないので効果が出ない可能性もあります
  • レーザー照射時の痛みが増します

ですが、「日焼け肌・色黒肌」でも脱毛できる可能性もあります。

次の項目でNGの場合とOKの場合をチェックしてみてください。

【NGな場合】肌の色味が変化していればNG!

医療脱毛-日焼け

肌の色が黒くなってる、赤くなっている場合は照射を断られる可能性が高いです。

一般的な脱毛に使われるレーザー機器は毛根のメラニン色素に反応して、毛根の働きを破壊します。

もし日焼けして肌にダメージを負っていると、通常の肌であれば反応しないレーザーも肌自体を傷つけて火傷(やけど)を負ってしまう可能性があります。

また、火傷だけでなく毛嚢炎ができやすくなるなどの肌トラブルのリスクが高まるので注意が必要です。

医療脱毛と火傷については下記記事で詳しくまとめています。

医療脱毛で火傷(やけど)が起きる可能性は?跡にならない対処方法!

【OKな場合】肌の状態によっては照射できる場合もあります。

医療脱毛-1

しっかり保湿できていて見た目は日焼けしていない場合は、クリニックの判断で照射できる場合もあります。

ですが日焼け肌で脱毛できた場合でも、照射する際のレベルを落として脱毛することになるので脱毛効果は低くなります。

「少しの日焼けなら大丈夫」と自己判断するのは危険です。

もし少しでも日焼けをしてしまった際は、肌の状態を伝えてクリニックに確認をしましょう。

またレーザー機器によっては日焼けした肌、色黒の肌に使用できるものもあるので次の項目でご紹介します。

【日焼け肌・色黒肌向け】医療脱毛クリニックの選び方!無料カウンセリングも活用しましょう!

それでは日焼け肌、色黒肌で医療脱毛クリニックを選ぶ際に注目したい2つのポイントがあるので紹介していきます。

日焼け肌、色黒肌向けの医療脱毛クリニック選びの2つのポイント!
  1. 敏感肌にも使用できるダイオードレーザーやヤグレーザーを使用していること
  2. 契約有効期限が3年〜5年と長いこと

色黒の日焼け肌でも医療脱毛を受けることができるクリニックはあります。

細かく見てみましょう。

敏感肌にも使用できるダイオードレーザーやヤグレーザーを使用していること

医療脱毛_レーザー機器種類_女の教科書

まず重要視したいのは、レーザー機器を数種類搭載している医療脱毛クリニックです。

ヤグレーザーは、表皮のメラニンに左右されにくいので地黒肌や日焼けした肌にも使用できます。

広範囲な部位はダイオードレーザーで照射し、肌と毛の状態でヤグレーザーを使用する判断をする場合が多いです。

医療脱毛で有名なリゼクリニックやアリシアクリニックは日焼け肌に対応出来る可能性のあるレーザー機器を搭載し、契約期間も長いのが特徴です。

契約有効期限が3年〜5年と長いこと

医療脱毛-看護師

契約期間が長いことで、日焼けしている期間は安心してお休みをすることができます。

また医療脱毛クリニックは無料カウンセリングを受けれるクリニックがほとんどなので、まずは無料カウンセリングで肌状況を見てもらうことをおすすめします。

次の項目では日焼け肌、色黒肌でも脱毛できる可能性のある医療脱毛クリニックをランキング形式でお伝えしていきます!

ぜひ参考にしてみてください。

日焼け肌・色黒肌におすすめの医療脱毛クリニックランキングTOP5!

【ランキングの基準】
日焼け肌、色黒肌向けの医療脱毛クリニック選びの2つのポイントでお伝えした「レーザー機器」「契約有効期限」に着目して比較し、ランキングを決めています。

リゼクリニック

医療脱毛-リゼクリニック

ライトシェアデュエットとヤグレーザーを搭載!有効期限も長いリゼクリニック

リゼクリニックはアリシアクリニックと同様にダイオードレーザーのライトシェアデュエットがメイン機器ですが、ヤグレーザーも導入しています。ライトシェアデュエットと併用して行えばどんな毛質、肌質にも対応できる可能性が高いです。またリゼクリニックは有効期限も最初から5年と長いので安心して通うことができます。追加料金もないのでお薬代などの心配もありません。

価格 【全身5回】¥299,000
総合評価
メインのレーザー機器 ダイオードのライトシュアデュエット
ヤグレーザー
【編集部のコメント】
リゼクリニックは痛みも少なく、しっかりと効果を実感して脱毛を完了できます。追加料金がなく低価格なのも嬉しいポイントです。無料カウンセリング時も強引な勧誘などは一切ないので気軽に行けます。細かい部位別の脱毛でも可能です。有効期限も長く硬毛化の保証や照射漏れの保証も付いているので安心ですね。

アリシアクリニック

医療脱毛-アリシアクリニック

ライトシェアデュエットとヤグレーザーを搭載!痛みの少ないアリシアクリニック

痛みも少なく様々な毛質や肌質に対応できるので、医療脱毛が初めてという方でも安心のアリシアクリニック。早い段階で効果が出たという口コミも多いです。有効期限はコースごとに異なりますが、3年と長く、必要に応じて更新することが可能です。無料カウンセリングでも強引な勧誘などないので気軽に行くことができます。

価格 【全身脱毛5回】¥288,750
(顔・VIO除く)
総合評価
メインのレーザー機器 ダイオードのライトシュアデュエット・ヤグレーザー
医療脱毛-アリシアクリニック 医療脱毛-アリシアクリニック室内 医療脱毛-アリシアクリニック-パウダールームの充実
【編集部のコメント】
アリシアクリニックは医療脱毛専門のクリニックです。効果もしっかり実感できて低価格なのも嬉しいポイントです。細かい部位別の脱毛も安いです。「眉毛の産毛だけ」などでも快く対応してくれます。無料カウンセリングでも強引な勧誘などありませんでした!

フェミークリニック

医療脱毛-フェミークリニック

多数のレーザー機器を搭載しているクリニックです!

フェミークリニックはタイプの違うレーザー機器を複数完備しているので、幅広い毛質、肌質に対応することが期待できます。アレキサンドライトレーザー以外にも痛みが少なくて色黒肌にも使える可能性のあるダイオードレーザーやヤグレーザーを選択することも可能です。

価格 【全身脱毛5回】¥378,000
(顔・VIO除く)
総合評価
メインのレーザー機器 アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・ヤグレーザー
【編集部のコメント】
フェミークリニックは毛質や肌質に合わせてレーザー機器を選択します。アレキサンドライトレーザーは色黒肌に適していませんが、ダイオードレーザー、ヤグレーザーと搭載しているので敏感肌の方や肌悩みのある方も安心して受けることができます。

表参道クリニック

医療脱毛-表参道スキンクリニック

表参道クリニックはVIO込みの全身脱毛!

表参道スキンクリニックは、レーザー機器でGentleMAXやMGLなどヤグレーザーを搭載した機器も用意しているので、幅広い毛質、肌質に対応できる可能性のあるクリニックです。

価格 【全身脱毛5回】¥215,000
(VIO込)
総合評価
メインのレーザー機器 ジェントルレーズプロ、GentleMAX、MGL
【編集部のコメント】
表参道スキンクリニックは、複数のレーザー機器を搭載していて幅広い毛質、肌質に対応できます。比較的値段も安いので通いやすいでしょう。まずは無料カウンセリングを受けてみるのをおすすめします。

KMクリニック

医療脱毛-女の教科書-KMクリニック

高級感あふれるクリニック!ハヤブサで痛みの少ない脱毛が可能です。

KMクリニックは痛みが少なく、産毛にも効果が出ると言われている蓄熱式の機器を使用しています。蓄熱式のレーザーは毛根へダイレクトに働きかけないので、色黒肌でも使用できる可能性があります。KMクリニックは全身脱毛の料金や部位別の料金も安いですね。初診料¥2,000、再診料¥1,000、と料金がかかるのを頭に入れておいてください。

価格 【全身脱毛5回】¥298,000
(顔・VIO除く)
総合評価
メインのレーザー機器 ハヤブサ(メディオスターNext)
KMクリニック-受付新宿 KMクリニック-パウダールーム KMクリニック-カウンセリング室内下から
【編集部のコメント】
KMクリニックは痛みが最も少ないと言われるレーザー機器の蓄熱式のメディオスターNext使用しています。蓄熱式なので、回数を重ねるごとに効果を実感できます。まずは無料カウンセリングで気軽に相談してみることをおすすめします。

次の項目では医療脱毛後に日焼けをしてしまった場合の正しい対処方法について解説します。

医療脱毛後に日焼けしてしまった場合の正しい対処方法!

医療脱毛後の肌は軽い日焼けをした後のようなデリケートな状態です。

この状態の時に日焼けをしてしまうと、シミなどの肌トラブルの原因となる可能性があります。

万が一医療脱毛後に日焼けしてしまった場合の対処方法をまとめました。

医療脱毛後に日焼けしてしまった場合の正しい対処方法
  • 入浴は避けてシャワーで済ませる
  • しっかりと保湿をする
  • 炎症が出た部位にはクリニックからもらったお薬を塗る

それでは細かく見てみましょう。

医療脱毛後の日焼け対処方法①入浴は避けてシャワーで済ませましょう!

医療脱毛-シャワー

日焼けした後に運動して発汗したり、入浴をして発汗するのは厳禁です。

内側からも肌を温めて刺激してしまうと炎症が長引いてしまう可能性が高いです。

入浴や運動は避けてシャワーのみで体を温めないようにしましょう。

火照った状態が続く場合は、冷水や冷えたタオルを日焼け部分に当てるなどして鎮静するのをおすすめします。

医療脱毛後の日焼け対処方法②しっかりと保湿をしましょう!

保湿ケア

鎮静した後はしっかり保湿をしましょう。

日焼けでダメージを受けている肌は乾燥しやすくなっています。

化粧水やクリームをたっぷりと使いましょう。

十分に保湿された肌はダメージの修復も早いだけでなく、ダメージも受けにくくなります。

保湿された肌はレーザーをしっかり照射することができるのでその後の脱毛の効果を高めることも可能です。

医療脱毛後の日焼け対処方法③クリニックからもらったお薬を塗りましょう!

トイトイトイクリニック-お薬

クリニックによっては医療脱毛後に万が一炎症が起きた際に塗るための軟膏のお薬をくれることがあります。

医療脱毛後に万が一日焼けして赤くなったりするなど炎症を起こしている部分があれば塗ることで治る可能性もあります。

強い赤みや痒みなどが出ている場合にはまずはクリニックに連絡し、指示をもらいましょう。

医療脱毛後はわずかな紫外線でも気にかけて、日焼け止めを使用することを推奨します。

次の項目では色黒日焼け肌でも安心して通えるクリニックの選び方をご紹介します。

まとめ

日焼けしてしまうとやけどのリスクが上がりますので、基本的には医療脱毛に通っている期間中の日焼けはNGです。

日焼け止めをこまめに塗るなどして、日焼けを予防しましょう。

また、肌が乾燥している場合も肌トラブルや日焼けが起きやすいので注意が必要です。

医療脱毛を受ける前に自宅でボディークリームなどで保湿ケアをすることをおすすめします。

医療脱毛は施術前の無料カウンセリングの際に肌質を確認します。

「日焼けしているけど医療脱毛受けれる?」と気になっている方は、まずは無料カウンセリングで相談してみることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング