【妊婦さん必見!】妊娠中にできる首イボの原因と治し方まとめ

Pocket

4,096 views

首イボができやすいタイミングとしてよく言われるのが、妊娠中です。

首イボだけでなくお腹周りにもイボができたりという声は結構多く、ただでさえデリケートな時期にストレスの要因になったりするので厄介ですよね…。

そんな妊娠中にできやすい首イボ、

  • どうして妊娠中に首イボができやすいの?
  • 妊娠中に首イボを治す方法はあるの?

などなど気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は妊娠中に首イボができやすいと言われる原因や、妊娠中でも首イボは治せるのか?その方法は?といったお話をしていきますね。

妊娠中に首イボができやすくなってしまう2つの原因

まずは一般的に首イボができる原因として、加齢・摩擦による刺激・紫外線・ホルモンバランスの乱れ・免疫力の低下が挙げられます。

こうしてできる首イボ自体はほとんどの場合「老人性イボ」と呼ばれる老化や外部からの刺激によってできる良性のイボだと言われており、見た目が悪くなる以外では健康上の悪影響はないとされています。

特に歳を重ねるごとに首イボができやすくなるのはある程度仕方ないところもあるのですが、妊娠中の場合はさらに首イボができやすくなると言われています。

妊娠中に首イボができやすくなる原因

主にこの2つが原因になると言われており、以下でそれぞれ見ていきますね。

【原因1】妊娠中はホルモンバランスが変化して肌が敏感になる

女性の身体はエストロゲン(卵胞ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが分泌されています。

これらは生理周期によって増えたり減ったりしてバランスを取ることでホルモンバランスを安定させる重要なホルモンです。

しかし妊娠するとプロゲステロンが大量に分泌されるようになります。

プロゲステロンには子宮の環境をよくする・胎盤が収縮するのを抑えて流産を防ぐ・受精卵の着床を助ける・乳腺の発達を促進するといった赤ちゃんにとって重要な作用があり、出産に向けて欠かせないホルモンとなっています。

一方で通常時と比べてホルモンバランスは大きく変わってしまうため、肌は刺激を受けやすい敏感な状態になってしまいます。

このホルモンバランスが変化した状態が首イボをできやすくしてしまう原因と考えられます。

【原因2】妊娠中は免疫力が大きく低下しがち

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を送ったり、出産の準備をするためにお母さんの身体は赤ちゃんのためにエネルギーを使っています。

この赤ちゃんのためにエネルギーを取られる分、お母さんの身体は大きな負担が掛かり、免疫力がおろそかになってしまう状態が出産後まで続いていきます。

この免疫力が落ちた状態では肌の代謝も悪くなり、ターンオーバーが鈍るので肌に老廃物が蓄積しやすい状態に…。

この老廃物の蓄積しやすい状態が首イボができやすい状態につながってしまうと言われます。

やっちゃダメ!?妊娠中には避けたい首イボの3つの治療法とその理由

首イボって見た目も悪いですし、できることなら早く治したいですよね。

そこで治し方をご紹介したいのですが…妊娠していない時と違い、妊娠中はどちらかというと首イボの治療はしないほうが安全です。

妊娠中は刺激に敏感になっていて赤ちゃんにも影響してしまう可能性があるため、病院でも出産後に治療することを推奨されることがほとんどです。

以下に妊娠中に首イボを治そうとするのがオススメでない理由を3つの治し方別に解説しています。

【治療法①】病院で首イボを除去する…妊娠中の施術はシミや肌トラブルが起きやすい

上の方でも書きましたが、妊娠中に病院を受診しても治療は出産後をオススメされることがほとんどです。

妊娠中はホルモンバランスの変化や免疫力の低下が影響してか、シミなど肌トラブルが起きやすくなっているためで、そんなタイミングで治療しても後悔することのほうが多いでしょう。

また刺激に敏感になっている妊娠中は治療するときに大きなストレスが掛かることもあり、赤ちゃんへの悪影響も心配されます。

首イボは見た目が悪くなる以外は身体への悪影響がないものがほとんどなので、治療するのは素直に出産後にするといいと思います。

【治療法②】イボコロリを使って除去する…赤ちゃんに悪影響の恐れも

イボコロリを使った首イボの除去もやめたほうがいいでしょう。そもそもイボコロリは顔や首周りのような皮膚の薄い場所、妊娠中には使わないよう箱にも記載されています。

その理由は「サリチル酸」という皮膚を柔らかくする強い酸が入っているためで、本来は足の裏のように皮膚が分厚い場所にできたイボを取るための商品です。

皮膚の薄い首周りに使ってしまうと傷を作ってしまったりかぶれたりという可能性があり、刺激に敏感な妊娠中ならさらに肌が傷つくリスクがあります。

また少なからず出産に悪影響を及ぼす可能性も心配されています。あくまでも多量に使用した場合ですが、

母体への悪影響 ・分娩が遅れる
・黄疸ができてしまう
・動脈管の閉鎖
赤ちゃんへの悪影響 ・羊水量が減る
・脳の損傷
・奇形になる危険性

といったような可能性があるので、お母さん・赤ちゃん両方のために妊娠中は使うべきではありません。

【治療法③】ヨクイニンの入った内服薬を飲む…可能性は低いが赤ちゃんに悪影響の可能性

ハトムギから抽出される「ヨクイニン」という成分は古くからイボに効くと言われている成分です。

天然由来の成分であり危険性は少ないと思われますが、ヨクイニン配合の内服薬などは妊娠中には極力飲まない、もしくは医師に相談するように注意書きがされていることがほとんど。

可能性は極めて低いですが子宮を収縮させて最悪流産などの悪影響が絶対にないとは言い切れないので、妊娠中は控えたほうがいいでしょう。

オススメ度順!妊娠中でもできる首イボの治し方3選

効果期待度 手軽さ 評判 コスト
①首イボ除去クリーム 月3000円~
②ハトムギ化粧水 月4000円~
③ハトムギ茶 月1000円~

さて妊娠中は首イボを治すのは避けたほうがいい、というお話をしました。

しかしどうしても妊娠中でも首イボケアをしたい場合は、赤ちゃん・お母さんの両方に悪影響の可能性が低い治し方を選ぶ必要があります。

ここからは妊娠中でもできる首イボの治し方をオススメ度順にご紹介していきますね。

【治し方①】首イボ除去クリーム…内服薬ではなく悪影響の可能性が低い


首イボ除去クリームはイボに効くと言われる有効成分を豊富に配合したものです。

その他にも保湿成分や美肌成分などのスキンケアに有効な成分も入っており、これ1つで首イボのケア・スキンケアが同時にできるお手軽さも人気の理由。

一方でヨクイニンエキスなどは入っていますが口の中に入れるわけではなく首イボに直接塗り込んで使うので、お母さん・赤ちゃんともに悪影響が出る心配は少ないでしょう。

※当サイトでは人気の首イボ除去クリームを実際に購入し、レビューをした上でランキングを作成しています。よろしければそちらもごらんください。

【治し方②】ヨクイニン化粧水…首イボ除去クリームと同じく比較的安全だがやや高価


ヨクイニンの入った化粧水を塗る方法。雪肌精などが有名ですね。

こちらも首イボ除去クリームと同じく首イボに直接塗り込む形なので、赤ちゃんへの悪影響はあまり心配しなくていいでしょう。

商品によってはお値段がやや高めなので、コスパという点では首イボ除去クリームと比べると見劣りする部分もあるかも?

【治し方③】ハトムギ茶…濃度が薄く安全だがヨクイニンの成分が薄い

お茶を飲むという形でヨクイニンを摂る方法。

入手自体も簡単で、ヨクイニン配合の内服薬とくらべても濃度自体は薄いので赤ちゃんへの悪影響の心配も小さいでしょう。

ただ濃度が薄いということは逆に言えば効果も小さめということにもなるので、あくまでも健康目的で飲む意味合いが強いですね。

口に含むという点でも首イボ除去クリーム・ヨクイニン化粧水と比べても妊娠中はやや抵抗感があるかもしれません。

今以上に増やさない!妊娠中に首イボができるのを予防する3つの方法

妊娠中に首イボができやすくなってしまうのは、身体が出産の準備をする上である程度は仕方のない部分です。

しかしそれでも首イボができないように、今以上に増えないように予防ができるならしたいですよね。

ここでは妊娠中に首イボができるのを防ぐためにできる3つの方法をご紹介しておきますね。

【予防法①】睡眠を長めにしっかり取る

首イボ予防のためにも、赤ちゃん・お母さんの健康のためにも睡眠をなるべく長めに取るようにしましょう

夜更かしはただでさえ首イボができやすい妊娠中に、さらにホルモンバランスを見出してしまう原因になるので、しっかり睡眠を取ることは妊娠中でないとき以上に重要になってきます。

妊娠中は寝付きが悪くなったり寝る時間が短くなったりと何かとストレスになりますが、少しでも長く寝られるようにリラックスできるようにしましょう。

【予防法②】入浴して新陳代謝を高める

妊娠中はホルモンバランスの乱れから肌のターンオーバーが鈍くなりがちになります。

このターンオーバーの鈍りが首イボができやすい状態を作り出してしまうので、しっかり入浴をして身体を温めて肌のターンオーバーを活性化させることで首イボができるのを少しでも予防しましょう。

また入浴はストレスを解消する上でも有効になってきます。

【予防法③】偏食せず栄養バランスのよい食事を心がける

妊娠中の偏食は赤ちゃん・お母さんの身体に悪影響なだけでなく、ホルモンバランスを見出して首イボができやすい状態を作り出してしまう原因の1つ。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、首イボができてストレスを溜めないためにも栄養バランスを考えた食事を心がけるようにしましょう。

油っぽいものばかり食べる・暴飲暴食は厳禁です。

まとめ

今回は妊娠中に首イボができやすい原因や妊娠中でもできる治し方などご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

妊娠中は自分の身体だけではなくお腹の中の赤ちゃんにも気を配る必要があるため、より慎重に治し方を選ばなければなりません。

首イボはすぐに治療しなければならないという深刻度は低いことがほとんどなので、自分の身体と赤ちゃん両方の健康を最優先に考えたいものです。

しかし妊娠中にどうしても首イボが気になる、ストレスになるといった場合は赤ちゃんに悪影響のない範囲でケアしていくのもいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング