30代の肌悩みを満足させた!美容クリームおすすめ人気ランキング10選

Pocket

114 views
  • 30代になってシミやシワが気になってきた!
  • そろそろエイジングケア始めたいけど、どの美容クリームがいいの?
  • 話題の美容クリームのコスパや他社との効果の違いがわからない!
  • 30代だけど美容クリームはプチプラでも大丈夫かな?

エイジングケアをこれから始めたい方も、今の美容クリームでは満足できない方も、どの美容クリーム(フェイスクリーム)を選んだらよいかいろいろ悩んでしまいますよね。

そして、誰でも効果が期待できて、なるべく安くて、肌に優しい商品が好きですよね。

そこで今回、編集部では30代の肌悩みを満足させたおすすめの美容クリームを徹底比較して厳選しました!

さらに、美容クリームの選び方のポイントもご紹介します。

もし美容クリーム選びで迷っていたらぜひ参考にしてくださいね。

アットコスメの口コミ評価でも人気の高い30代におすすめの美容クリーム比較一覧

今回、お肌のエイジングケアとして30代に人気の高い美容クリームを比較してみました。

それも、@コスメで口コミ評価が4.5以上の高い評価を受けている話題の美容クリームを厳選しています。

ただ、値段が高い美容クリームもあれば、値段の安い美容クリームもあります。

そこで、「価格(容量)」「配合美容成分」「期待される効果」「肌への優しさ」という視点に絞って総合的に判断してみました!

誰でも効果が期待できて、なるべく安くて、肌に優しい商品が好きですよね。

それでは、エイジングケアとして30代に人気の高い美容クリームで話題の商品を見ていきましょう。

<30代肌に人気の美容クリームの比較ポイント>
  • 価格(容量)
  • 配合美容成分
  • 期待される効果
  • 肌への優しさ
デファンドル・ドネ シルクスキンクリーム 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
デファンドル・ドネ シルクスキンクリーム
7,500円(税抜)
30g(約1か月分)
【保湿成分】海洋深層水他【美容成分】EGF(上皮細胞成長因子)他【美白成分】シルクフィブロイン【抗炎症成分】グリチルリチン酸2K他【エモリエント成分】スクワラン他 保湿、潤い、ハリ、弾力、毛穴、乾燥小じわ、シミ、キメ、美白、くすみ、年齢サイン、肌荒れ防止 有用成分100%。石油系界面活性剤、香料、着色料、保存料、アルコール、防腐剤などの人工添加物は一切不使用。
デファンドルドネシルクスキンクリームの特長は、気になる年齢サインを元気に修復・回復してくれるところです。また、人工添加物は一切不使用で有用成分100%なのもポイント。価格はそこそこしますが、期待される効果が多く30代が抱える年齢サインにも効果を発揮してくれます。肌トラブルを起こしやすい敏感肌の人にも、美容クリームを使い始めたい30代にもおすすめの美容クリームです。
花王キュレル潤浸保湿フェイスクリーム 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
花王キュレル潤浸保湿フェイスクリーム
2,300円(税抜)
(40g/1か月)
【消炎成分】アラントイン【潤い成分】ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド他 保湿、潤い、ハリ、シワ、肌荒れ防止、 無着色、無香料、アルコールフリー、アレルギーテスト済、敏感肌の人の刺激性パッチテスト済
花王キュレル潤浸保湿フェイスクリームは、乾燥性敏感肌の方にも使える医薬部外品の美容クリームです。合成セラミド(疑似セラミド)配合による高い保湿、消炎効果のあるアラントインがニキビの赤みなどを抑え肌荒れを防いでくれます。値段は2000円台なので30代女性にも嬉しい価格。保湿や肌荒れ予防が目的に方にはおすすめの美容クリームです。
エトヴォスモイスチャライジングクリーム 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
エトヴォスモイスチャライジングクリーム
3,800円(税抜)
(30g/1か月)
【保湿成分】ヒト型セラミド(1,2,3,5,6Ⅱ)他【肌整成分】テトラヘキシルデカン酸アスコルビル他【油脂成分】メドフォーム油他【抗炎症成分】アラントイン(有効成分)他【抗シワ成分・高老化成分】パルミチン酸レチノール他 保湿、潤い、ハリ、弾力、つや、シミ、肌を柔らかくする パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料は一切不使用。アレルギーテスト済み、パッチテスト済み。
エトヴォスモイスチャライジングクリームは、なんと言っても5種類ものヒト型セラミド(1,2,3,5,6Ⅱ)、ヒアルロン酸、天然保湿因子(NMF)、フィトスフィンゴシンという、保湿力の高い保湿成分が勢ぞろいで手ごろな価格帯なところ。またエイジングケア成分がバランスよく配合されているので期待される効果が幅広いのもポイント。パラベンなど肌の負担となる添加物は不使用で値段も3000円台でお手軽なのは嬉しいですよね。30代のお肌でいろいろな年齢サインが気になる方にはおすすめの美容クリームです。
コヨリ濃密美容クリーム 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
コヨリ濃密美容クリーム
5,904円(税抜)
(30g/2か月)
【ハリ成分】モモ果実エキス【セラミドサポート成分】エゴマ油【油脂成分】コメヌカ油他【抗シワ成分】ハイブリッドローズ花エキス他 保湿、潤い、ハリ、弾力、乾燥小じわ、たるみ 【11個のフリー処方】パラベン、石油系鉱物油、石油系界面活性剤、シリコン、合成香料、タール系色素、紫外線吸収剤、殺菌剤、合成酸化防止剤、旧表示指定成分、動物由来原料
コヨリ濃密美容クリームの特長は、なんと言っても自然由来成分が97%でできた肌に優しい美容クリーム。また、肌の負担となる11個のフリー処方だから敏感肌にはとにかく嬉しいところ。お値段もそこそこで、特に乾燥による小じわやたるみが気になっている30代女性にはおすすめのクリームです。
アスタリフト ALホワイトクリームC 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
アスタリフトALホワイトクリームC
5,000円(税抜)
(30g/1.5か月分)
【美白成分】アルブチン(有効成分)他【抗炎症有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム【保湿成分】3種コラーゲン【潤い成分】ナノAMA+他 美白、保湿、潤い、ハリ、シミ、くすみ、肌荒れ防止 必要最低限の量の防腐剤、香料など配合。敏感肌の方は事前にパッチテストをおすすめ。

アスタリフトALホワイトクリームCは、美白有効成分のアルブチンに加えて、肌への浸透と美白効果の高い美白有用成分AMAが配合された医薬部外品の美白美容クリームです。肌荒れ、ニキビなどの炎症に効果のある成分も配合されているので嬉しいですよね。30代の女性でとにかく美白、シミ、くすみを優先してケアしたい方にはおすすめの美容クリームです。
ディセンシア アヤナスクリームコンセントレート 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
ディセンシア アヤナスクリームコンセントレート
5,500円(税抜)
(30g/1.5か月分)
【保湿・敏感肌ケア成分】ヴァイタサイクルヴェール®(セラミドナノスフィア)【抗炎症成分】コウキエキス【美容成分】CVアルギネート他【ストレスケア成分】パルマリン他 保湿、ハリ、つや、シワ、シミ、たるみ、肌荒れ防止 無着色、合成香料不使用、アレルギーテスト済み、敏感肌用クリーム
ディセンシアアヤナスクリームコンセントレートは、2016年にベストコスメ大賞で敏感肌スキンケア賞、スキンケア部門抗炎症3位、スキンケア部門クリーム1位を受賞するほど実績のある美容クリームなんです。特に独自技術で複合配合された美容成分による美肌効果に期待がもてるクリームとして注目したいのもポイント。値段はそこそこしますが、30代でしっかりエイジングケアとストレスケアをしたい方にはおすすめの美容クリームです。

エリクシールホワイトエンリッチドクリアクリームTB 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
エリクシールホワイトエンリッチドクリアクリームTB
8,500円(税抜)
(45g/4か月分)
【美白有効成分】4MSK(2 4-メトキシサリチル酸カリウム塩)【角層透明度成分】角層透明度成分 V【保湿成分】コラーゲン GL他 保湿、ハリ、弾力、美白、透明感、肌荒れ防止 アレルギーテスト済み
資生堂エリクシールホワイトエンリッチドクリアクリームTBは、美白とエイジングケアが同時にできる薬用美白クリームです。ハリと透明感あふれる美容成分がたっぷり配合。エイジングケアの先端技術と有効成分を凝縮した濃密なクリームでみずみずしく輝く肌に導いてくれます。値段は少し高いですが、とにかく美白とエイジングケアを優先したい30代の方にはおすすめの美容クリームです。
KOSE米肌肌潤クリーム 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
KOSE米肌肌潤クリーム
5,000円(税抜)
(40g/1~2か月分)
【有効保湿剤成分】ライスパワー®No.11(コメエキス)他【抗シワ・抗老化成分】トコフェロール他【エモリエント成分】メドウフォーム油他 保湿、潤い、ハリ、弾力、キメ、くすみ、透明感 無香料、無着色、鉱物油フリー、弱酸性、アレルギーテスト済み
KOSE米肌肌潤クリームの特長は、国産100%のお米と発酵の力で作られた自然由来成分の「ライスパワーエキスNo.11」が高配合されているところ。厚生労働省認可の唯一の医薬部外品の有効成分で、肌の中からセラミドを増やし、肌の水分保持機能の改善に効果があるので保湿力は抜群です。30代の肌にももっちりとした元気な肌にしてくれるのでおすすめの美容クリームです。
ビーグレンQuSomeモイスチャーリッチクリーム 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
ビーグレンQuSomeモイスチャーリッチクリーム
7,000円(税抜)
(30g/約1か月半)
【保湿成分】加水分解コラーゲン他【抗酸化成分】ダイズ芽エキス他【毛穴ケア成分】ダイズ芽エキス【シワ・たるみ成分】オリゴペプチド-6他 肌のよれ、たるみ、ハリ、弾力、透明感、毛穴、シワ、乾燥 無着色、無香料、無鉱物油、アルコールフリー、パラベンフリー
ビーグレンQuSomeモイスチャーリッチクリームの特長は、独自技術で老化を遅らせる美容成分を角層の奥まで届けてくれるところ。独自複合成分「QuSome®エイジリカバーコンプレックス」が肌の奥まで浸透し、肌の中で長時間ハリや弾力をサポートして効果を持続してくれます。30代でシワ・たるみ・毛穴・くすみ・ハリ肌対策のエイジングケアを探している方にはおすすめの美容クリームです。
ノブ(NOV)L&Wエンリッチクリーム 価格(容量) 配合美容成分 期待される効果 肌への優しさ
ノブ(NOV)L&Wエンリッチクリーム
5,200円(税抜)
(48g)

【美白有効成分】持続型ビタミンC誘導体【保湿成分】ヒアルロン酸他【エモリエント成分】スクワラン【肌荒れ防止成分】グリチルリチン酸2K他【ハリ肌・乾燥小じわケア成分】コエンザイムQ10他

美白、透明感、ハリ、弾力、乾燥小じわ、肌荒れ 無香料、無着色、低刺激性、パッチテスト済み、アレルギーテスト済み
ノブ(NOV)L&Wエンリッチクリームの特長は、敏感肌でも美白ケアとエイジングケアが同時にできるところ。皮膚科医とノブが協力して誕生した美白美容クリームで、無香料、無着色、低刺激性でとにかく刺激が少なく肌に優しいのもポイント。国も認める美白有効成分も配合でなのも◎。くすみ、シミ、ハリ、乾燥小じわなどトータル的にケアしたい30代の方におすすめの美容クリームです。

30代の肌悩みを満足させた美容クリームおすすめランキング!

デファンドル・ドネ シルクスキンクリーム

人工添加物不使用!肌に優しい有用成分100%の美容クリーム!

デファンドル・ドネ シルクスキンクリームは、肌の負担となる人工添加物は一切不使用。有用成分100%で、肌に優しい美容クリームが元気のない年齢肌を修復したり回復したりする力を呼び覚ましてくれます。95%の人が肌変化を実感した話題のクリームです。

価格 【定期】6,750円(税抜)
【通常】7,500円(税抜)
総合評価
主成分 海洋深層水、シルクフィブロイン、EGF、βグルカン、ヒアルロン酸など

【フリー処方】界面活性剤、香料、着色料、保存料、アルコール、防腐剤
【編集部のコメント】
95%の人が肌変化を実感したというだけあって、初日から使用感や肌のハリ弾力を実感。期待以上の感動的な効果を実感できた美容クリームは他にありません。有用成分100%なので肌に負担なく敏感肌でもエイジングケアできるのもいいですね。また普段使いにも肌に元気がほしい時のスペシャル使いにもできます。お値段はそこそこですが、1つのクリームで保湿、美白、美容など幅広い肌変化の効果を実感できて、一日中モチモチ肌が持続するので堂々の1位です。30代なら1つは持っていて損はない、そのくらいおすすめです。

エトヴォスモイスチャライジングクリーム

5種のヒト型セラミドと4種のビタミン配合!美肌成分たっぷりの保湿美容クリーム!

エトヴォスモイスチャライジングクリームは、敏感肌にも優しい処方の美容クリームです。また保湿成分のヒト型セラミド5種類(セラミド1,2,3,5,6Ⅱ)、エイジングケア成分のビタミン4種類(ビタミンA,B,C,E)、整肌成分の植物エキス9種類など、美肌成分がバランスよく配合されています。メーカー直販のためお手軽価格で30代女性にも人気です。

価格 【定期】3,420円(税抜)
【通常】3,800円(税抜)
総合評価
主成分 セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸Na、天然保湿因子(NMF)、マカデミアナッツ油など
【編集部のコメント】
保湿力の高いヒト型セラミドが5種類も配合されているので保湿力は抜群。さらに、エイジングケア成分、美肌成分、整肌成分がバランスよく配合され1つでトータル的にケアしてくれます。その上、手軽な価格が30代には嬉しいところ。お手頃価格でなかなか出会えない美容クリームですが、使い始めて効果を実感した時の感動が1位と比べて弱かったので惜しくも2位です。

ディセンシア アヤナスクリームコンセントレート

敏感肌ケアとエイジングケアとストレスケアで美肌に導く美容クリーム!

ディセンシアアヤナスクリームコンセントレートは、敏感肌用で肌に優しくコクのある濃密なクリームです。独自技術で複合配合された美容成分はエイジングケアの他にストレスケア、敏感肌ケアにも効果を発揮しハリのある肌にしてくれます。2016年にはベストコスメ大賞のスキンケア部門クリームで1位など受賞しています。

価格 【定期】4,950円(税抜)
【通常】5,500円(税抜)
総合評価
主成分 ヴァイタサイクルヴェール®、コウキエキス、CVアルギネート、ローズマリーエキス、ストレスバリアコンプレックス®、など
【編集部のコメント】
30代はストレスを受けやすく、ニキビや年齢サインによる肌荒れなど気になりますよね。私もストレスで乾燥したり肌荒れしやすい体質ですが、そんな敏感肌の肌本来のバリア機能を高めてお肌を元気にしてくれます。ストレスでダメージを受けやすい肌の方には、保湿ケアとは別の対策用としておすすめの美容クリームです。使い終わった後はリフィル交換で使用できて4,860円(定期)なのは経済的にも環境的にも◎。ただ、敏感肌用の美容クリームですが成分的には人工添加物が完全に不使用ではないので上位の商品と比べた時に3位という結果になりました。

ノブ(NOV)L&Wエンリッチクリーム

敏感肌でも美白とエイジングケアができる美容クリーム!

ノブ(NOV)L&Wエンリッチクリームは、皮膚科医とノブが協力して誕生した美白美容クリームです。敏感肌でも肌に優しい処方で、美白とエイジングサインをトータル的にケアしてハリや透明感ある肌に導いてくれます。持続型ビタミンC誘導体や3つのハリ肌成分配合なので、美白と同時に年齢肌のエイジングケアができます。

価格 【定期】5,200円(税抜)
【通常】5,200円(税抜)
総合評価
主成分 持続型ビタミンC誘導体、甘草誘導体、コエンザイムQ10、浸透型アミノ酸AHP、a-GG、スクワラン
【編集部のコメント】
30代になるとシミやくすみなどが気になったので購入しました。きちんと朝晩コツコツとケアすると肌のキメが細かくなり、小じわが目立たなくなっているのを実感。いつの間にか肌もワントーン明るくなりました。美白もエイジングケアもこれ1つで満足できる美白美容クリームとしておすすめです。ただ、上位の商品と比べて期待されるエイジング効果が少し少なかったので4位です。

KOSE米肌肌潤クリーム

自然由来成分の「ライスパワーエキスNo.11」が高配合の美容クリーム!

KOSE米肌肌潤クリームは、自然由来成分のコメエキス「ライスパワーエキスNo.11」が肌の水分保持能を改善し、肌を潤して肌荒れを防ぎ、美肌に導いてくれる美容クリームです。さらにエイジングケアとしてキメ、小じわ、ハリ弾力のある美肌効果に期待が持てるので乾燥肌の方にも30代女性にも人気です。

価格 【定期】5,000円(税抜)
【通常】5,000円(税抜)
※定期便の初回お届け時に同じ本品を1つプレゼント。以降定期便3回継続毎に本品プレゼントで最大25~27%OFF相当。
総合評価
主成分 ライスパワー®No.11、ビフィズス菌発酵エキス、大豆発酵エキス、乳酸Na、グリセリン、グリコシルトレハロースなど

【編集部のコメント】
KOSE米肌肌潤クリームは、保湿力が高いので肌を乾燥からしっかりと守ってくれます。私は春夏はさっぱりした美容クリーム、秋冬はしっかり保湿してくれる美容クリームとして使い分けています。乾燥肌でお悩みの30代の方、季節ごとに肌荒れする方にはおすすめの美容クリームです。ただ、配合されている成分は美容的にはとても良かったのですが、上位の商品と比べて期待される美肌効果がもう少し欲しいところ。また、人工添加物が完全に不使用ではないので敏感肌には肌への優しさが少し気になるので5位にランクインとなりました。

迷ったらこれ!美容クリームで最も良かったのはデファンドルドネのシルクスキンクリーム!


デファンドル・ドネシルクスキンクリームのおすすめする5つの理由

  1. 期待できる効果が幅広く美容クリームとして実力がある
  2. 95%の人が肌の変化を実感できたという高評価と実績
  3. 人工添加物不使用で有用成分100%だから敏感肌でも安心
  4. 総合的に肌ケアできる美容クリームだからコスパがいい
  5. 定期コースは条件なしでいつでも解約できる

今回最もおススメするのは「デファンドル・ドネ シルクスキンクリーム」です。

なんと言っても、私自身が初日からハリ肌や乾燥による保湿効果を十分に実感できたのも大きなポイントです!

しかも、しっとりもっちり肌をキープしてくれるんです。

さすが、「たった3日間で肌変化を実感できたという人が95%もいる高評価」には納得させられました。

さらに、肌の負担となる界面活性剤、香料、着色料、保存料、アルコール、防腐剤などの人工添加物は一切不使用で、気になる成分は100%有用成分というのも評価したいところですね。

このように、「デファンドル・ドネのシルクスキンクリーム」は、肌に優しい美容クリームなので、敏感肌の人にも安心してエイジングケアができる美容クリームです。

べたつきなくスッ~と肌になじんで浸透していくので毎日のケアもたのしく続けられましたよ。

予想以上の効果を発揮してお肌を総合的に元気にしてくれた「デファンドル・ドネのシルクスキンクリーム」は、お値段は初回6,750円とそこそこしますが、これ1本で保湿・美容・美白など総合的に肌ケアできるので逆にコスパがいいと思います。

この美容クリーム1つで、これだけのたくさんの効果が期待できるのは他にありません。

せっかくエイジングケアのお手入れするのに、まずは効果が期待できるものでなくては使い続けられないですよね。

定期コースは10%オフの6,750円で1ヶ月間試してみることができます。もしも肌に合わないと思った場合はいつでも解約ができるので、まずは自分の肌で実感してみてくださいね♪

30代で美容クリームを使った方が良い2つの理由

<30代で美容クリームを使った方が良い2つの理由>
  • 女性の30代以降は、皮脂分泌量が急激に減少する
  • 30代は、肌の状態が変化して肌トラブルを抱えやすい


引用:https://www.shiseidogroup.jp/binolab/s_0001/

上の図をご覧ください。

これは年齢別・性別の皮脂分泌量を表しています。

女性の皮脂分泌量は、20代にピークを迎え、そのあと30代以降は減少していますね。

それも、男性よりも女性の方が皮脂分泌量は急激に減少していますね。

皮脂の分泌は、季節や環境で変化もしますが、年齢によっても変化します。

なので、女性が男性よりも肌荒れやシワなどの肌トラブルが起きやすいのは、皮脂分泌量の減少が原因でもあるわけですね。

またもう一つの図を見てください。


引用:https://www.shiseidogroup.jp/binolab/s_0001/

これは、顔の部位別の皮脂分泌量を表しています。

やはり、顔の部位の皮脂分泌量は20代にピークを迎え、そのあと30代以降は急激に減少していますね。

女性なら、ある年齢になると「お肌の曲がり角」という言葉を聞いたことがあると思いますが、このように急激に肌の状態が変化する時期のことを言うのですね。

特に、30代で気になる肌トラブルはこちらです。

<30代で気になる肌のトラブル>
  • 肌のハリや弾力の低下
  • 乾燥による小じわ
  • 毛穴のたるみ
  • 眉間のシワ
  • ほうれい線のシワ
  • 肌のくすみやクマ

このように、30代は皮脂分泌量が減少して肌トラブルを抱えやすい時期なんですよね。

そこで、私たちの肌トラブルや年齢肌など肌の老化を遅くしてくれるのが美容クリームなんです!

美容クリームの役割は、肌に栄養を与え、失われた皮脂を油分で補い、肌の水分量の蒸発を抑え、肌のバリア機能を高めて守ってくれます。

また与えた栄養や水分が逃げないようにラップと同じように肌の表面でフタをする役割もあります。

<美容クリームの役割>
  • 肌に栄養を与える
  • 失われた皮脂を油分で補う
  • 肌の水分の蒸発を防ぐ
  • 肌のバリア機能を高めて外部刺激から守る
  • 水分や栄養を与えた肌表面にフタをする

このように、美容クリームには肌の調子を整え、外部からの刺激や雑菌から肌を守ってくれる大事な役割があります。

そのためにもぜひ、エイジングケアの一つとして美容クリームを肌に塗って肌の状態を整えてあげましょう。

そこで、美容クリームの選び方や成分についてご紹介しますね。

成分から見る30代の肌に合う美容クリームの選び方2つのポイント!


ここでは30代の肌に合う美容クリームの選び方や成分についてのポイントをご紹介します。

エイジングケアを始めようと美容クリームを使うのに、満足のいくものでなければもったいないですよね。

そこで、

  • 自分の肌にピッタリ合う美容クリームになかなか出会えない。
  • 今使っているクリームでは満足できない。
  • 美容クリームの選び方の基準を知りたい。

このように感じている方は、今後の美容クリーム探しのヒントになりますし、今よりも美肌効果がアップするかもしれないのでポイントをつかんで参考にしてくださいね。

ポイントは2つあります。

<30代の肌に合う美容クリーム選び方のポイント>
  • 保湿力の高い保湿成分配合の保湿美容クリームを選ぶ
  • 肌悩みに効果的な成分配合のエイジング美容クリームを選ぶ

それでは順番に見ていきましょう。

30代の肌に合う美容クリームの選び方①:保湿力の高い保湿成分を選ぶ

参考:吉木伸子、岡部美代治、小田真規子(2010年)『正しいスキンケア事典』髙橋書店

30代の肌には、なるべく水分を補う「保湿力の高い保湿成分配合の美容クリーム」を選ぶのがポイントになります。

30代は仕事や子育てに忙しく、ストレスを受けやすい環境にあります。

ストレスはお肌にも良くありませんよね。

また、細胞の老化は30代から加速すると言われています。

実際に上のグラフを見てみてください。

30代の肌は、肌の水分量は20代よりもさらに減り、肌の皮脂の分泌量が20~30代をピークに減ってくるのが特徴です。

このように、脂性肌だと思っていたら実は乾燥肌だったということもよくあるわけですね!

20代と30代では肌の状態が違ってくるので、30代の肌には、「保湿力の高い保湿成分配合の美容クリーム」を選ぶのがポイントです。

保湿力の高い保湿成分としておすすめは、「ヒト型セラミド」です。

セラミドには、「ヒト型セラミド」、「植物セラミド」、「合成(疑似)セラミド」、「動物セラミド」などの種類がありますが、保湿力が高く刺激の少ない「ヒト型セラミド」がおすすめです。

「セラミド1」とか「セラミドNP」とか数字やアルファベットで記載されているので、パッケージの裏側や商品説明欄を確認してみましょう。

そのほかに、保湿力の高い成分はこちらです。

事前によく確認してから30代の肌に合う美容クリームを選びたいですね。

<保湿力の高い保湿成分>
  • ヒト型セラミド(セラミド〇〇)
  • スフィンゴ脂質
  • 水素添加大豆レシチン
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • 天然保湿因子(NMF)

30代の肌に合う美容クリームの選び方②:肌悩みに効果的な成分配合を選ぶ

30代になると、お肌はシワ・シミ・くすみ・たるみ・大人毛穴・ハリ不足など肌悩みが増えてきます。

保湿力の高い保湿成分配合の美容クリームを選んだら、次に、肌悩みに効果的な成分配合の美容クリームを選ぶことがポイントです。

シミ・くすみなどの美白ケアには美白有効成分が配合された美容クリームを選ぶ

シミ・くすみなどの美白ケアには、「美白有効成分」配合の美容クリームがおすすめです。

美白有効成分とは、美白の改善効果が期待できる成分として厚生労働省が認めています。

その美白有効成分を配合した化粧品は、「医薬部外品」という表示で扱われているんですよ。

最近はドラッグストアでも見かけるので、見たことがある人もいるかもしれませんね。

「医薬部外品」は、簡単に言うと「薬」と「化粧品」の中間にあたるようなものです。

なので、シミ・くすみなどの美白ケアには、美白有効成分が配合された美容クリームを選ぶことがポイントです。

目的別ケア 美白有効成分
くすみ・シミなど美白ケア ・ビタミンC誘導体
(パルミチン酸アスコビルリン酸3Na)
(リン酸アスコルビルMg)
(テトラヘキシデカン酸アスコルビル)
(L-アスコルビン酸2-グルコシド)
・ルシノール
・コウジ酸
・ニコチン酸アミド
・アルブチン
・トラネキサム酸
・エラグ酸
・プラセンタエキス
・カモミラET
・リノール酸
・4MSK
・マグノリグナン
・t-シクロアミノ酸誘導体

そのほかエイジングケアにも効果のある成分が配合された美容クリームを選ぶ

保湿ケア、美白ケアの他にも、30代になると年齢による肌悩みが増えてきます。

30代のお肌の老化が加速する前に、なんとしても遅らせたいですよね。

ニキビ肌・たるみ・大人毛穴・ハリ不足などエイジングケアに期待できる美肌成分も確認しておくと、今後の美容クリーム選びの参考になるかもしれません。

そこで、それぞれ肌悩みに効果性のある成分を目的別に表にしてみました!

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

目的別ケア 効果性のある成分
ニキビなどの肌荒れケア ・アラントイン
・グリチルリチン酸2K
・グリチルリチン酸ステアリル
たるみ毛穴ケア ・イソフラボン
・ローヤルゼリーエキス
・レチノール
・ビタミンC誘導体
詰まり毛穴・ニキビ毛穴ケア ・ヒト型セラミド(セラミド〇〇)
・ヒアルロン酸
・AHA(アルファヒロドキシ酸)
・ビタミンC誘導体
目元のハリケア ・ナイアシン
・ビタミンC誘導体
・レチノール
・抗酸化成分
(アスタキサンチン、コエンザイムQ10、甘草エキス、オウゴンエキス)

30代の美容クリームの塗り方5つの手順や使い方


ここでは、美容クリームの塗り方手順や使い方についてご紹介します。

美容クリームの塗り方手順や使い方を確認するとともに、ポイントをつかんで美容クリームの効果を引き出して美肌を目指しましょう。

30代の美容クリームの塗り方5つの手順

<美容クリームの塗り方手順>
  1. クレンジング・洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. 美容クリーム(保湿クリーム) 

このように、美容クリームはスキンケアの最後に使うのが基本です。

美容クリームには役割があるので、洗顔後いきなり肌に美容クリームを塗ってお手入れしてもあまり意味がありません。

その美容クリームの役割とは、

<美容クリームの役割>
  • 肌に栄養を与える
  • 失われた皮脂を油分で補う
  • 肌の水分の蒸発を防ぐ
  • 肌のバリア機能を高めて外部刺激から守る
  • 水分や栄養を与えた肌表面にフタをする

このように、化粧水や美容液で水分や栄養を肌に入れて柔らかくしたら、最後に美容クリームを使いましょう。

美容クリームが水分や栄養を閉じ込めてフタをして、美肌に導いてくれますよ。

30代の美容クリームの効果的な使い方ポイント3つ!

美容クリームの塗る順番がわかれば、今度は美容クリームの効果的な使い方をご紹介します。

主なポイントが3つあります。

<美容クリームの使い方のポイント>
  1. 適量のクリームを使う
  2. 両手で温めてハンドプレス
  3. 気になるところを重ね付けする

それでは順番に見ていきましょう。

30代の美容クリームの効果的な使い方①:適量のクリームを使う

美容クリームを使う時は、適量のクリームを使うことがポイントです。

美容クリームを使う時は、多すぎても少なすぎてもいけません。

美容クリームが多すぎると、ニキビの原因になったり、テカリやべたつきの原因になるからです。

また少なすぎると、美容クリームの効果を引き出せません。

なので、説明書に記載されているとおりの規定量を少しずつ塗っていくことをおすすめします。

※Tゾーンなど皮脂の多い場所はティッシュで軽く押さえたり、薄めにつけるなど自分の肌に合うように調整するなど注意しましょう。

30代の美容クリームの効果的な使い方②:両手で温めてハンドプレス

美容クリームを使う時は、顔のおでこ、鼻、あご、両頬にクリームをつけて顔全体に塗ったら、両手で優しくハンドプレスするのがポイントです。

手の体温で美容クリームが肌に浸透しやすくなり、乾燥しにくくなるからです。

美容クリームを塗る時は、顔を優しく包み込みながら両手で温めてハンドプレスしてあげましょう。

30代の美容クリームの効果的な使い方③:気になるところを重ね付けする

美容クリームを塗る時は、肌の気になるところを重ね付けしてあげるのがポイントです。

目の周り、口元の周りなど、乾燥しやすい部分や気になっているところを重ね塗りして乾燥しないよう保湿してあげましょう。

季節の変わり目、環境の変化によって肌は日々変化するものです。

肌の状態を確認しながら美容クリームを重ね塗りして美肌ケアしたいですね。

30代で実践したいスキンケア方法


ここでは、30代で実践したいスキンケア方法をご紹介します。

30代で実践したいスキンケアはこちらです。

<30代で実践したいスキンケア方法>
  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液
  6. 美容クリーム
  7. シートパック

いつまでも若く美しくありたいという気持ちが強ければ強いほど、実は多くの女性が美肌を手にするためにスキンケアを念入りにおこなっています。

しかし、念入りに行っているスキンケアも、間違ったやり方で続けていると、乾燥肌や敏感肌、シミ、シワ、くすみなどの肌トラブルを招く原因となってしまいます。

そこで、自分のスキンケア方法を一度確認してみましょう。

また、試したことのないスキンケア方法があれば、ぜひ実践してみてください。

ポイントをつかんで美肌効果をアップさせてみましょう。

30代で実践したいスキンケア方法~①クレンジング~

まず、30代で実践したいスキンケア方法は「クレンジング」です。

クレンジングを使う時のポイントは2つあります。

<クレンジングのポイント>
  1. こすらずに素早く短時間でメイク汚れを落とす。
  2. メイクの濃さに合わせてクレンジングを選び、メイクを落とす。

それでは順番に見ていきましょう。

①こすらずに素早く短時間でメイク汚れを落とす

クレンジングの際はこすらずに手早く40秒くらいで伸ばして、メイクとなじませて落とすことが大事です。

クレンジングはメイク汚れを落とすために行いますが、肌にとって刺激が強い成分「界面活性剤」が配合されているんです。

なんと、界面活性剤は洗濯洗剤にも入っているほど洗浄効果が高いんですよ。

なので、念入りなクレンジングで界面活性剤が長時間肌に触れたり、汚れを落とすために肌を強くこすったりすると、潤いも奪われてシミやくすみの原因になるので気をつけましょう。

②メイクの濃さに合わせてクレンジングを選び、メイクを落とす。

次に、クレンジングはメイクの濃さに合わせて選び、メイクを落とすことが大事です。

実はクレンジングと言っても、たくさんの種類があります。

そのメイクの落ちやすさ、肌への優しさ、クレンジング剤の特徴もピンキリです。

クレンジング種類 メイク落ちやすさ 肌への優しさ おすすめする人
オイルタイプ ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクをする人、濃いメイクをする人
クリームタイプ 乾燥肌や敏感肌の人、ナチュラルメイクの人
ジェル(ゲル)タイプ 種類が豊富なので中身を確認して使うことをおすすめ。
ミルクタイプ 乾燥肌の人、ナチュラルメイクの人
ふき取りシートタイプ あくまで時間がない人、やむをえない時の応急処置として使う人
リキッドタイプ おすすめしない

このように、クレンジング剤は色々とあります。

界面活性剤が多く配合されていれば、油分のメイクとのなじみがよく、ゴシゴシこすらずに汚れを落とすことができます。

ただ洗浄力が強いので、肌に必要な皮脂や潤いも奪ってしまいがちです。

でも逆に、濃いメイクなのにメイク落ちの悪いクレンジングでゴシゴシこすると、摩擦で肌はダメージを受けて赤ら顔やシミの原因になったり肌トラブルを引き起こしやすくなります。

なので、普段ナチュラルメイクの場合はクリームタイプ、濃いメイクの場合はオイルタイプなどその日のメイクの濃さや肌の状態に合わせて選んでメイクを落とすことをおすすめします。

メイクを落とすクレンジングは毎日のスキンケアとして欠かせません。

クレンジングの特徴を理解した上で自分の肌に合ったクレンジングを選び、スキンケアを行うだけでも肌への負担が減って美肌に一歩近づけるかもしれませんね。

30代で実践したいスキンケア方法~②洗顔~

次に、30代で実践したいスキンケア方法は「洗顔」です。

ポイントは2つあります。

<洗顔のポイント>
  1. ぬるま湯+たっぷりの泡で洗う。
  2. 洗顔料は肌質にあったものを選んで汚れを落とす。

それでは順番に見ていきましょう。

①ぬるま湯+たっぷりの泡で洗う

30代で実践したいスキンケア方法のポイントとして、洗顔の際はたっぷりの泡と30℃くらいのぬるま湯でこすらずに洗うことが大事です。

ぬるま湯は、水性の汚れ(ホコリ、汗、垢など)を落とし、たっぷりの泡は、油性の汚れ(化粧品、余分な皮脂など)を落としてくれます。

洗顔は、肌の汚れを落としたあと、美容成分などを受け入れる態勢を整える役割があるので、肌に負担をかけないように注意しましょう。

肌に負担をかけないポイント
  1. 優しく20回ほど丁寧に洗って洗顔料が肌に残らないようにする。
  2. 顔を洗う時は、皮脂の多いTゾーンやあごから洗う。
  3. こすらずに優しくなでて洗う。
  4. お湯は30℃くらいのぬるま湯で洗う。

このように、毎日の洗顔なので知っているつもりでも間違った洗顔をしている人が多いので、肌トラブルを起こさないためにも気をつけたいですね。

②洗顔料は肌質にあったものを選んで汚れを落とす

次に、洗顔料は肌質にあったものを選んで汚れを落とすことが大事です。

人の肌質には、大きく分けて乾燥肌、混合肌、脂性肌、敏感肌と4つのタイプがあります。

自分の肌質で確認してみてくださいね。

肌質 洗顔方法 注意点
乾燥肌 たっぷりの泡で、「おでこ→鼻→頬の順」に洗ってゴシゴシこすらないようにしましょう。 ※乾燥は、将来のシミ、シワ、たるみなどのトラブルを招きやすいので、洗顔後はすぐに保湿しましょう。
混合肌 洗顔料をよく泡立てて、「Tゾーン→Uゾーン→目元・口元の順」に洗ってぬるま湯でさっと洗い流すようにしましょう。 ※混合肌にはまず保湿が必要です。そのあとは部分的に必要なところに油分を補ってあげましょう。
敏感肌 肌に触れて刺激を与えないように、キメの細かいたっぷりの泡で洗顔するのがポントです。
また熱いお湯だと大事な皮脂も落としてしまうので30℃くらいのぬるま湯で洗いましょう。
※敏感肌は、肌の乾燥がきっかけで始まりやすいです。優しい洗顔とたっぷりの保湿で肌のバリア機能の改善や回復を待ちましょう。
脂性肌 洗顔は空気を含んだ細かい泡で優しく行います。
次に「Tゾーン・顎→Uゾーン→目元・口元の順」に洗い、しっかりすすぎをすることがポイントです。
洗顔が不十分だと汚れや皮脂が肌に蓄積してしまうので注意しましょう。
※皮脂分泌が過剰だと将来の毛穴詰まり、毛穴の黒ずみ、ニキビなどのトラブルを招きやすいので、洗顔後はすぐにしっかり保湿しましょう。

このように、たかが洗顔ですが、もし間違ったやり方で洗顔を続けていると、お肌のトラブルを招いたり、ずっと肌トラブルを抱えたまま過ごしてしまうかもしれません。

自分の肌質も年齢によって変わることもあるので、洗顔方法に問題があるかどうか確認してみてくださいね。

30代で実践したいスキンケア方法~③化粧水~

つぎに、30代で実践したいスキンケア方法は「化粧水」です。

化粧水でスキンケアするポイントはこちらです。

<化粧水でスキンケアするポイント>
  1. 洗顔後はなるべく早く肌に保湿化粧水で水分補給する。
  2. 化粧水はたっぷりと手でやさしくなじませる。

それでは順番に見ていきましょう。

①洗顔後はなるべく早く肌に保湿化粧水で水分補給する

洗顔後はなるべく早く肌に保湿化粧水で水分補給することが大事です。

理由は、クレンジングや洗顔後の肌は皮脂が失われ、水分が低下した無防備な状態なので傷つきやすいからです。

そもそも、化粧水の役割は、失った水分の補給で肌を柔らかくして次の美容液などの栄養分を肌に入れるための道を作ってあげる役割があります。

なので、次のステップに進むためにも、洗顔後の肌には保湿効果のある化粧水をたっぷりつけて肌の状態をよくしてあげましょう。

②化粧水はたっぷりと手でやさしくなじませる

洗顔後、化粧水は直接手に取ってお肌になじませてあげることがポイントです。

コットンよりも手で化粧水をつけた方がいい理由はこちらです。

<化粧水を手でつけた方が良い理由>
  1. 肌への浸透を確認しながら化粧水を重ねやすい。
  2. 肌の状態を常に確認しやすい。
  3. ケバ立つコットンは肌を傷めやすい。
  4. 手の温かさで化粧水が浸透しやすい。
  5. コットンを使わないので経済的である。

このように、化粧水は手で優しく肌になじませて浸透させてあげましょう。

化粧水のつけ方の手順も簡単にご紹介しますね。

<化粧水の手順>
  1. 手のひらに直接化粧水をだす。
  2. 顔の中心から外側に向かって肌を優しく押さえるようにしてなじませて浸透させる。
  3. 化粧水を数回に分けて肌に浸透させる。(乾燥が気になる時は繰り返す)
  4. 最後に両手で顔を包み込むように優しく押さえる。

化粧水は時間を置くと蒸発してしまいやすいです。

なので、化粧水が肌に浸透したら、次のスキンケアに移りましょう。

30代で実践したいスキンケア方法~④美容液~

次に、30代で実践したいスキンケア方法は「美容液」です。

美容液のスキンケア方法としてポイントが3つあります。

<美容液をつけるポイント>
  1. 美容液は、一度につけるのは1種類にする。
  2. 美容液は、朝と夜で違う種類を使う。
  3. 美容液は、適量をきちんと使う。

それでは順番に見ていきましょう。

①美容液は、一度につけるのは1種類にする。

美容液を肌に塗る時は、あれこれと使わずに、1度につけるのは1種類だけ使うのがポイントです。

理由は、目的によって種類も違うからです。

美容液には、美白、くすみ、ハリ・弾力、シミなど様々な肌への効果が期待されていますが、美容液を効果的に使うためにも一度につけるのは1種類にしましょう。

②美容液は、朝と夜で違う種類を使う。

あれこれと肌が気になる場合は、朝と夜で違う種類の美容液を使いましょう。

理由は、目的によって朝と夜で違う種類の美容液を使う方が効果的だからです。

例えば、朝と夜とで使い分けしたらいい美容液はこちらです。

<朝と夜とで使い分けたい美容液>
  • 朝の美容液には、日中に受ける外部からの刺激から肌を守るケアをする。
  • (例えば、保湿美容液、紫外線対策の美容液、化粧下地兼美容液など)

  • 夜の美容液には、日中に受けたダメージをいたわり肌を元気に促すケアをする。
  • (例えば、美白美容液、肌を修復する美容液など)

③美容液は、適量をきちんと使う。

美容液は、適量をきちんと使うのも、美肌への効果に近づくポイントです。

理由は、パッケージなどに記載されている適量を使って効果が出るようになっているからです。

美容液に限ったことではありませんが、もったいないからと規定量を使わずにいると効果も期待できません。

この機会にぜひ見直して適量を使ってみましょう。

30代で実践したいスキンケア方法~⑤乳液~

次に、30代で実践したいスキンケア方法は「乳液」です。

乳液の効果的な使い方としてポイントが2つあります。

<乳液を効果的に使うポイント>
  1. 乳液は、手のひらで温めてから使う。
  2. 乾燥がひどい場合にはミルフィーユ塗りをしてみる。

それでは順番に見ていきましょう。

①乳液は、手のひらで温めてから使う

乳液は、手のひらで温めてから使うのがポイントです。

理由は、温めて使った方が肌なじみがよいからです。

乳液のつけ方の手順をご紹介しますね。

<乳液のつけ方の手順>
  1. 手のひらに直接乳液をだし、しっかり両手で温める。
  2. 顔の中心から外側に向かって肌を優しく押さえるようにして伸ばしていく。
  3. 皮脂の多いTゾーンには薄くつけ、乾燥しやすい部分には重ね付けをする。
  4. 最後に両手で顔を包み込むように優しく押さえる。

②乾燥がひどい場合にはミルフィーユ塗りしてみる

お肌の乾燥がひどい場合にはミルフィーユ塗り(洗顔後、乳液から塗る)をしてみるのも乳液を効果的に使うポイントです。

理由は、乳液がブースター代わりになってくれて、肌を柔らかくして保湿力が高まるからです。

乳液と化粧水を交互に塗るだけの簡単ミルフィーユ塗りをご紹介しますね。

<乳液のミルフィーユ塗りの手順>
  1. 顔にさっぱりタイプの乳液を塗る。両手で顔を優しく押さえて浸透させる。
  2. 肌がベタベタしなくなったら、次に化粧水を塗る。両手で顔を優しく押さえて浸透させる。
  3. 肌がベタベタしなくなったら、次にさっぱりタイプの乳液を塗る。両手で顔を優しく押さえて浸透させる。
  4. 繰り返す。

肌が保湿されていくので自分の肌の状態に合わせてくり返してみてくださいね。

ポイントは、「洗顔後に乳液を先に塗ること」です。

乳液がブースター代わりになってくれて、肌を柔らかくしてくれるので、ぜひお手持ちの化粧品でやってみてくださいね。

30代で実践したいスキンケア方法~⑥美容クリーム~

次に、30代で実践したいスキンケア方法は「美容クリーム」です。

美容クリームの効果的なスキンケア方法としてポイントが3つあります。

この記事の「30代の美容クリームの効果的な使い方ポイント3つ!」でもご紹介した通りです。

<美容クリームの使い方>
  1. 適量のクリームを使う
  2. 両手で温めてハンドプレス
  3. 気になるところを重ね付けする

30代で実践したいスキンケア方法~⑦シートパック~

次に、30代で実践したいスキンケア方法は「シートパック」です。

シートパックは、保湿をして美容成分を肌に送り込んだり、汚れを落とすのが目的の2種類あります。

ここでは、保湿をして美容成分や栄養を肌に送り込むシートパックについてご紹介しますね。

このスペシャルケアは、週に1~2回程度行うことをおすすめします。

そしてシートパックを効果的に使うポイントは2つあります。

<シートパックを効果的に使うポイント>
  1. シートパックの上からラップや乳液を併用して使う。
  2. シートパックを使うタイミングは入浴直後にする。

それでは順番に見ていきましょう。

①シートパックの上からラップや乳液を併用して使う

シートパックを使う時は、上からラップや乳液を併用して使うことがポイントです。

理由は、パックが密閉され、美容成分が肌にしっかりと吸収されやすいからです。

シートパックは、1枚のシートマスクに美容成分がたっぷり詰まっています。

それだけ肌に与える美肌効果が高く、美容大国の韓国でも韓国コスメとして有名ですよね。

ただ、少しでもたくさんの美容成分を肌に吸収させようと、長い時間肌の上に乗せるのはやめましょう。

なぜなら、せっかく保湿した肌からパックシートが肌の水分を奪ってしまい、肌を乾燥させてしまうこともあるからです。

なので、シートパックの美容液や栄養成分を効果的に引き出すには、シートパックの上からラップや乳液を併用して使うことをおすすめします。

ラップの場合、鼻の部分だけ穴をあければ、シートパックの美容液や水分の蒸発を防ぎ、潤いを肌に補う事ができますよ。

②シートパックを使うタイミングは入浴直後にする

シートパックを使うタイミングは、お風呂上りにすることがポイントです。

理由は、シートパックの美容成分や栄養が肌に吸収されやすい状態だからです。

また、入浴直後は、乾燥しやすい肌の潤いを守ることもできるからです。

なので、お風呂に入る前にシートパックを準備しておけば、簡単にシートパックを効率よく効果的に使えますよ。

30代で始めるエイジングケア方法

ここでは、スキンケアをきちんと行っているのに効果がいま一つ・・・と言う方にぜひ行ってほしい、体の内側から美肌になるエイジングケア方法をご紹介します。

そのエイジングケア方法とは、実は生活習慣にあります。

なぜなら、健康でお肌に良い生活であってこそ美肌が生まれるからです。

スキンケア以外にも体の内側から美肌になるポイントがあるのでご紹介しますね。

<体の内側から美肌になるエイジングケア方法>
  1. 睡眠
  2. 食事・飲み物
  3. 運動
  4. 入浴

それでは順番に見ていきましょう。

体の内側から美肌になるエイジングケア方法~①睡眠~

体の内側から美肌になるためには、やはり睡眠は大事です。

理由は、眠っている間に成長ホルモンが分泌され、肌が再生・修復されたりするからです。

誰でも、睡眠不足や徹夜明けの時にメイクをしても、肌の調子がよくなかったり、化粧ノリが悪く感じたことがあると思います。

そのくらい睡眠が不十分だと肌にすぐ影響するんですよね。

なので、成長ホルモンを分泌して美肌になるためにも質の良い睡眠を心掛けましょう。

特に、美肌になるための質の良い睡眠のポイントをご紹介します。

<美肌になるための質の良い睡眠のポイント>
  1. 午前0時には寝る
  2. 睡眠時間は最低6時間は取る
  3. 自然光の入るカーテンを選ぶ
  4. 寝室の照明は暗くする

たったこれだけでも、成長ホルモンの分泌を活発にして美肌効果を感じやすくなります。

ぜひ、取り入れて美肌を手に入れましょう。

体の内側から美肌になるエイジングケア方法~②食事や飲み物~

体の内側から美肌になるためには「食べ物や飲みもの」に気をつけた食生活も大事です。

下記の図は、美肌成分を含めた食材や栄養成分です。

積極的に体に取り入れたり、意識して食事をしたり、今後の参考にしてみてくださいね。

肌なやみ 美肌成分を含む食べもの 栄養成分
シミ・そばかす ・緑黄色野菜
・レバー
・魚介類
・ナッツ類
・ココア
・緑茶
・赤ワイン
・ローズヒップティー
・βカロテン
・ビタミンA、C、E
・ポリフェノール
吹き出物 ・ヨーグルト
・えのき
・乳酸菌
・ビタミンB
肌荒れ ・オクラ
・ハト麦茶
・食物繊維
・βカロテン
乾燥肌 ・ヤマイモ
・うなぎ
・わかめ
・ひじき
・昆布
・納豆
・オクラ
・ビタミンA、B2、B6
・ムチン
・コラーゲン
・ミネラル
・鉄分
くすみ・貧血 ・ナッツ類
・ほうれん草
・納豆
・豆腐
・うなぎ
・レバー
・ビタミンC、E 
・鉄分
・イソフラボン
・パントテン酸
シワ・たるみ ・緑黄色野菜
・果物
・肉
・魚
・大豆
・たまご
・杜仲茶
・ビタミンA、C、E
・たんぱく質
・コラーゲン
毛穴トラブル ・緑黄色野菜
・豚肉
・大豆
・果物
・たまご
・レバー
・ビタミンA、B、C、E
・ミネラル
・カルシウム
・マグネシウム
・鉄分
・亜鉛

ちなみに美肌から遠のいてしまう食品をご紹介します。

<避けたい食べ物>
  • 古い油
  • 冷たい飲み物
  • ショートニング
  • マーガリン
  • 生クリーム
  • など

人の肌や体は、毎日の食べたもので作られていますよね。

なので、肌によくないものばかりを口にしていては、いくら頑張ってスキンケアしていても本末転倒です。

お肌や体にも良い食べ物を積極的に取って、内側からもキレイになりたいですね。

体の内側から美肌になるエイジングケア方法~③運動~

体の内側から美肌になるには「運動」を生活習慣に取り入れることをおすすめします。

なぜなら、運動で体を動かすことによって血液の流れがよくなり、血行が良くなって代謝が上がるからです。

また、ストレス解消にもつながってよく眠れたり、自然と顔色も良くくすみやクマが目立たなくなって肌につやが出ます。

このように、運動はお肌にも体にも良いので一石二鳥ですね。

では、体の内側から美肌になるための運動には何が良いのでしょうか。

それは、やはり無理なく続けることのできる軽い運動です。

10分くらいで良いので、継続してからだを動かす事ができる簡単な運動を取り入れてみましょう。

<簡単に取り組める運動>
  • 体を動かすストレッチ
  • 軽いウォーキング

このように、体の内側から美肌になるエイジングケア方法として、簡単で無理なく続けられる運動をおすすめします。

血行を良くして代謝が上がってお肌も体も元気になって、いいこと尽くしですね。

体の内側から美肌になるエイジングケア方法~④入浴~

体の内側から美肌になるエイジングケア方法に「入浴」もおすすめです。

理由は、入浴することで体が芯から温まると、体にもお肌にも良いことづくめだからです。

その入浴が美肌に良い理由はこちらにまとめました。

<入浴が美肌に良い理由>
  1. 体の血行が良くなって肌の代謝がよくなる。
  2. 体の血行が良くなって老廃物を排出してくれる。
  3. リラックス効果でぐっすりよく眠れる。
  4. 肌を柔らかくしてくれる。
  5. ストレスからの解放で美肌につながる。

このように、運動と同じく入浴も血行を良くして、代謝をアップさせると美肌に近づけるというわけですね。

ストレスからの解放やリラックス効果でお肌も元気になります。

このように、毎日の何気ない生活習慣の中でも美肌効果がアップする秘訣がたくさんありますね。

30代のお肌を総合的に満足させた美容クリームはデファンドルドネシルクスキンクリーム♪


今回は、30代のお肌を総合的に満足させた美容クリームについてご紹介してきました。

ランキングの話題の美容クリームは、それぞれの目的にあわせてこだわった美肌成分が配合されていましたね。

その中でも、「デファンドルドネシルクスキンクリーム」は、美肌効果を期待以上に実感でき、お肌をトータル的に修復して元気にしてくれます。

それでいて、お肌に優しいので美肌になりますよね。

そして、いくら良い美容クリームでケアしても、「自分の肌の状態を間違って分析していたから効果が薄かった・・・」「間違った使い方をしていた・・・」なんて悲しすぎます。

なので、しっかり肌悩みに対する効果性のある成分配合の美容クリームを選んで、効果を引き出せるケアをしていきたいですね。

ぜひ、この機会にエイジングケアの美容クリームの見直しをして30代でも満足のいく美肌を目指しませんか。

きっとお肌が元気になって喜ぶはずです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング